FC2ブログ
2008年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2008'07.26 (Sat)

神子元ではハンマーきたーっ

2日目。もともとは田子に行く予定だったのですが、前日Aさんから
「ダイビングフィーも予定より上がるし、ポイントがポイントなので全員の了承を得ないと行けませんが、いま神子元のコンディションがすごくいいので、神子元に行きませんか?」との提案が。
全員
「行きます、いやむしろ行きたいです!」
との返事で、急きょ神子元にポイントが変更されました。
ただ、ほとんど全員が神子元初めてなので、無理をしてまではハンマーを追いませんとの約束での変更ですが、期待は高まります。
車の中で話を聞いたのですが、前の週の土曜日には私たちが使う福丸さん以外のサービスはマンタを、福丸さんはなんとカジキを当てたそうで、期待は高まります。

1本目はカメ根というポイント。
潜った瞬間、水の色が昨日と全然違う、きれ~~なブルーが広がります。
まるで南国の海です。
潜降してちょっとしたら、Aさんが遠くのほうを指を指すので、ダッシュしてAさんの隣に行ったのですが、私は指された方向には何も発見できず。。。あとから聞いたらメジロがいたそうなんですが、Aさん以外、誰も見つけることは出来なかったそうです。Aさんも、さすがにあれを見つけるのは無理かもと言っていました。
そして、1本目は、無理をしなければハンマーを見るのは難しかったらしく、
ブダイや
blog_210708.jpg
タカベを見ながら
blog_210708takabe.jpg
終了です。
まあ、1本目だし、青い海でのダイビングというだけで、私的には、砂地で巻き上げに気を使いながらダイビングするより、こういう中層を漂うダイビングのほうがダイビングスタイルとしては好きなので、結構満足でしたが、アッカ君は目がハンマーになっています。2本目は絶対ハンマー見たいーと息巻いていました。
帰る途中の神子元島です。青い海に青い空に燈台が映えますね。
blog_210708mikomoto.jpg
神子元は、1本1本港に帰る方式をとっているので、いったんサービスに帰り、福丸さんで出してくれるお弁当を食べます。

2本目は、潮が多少たるんでくる時間帯の4航海目を選び、青根のほうから入水するそうです。
潜降してすぐに、ハンマーがいたーーっ
太い、太いサメです。写真を撮ろうとしたのですが、なんと電源がオフになっている、興奮してあわてていたせいか、何度も電源ボタンを押してしまって、オンになったりオフになったり。。。あわてているうちにハンマー行ってしまいました。
ごめんなさい、証拠写真ないです。神子元みたいなポイントでは、いきなり何が出るか分からないので、潜降する前にカメラをオンにするべきでした。
そして、気持ちよく流されていると、目の前に変な生物が。。サルパという尾索動物の一種だそうです。
変な生物好きなもので、ついついこんなものも追いかけてしまいます。
blog_210708sarupa.jpg
流されているうちに今度はコショウダイの群れがやってきます。
模様がぽよんとしている感じでかわいい魚です。
blog_210708kosyoudai.jpg
そして、またまた気持ちよく流されていると、今度はメジロの群れがきたーっ。
しばらくメジロがこちらの様子をうかがっています。
ここのメジロはおなじみのグレイリーフではなく、クロトガリザメという種類だそうです。グレイリーフより尻尾が長いような気がしました。ハンマーよりシャープな感じがしました。
写真はクロトガリザメ。実は後ろのほうにもうっすらと1匹写っています。
blog_210708kurotogarizame.jpg
ということで、2本目は大満足なダイビングでしたぁ。

後日談として、ハンマー取り損ねたのでAさんに動画ちょうだいとお願いしていたのですが、Aさんはなんと、マクロモードで取っていたようで、なにも映っていなかったそうです。
きっと神子元に慣れていないゲストばかりだったので、写真よりゲストだったんだろうな。
これは、また神子元に行けという神様のお告げではないでしょうか。ということで、神子元すっかり気に入ったので、また行きたいと思います!
スポンサーサイト



テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

18:24  |   伊豆ダイビング  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

2008'07.26 (Sat)

IOPは恋盛り

先週の連休は泊まりで伊豆にダイビングに行ってきました
初日は海洋公園でしたが、海洋公園、いつも人でいっぱいなんですが、連休中日はいつもにも増して、人、人、人、人でいっぱいでした。そして、人でいっぱーいということは、マリンスノーもいっぱーいということで、写真初めて半年なんですが、今回の写真は今までで一番ひどいかもです。
という言い訳を先にしておいて、それでも写真を載せちゃいます。汚いので覚悟しておいてくださいっ
それと、去年よりサーモクラインが激しく、サーモの境目のゆらゆらと、海草のゆらゆらで、頭が痛くなってきてしまいました。まあ、それでもダイビング自体は魚も多くて楽しかったんですが、やっぱり汚い写真ばっかだぁ
まずは群れから。アジの群れです。たぶんこの写真が一番きれい。
blog_ajinomure.jpg
ほんとうは、もっと大きな丸くなっている群れとかもいたんです。でもとてもひと様に見せられたもんじゃありません。
気を取り直して次。イサキの群れです。と思ったのですが、きれいな写真がないのでやめときます。写真はないですが、イサキの群れも大きかったです。黒い縦じまがきれいなお魚ですね。
砂地ではカワハギやシビレエイがいました。写真はシビレエイ。
blog_0200708sibireei.jpg
根のほうに行くと、ベニカエルアンコウがいました。ピンクの体に赤い斑点がキュート
blog_200708benikaeruankou.jpg
赤くないけどアカエソもいました。見た目にはばればれなんだけど、一応岩と同化しているつもりなのかな。
blog_200708.jpg
後姿だけど、ハコフグ。かわいいっ
blog_200708hakofugu.jpg
あとは、今回のダイビングで一番印象に残ったのは、ネンブツダイです。みんなペアで戯れています。そう、今がまさに彼らの恋のシーズンなのです。
blog_200708nenbutsudai.jpg
あっちでも、こっちでも、アプローチし合っていました。中には、すでに卵を持っているオスにアプローチしているメスも。ふられちゃっていましたが、中には略奪愛を達成する個体もいるとか。
略奪愛が成功すると、前のメスの卵は食べてしまうんだそうです。こうしてより強い子孫を残していくんですね。自然ってすごいっ。

この日は、このあと熱海の素泊まり温泉民宿に泊まってお休みです。夕飯は一緒にいったショップガイドのAさんのガイド仲間のお友達に教えてもらった魚庵に行きました。ここ、金目の刺身とか、焼き鳥とか、とても美味しかったです。もしまた熱海に泊まることがあったら、また行きたいなぁ。

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

17:07  |   伊豆ダイビング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ
 | HOME |