2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT   このページの上へ

2014'02.28 (Fri)

2013 GWフランス旅行の思い出 5/5 帰国

そしてついに帰国の日がやってきました。
チェックアウトして、タクシーに乗ってシャルルドゴール空港へ。

昨日買ったキャリーケースが免税対象だったので、チェックインの後、
免税の手続きへ。

そして、出国。帰りはフランクフルト経由なので、まだあんまり日本に帰る
実感はありません。ラウンジは電気故障でしまっているし、トイレはめっちゃ
混んでるし、いまいち空港は快適じゃないけど、やっぱり離れるのは寂しい。

またね

ルフトハンザでドイツまで移動します。
ルフトハンザはエールフランスとかアリタリアと違って、しっかりしているので
割と安心できます。

フランクフルト

フランクフルトでの乗り継ぎ時間は短い。せっかく快適な空港なのに。。

シチュー

せっかくなので、ブラウンシチュー的なものを食べました。
やっぱりドイツはこういうのが美味しい。
フランクフルトのラウンジは、ビールのバーとかもあって、めっちゃ快適。
シャワーブースもいっぱいありました。

まー、ほんとにあんまり時間がなかったので、シチューたべてコーヒー飲んで
トイレ行ったら、もう次の羽田行きに乗り込みます。

バイバイ

整然とした空港で見ていて気持ちいい!
ということで、バイバイ。またね(^^)/

羽田便は楽ですね。早朝家に着いて、仮眠してその日はジムに行きました。
ジムで軽い運動すると、昼間寝過ぎなくて済むし、適度に運動するから夜寝やすいし、
時差ボケ対策に、とても良かったです。

1か月近くの思いがけない長編になってしまったけど、
これでフランス旅行の思い出2013編は終了です。
スポンサーサイト
19:03  |  フランス  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2014'02.27 (Thu)

2013 GWフランス旅行の思い出 5/4 最後の晩餐

そしてついにこの旅最後の夕飯です。
今日もレストランとかじゃなく、カフェというか居酒屋的なお店で
ご飯を食べることにしました。

Au Chai de l'Abbaye というとこ。

キール

まずは、キールで乾杯!この旅ではほんとによくキールを飲んだな。

ハム

前菜にハムの盛り合わせを頼みました。
こういうシンプルな盛り合わせは、日本の居酒屋っぽくてホッとする味。
旅も最後のほうになってくると、こういうのが食べたくなってくる。

サラダ

ついでにサラダも。これも日本の居酒屋で出てきそうな感じ。
ホッとしながらも、ワインにもよくあうし、こういう店、結構好きだな。

ロールキャベツ

ここの名物のシューファルシも頼みました。日本語で言うとロールキャベツ。
このニンジンソースがおいしかった。これもホッとする味なんだよなー。

クリームブリュレピスタチオ味

デザートはまたまたクリームブリュレ。今回はピスタチオ味にしました。
昨日のコーヒー味も美味しかったけど、このピスタチオ味もおいしい!

コーヒー

そして、最後だしのんびりと食後のコーヒーでも飲んで帰りますか。
ということで、コーヒー。ここのお店の名前が書いてあるカップだ!
この白地に赤い字って定番だけど、やっぱり可愛いね。

そんな感じで最後の夕飯もおしまい。
最後の最後にモノプリで買い物をし、レセプションで次の日のチェックアウトが
早いということと、タクシーが必要ということを伝えてパッキングします。

次で最後。続きます。
19:04  |  フランス  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2014'02.26 (Wed)

2013 GWフランス旅行の思い出 5/4 ノートルダム寺院

そういえば、ノートルダム寺院って遠くからはよく見てるんだけど
ちゃんと中を見たことってあんまりないなと思い、ノートルダム寺院に
行ってみることに。

ノートルダム寺院

近くで見ると、やっぱりすごいってのが分かります。
この日はとても混んでいたので、並んではいることに。

ファザード

ファザードはこんな感じ。ほんと、荘厳な感じです。

ミサ前

ちょうどミサの直前で人がいっぱいだったのですが、中はこんな感じ
ほんとに立派。さすがな感じ。

ステンドグラス

ノートルダムと言えば、ステンドグラスが綺麗なんですよね。

万華鏡

万華鏡みたいなステンドグラス。ホントに綺麗。

開くんだね

ステンドグラスって完全にFixedで開かないと思ってたんだけど
実は開くんですね。

ちょうどミサが始まったので、ちょっとだけミサを見て、帰りました。
でもやっぱりノートルダム寺院はすごいなぁと思った。

その後、ちょっと買い物をして夕飯へ向かいます。

続きます。
19:00  |  フランス  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2014'02.25 (Tue)

2013 GWフランス旅行の思い出 5/4 ムーランルージュ

午後は地下鉄で18区の方へ行ってみました。
パリの地下鉄、路線を選ぶ必要があります。なんか私たちが乗った
セーヌ川と並行して走っている路線は、かなりやばい感じ。

スリがたくさん、物乞い沢山で早く出たい雰囲気の電車。
帰りはもちろん違う電車で帰ってきたけど、日本の感覚で、一番効率が良さそう
というだけで路線を選んじゃだめですね。治安も考えないと。。

今回18区に行きたかったのは、ムーランルージュの建物が見たかったから。
なぜなら、私はそのとき映画ムーランルージュの音楽でダンスをしていたからw

駅を出たら、すぐにムーランルージュありました。

ムーランルージュ

そうそう、これこれ。ここでダンスしたい!と思いながらもけっこうすごい人だし、
さっき地下鉄で怖い路線に乗っちゃったのでちょっと疲れたので、すぐに移動。。。

坂を上って上の方へ行くことに。

この辺はサンミッシェルとかサンジェルマンとはだいぶ雰囲気が違います。
東京で言うと、西側と東側の違い的な感じ。

とはいえ、道沿いの商店街はどちらもオシャレにディスプレーされています。

チーズ屋さん

これはチーズ屋さんかな?まるでスイーツショップみたい!
日本にもこんなチーズ屋さんがいっぱいあればいいのにな。

エビ

これは魚屋。エビがいっぱい!

ウニや貝

こっち側はウニや貝。ウニってシチリアとかスペインとか日本でしか
食べないと思ってたら、パリでも売ってるんですね。
牡蠣も売ってる。ジュルッ。

風車

この辺はじつはいっぱい風車がある地域です。丘になっていて風が強いので
風車がいっぱいあって、昔は粉をひいてたとどこかで聞いたような。。

坂の町

こんな感じでけっこう坂です。帰りは坂の途中のカフェでお茶をしました。
ただ、やっぱり治安的に不安があったので、写真は撮ってません。。

コーヒー

ナポリのコーヒー!こんなところで売っていました。このコーヒーが好きで、
昔ナポリで買いだめしてきたことがありますww

そんな感じで、念願のムーランルージュも見れたことだし、そろそろ左岸方面へ
帰ろうかと思います。

続きます。
19:00  |  フランス  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2014'02.24 (Mon)

2013 GWフランス旅行の思い出 5/4 サンジェルマンをぶらぶらお買い物

翌朝、ホテルで朝食を食べると高いので、近くのカフェで朝ごはんを食べます。
パリはカフェがいっぱいあるので、安そうなカフェで腹ごなしw

今日の午前中はぶらぶらボンマルシェまで歩いていくことにします。

果物屋さん
ホテルの近くの果物屋さん。

色鮮やかでおもわず写真を撮ってしまいました。ディスプレーがほんとに素敵。

サンジェルマン教会

たまにはサンジェルマン教会に入ってみることにしました。
シックで落ち着く教会です。

オベリスク

これはサンジェルマン教会の中にあるオベリスク。映画かもされた某小説でも出てくるやつ。

教会を出て、ウインドウショッピングをしながら、目的地に着きました。

ボンマルシェ

ボンマルシェです。今日はここで小さなスーツケースを買うことにしていました。
リモワのパソコンとか入れやすいキャリーケース。とても使いやすくて、
免税もできて、日本で買うより安くて良かったです!

ボンマルシェでは、本屋さんとかキッチングッズを見てきました。
異国でのキッチングッズって必ず見るんだけど、なかなか面白いです。

そして明日の飛行機のチェックインをするために、ボンマルシェ内のカフェに入ります。
あんまり写真は撮ってないんだけど、ついでにお昼を食べることに。
基本的に昼は軽くするようにしているので、リゾットを頼みます。

リゾット

ビーツのリゾットだったっけかな?とてもヘルシー
なんというか、マダムのヘルシーランチという感じ。なかなかおいしかった。
ちょっと高かったけど、のんびりランチするには悪くはない。

そして、いったんキャリーバッグをホテルに持ち帰り、午後は18区までお出かけすることに。

続きます。
19:09  |  フランス  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。