2008年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT   このページの上へ

2008'09.28 (Sun)

COCOA CORNER

6日目の午後もボートスポットが面白そうなので、ボートに出かけてきました。
マジードによると、「ここもOutだとMEDU FARUみたいな感じだけど、Inだとシャークが期待できる。午後はInになる可能性はあるけど、自然のものだから約束はできないよ。」とのこと。
デニスによると、「午後は一緒に行かないからシャークはでないよ。」との呪いの言葉が(笑)。。
とにかく、なにが出るかは分かりませんが、運に任せて行ってきます。
CocoaCorner.jpg

マジードが潮を見たところ、残念ながらまだOutでした。
今日の午後もさとこさんがガイドをしてくれます。おなじグループの人は一人でいらっしゃっていた日本人男性。彼はレスキューも持っているらしく、うまそうだなぁと思っていたのですが。。なかなか潜降してきません。まあコーナーとはいえ、そんなに流れるところではなかったので、ゆっくりゆっくり潜降していきます。

入ってすぐのところのオーバーハングにハタ?がいました。
blog_SmallSpottedGrouper110908.jpg
図鑑で調べたところSmall-Spotted Grouperに見えます。でも、でも、このとき私は信じられないものを目にしてしまいました。一緒のグループの男性が思いっきりオーバーハングに着底しているのです。今までは写真を撮る時さえ、暗黙の了解のようにできるだけ指や手で軽く体を支えて撮る人しか見たことがなかったのですが、彼は思いっきり、しかも下も見ないで、ズトンという感じで落ちてきたのです。(すみません、今日のBlogはちょっと辛口になってしまうかも。。)
ありえない。さとこさんがあわてて、BCに空気を入れるように指示をしているのですが、彼はなぜそんな指示をされているかも分からずに、BCからさらに空気を抜いたり入れたりしています。あり得ない。Openの講習に付き合っているならまだしも。。彼はたしかレスキューダイバー、なはず。

なんとなく先が思いやられるなと思いながら、進んでいくと、次のオーバーハングにでっかい魚が。さとこさんはでっかい魚を指指しているのですが、そのそばにはかわいいコテンフグちゃんが。
blog_kotenfugu110908.jpg
子犬みたいな風貌に見えて、キュートです。
モンガラカワハギなどの癒し系の魚を横目に見ながら、ちょっと大きめのオーバーハングまで進んでいきます。
blog_mongarakawahagi110908.jpg
この辺からちょっとずつ流れが強くなり始め群れも出始めます。
blog_ajimure110908.jpg
写真はアジかなにかの群れでしょうか。アジ系の魚はやっぱりいまいち何の魚なのか分かりません。
穴の中には大きなハタがいました。
blog_SnoutSpotsGrouper.jpg
図鑑で調べると、Snout-spots Groupperという名前にハタに見えます。
カメやナポレオンもこの辺にはいました。で、いよいよ流れが強くなってくるので、さとこさんが例の彼に大丈夫かとかしきりに聞いているのですが、彼からは返事も来ず、まあいいやって感じで進んでいったところ、人だかりが見えてきます。なんと、なんと、見たかったレオパードシャークが居るみたいです。やったー!確かに黄色っぽい長いものがうっすらとしているっぽいものがあります。
わーい思って、もう一度見るとない。「いま、行っちゃったみたい」とスレートに。もうすぐだったのに、あとちょっとだったのに。やっぱりダイビングはタイミングですね。ちなみに同じボートの人たちは私たち以外みんな見られたそうです。。。
気を取り直して、進んでいくとスコーピオンフィッシュが。
blog_scorpion_fish110908.jpg
なかなかの隠れ上手です。こんなにいろいろくっつけちゃって大丈夫なのでしょうか。
と思っていたら、いつのまにか、例の彼がいません。あれ、と思って上を見ると、水面に居るじゃないですか。えーーーっ何で?何で?と思ってしばらく下から様子を見ていたのですが、ボートを呼ぶわけでもなく、もしかしたら私たち一緒に上がんなきゃだめ?と思っていたら、さとこさんが単独で救出に。
もう一度潜って戻ってきました。
なんとなーく微妙な空気が流れながら、コーナーの最後にアジやクマザサハナムロなどの群れているのを見て、1時間くらい経ったので上がります。
blog_cocoamure110908.jpg

そして、ダイビングセンターに戻り、デニスに「レオパードシャーク、みんな見られたのに私だけ見られなかったーー」と言ったら、「ほらね」と言われたのですが、これ、あながち嘘じゃないかも。
だって、例の彼、基本放置のガイドじゃ無理だから、一緒のグループになることないはずだもん。
せっかくさとこさんと潜れたのに、彼のことが気になったみたいで、魚の名前とかも教えてもらえなかったし。。なんとなく微妙な1本でした。

100本もいってない私が言うのも何なのですが、なんで彼がチェックダイブをパスしたのでしょうか。やっぱりレスキューダイバーだからでしょうか。。なんで彼はレスキューをとれたのでしょうか。。。。彼とバディでセルフしたら、むしろ私が助ける羽目になると思うんですけど。。。。。。

未熟な私から見ても下手すぎます。もう一緒に潜りたくないなと思っていたら、次の日の朝のダイビングを国籍別にわけちゃっています。。デニスは珍しく講習が入っているみたいなので、面倒見のよさそうなベースリーダーのモニカがガイドでした。彼女とは一回も潜ってないので、一緒に潜れるのはうれしいんだけど、やっぱり微妙。。。とがっくりしていたのですが。
次の日の朝、ホワイトボードを見たら、私たちだけ日本人チームからパージされて、多国籍チームに入れられていました。仲良くなったイタリア人カップルも一緒だったし、翌日はハッピーダイビングに戻ることができました。めでたしめでたし。

レオパードシャークはイタリア人のルイジに写真を見せてもらったのですが、大きい。ちゃんと大きく写っています。
この写真、メールで送ってくれたらしいのですが、なぜか届かないんですよね。大きすぎて私のメールが拒否しているのかな。

それと、例の彼、ダイビングはいまいちですが、陸上ではちゃんとしたいい人でした。彼が悪いわけではなく、彼のトレーニングをちゃんとしないでレスキューまで与えたどこかのショップが悪いのかもしれませんね。どこで取ったかはあえて聞きませんでしたが。
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

19:07  |  お知らせ  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT   このページの上へ

2008'09.28 (Sun)

MEDU FARU

6日目の午前中はMEDU FARUというポイントに行きます。マジードによると、ここは久しぶりのポイントだそうです。
blog_MeduFaru110908.jpg
ビヤドゥでは土壇場のポイント変更はまずないのと、ポイントが近いのでボートに乗る前にブリーフィングをします。日本語でも、さとこさんが写真のように毎日説明してくれます。やっぱり母国語で聞けるのは楽でいいですよね。
MEDU FARUはInの流れだと結構いろいろ出るらしいのですが、今回は残念ながらOut goingの流れでした。

ここのポイントの印象は、一言で言うと、青い。他のポイントも青いのですが、ここは特別青く感じました。流れはそこそこにあるので、流されながらいろいろな群れを見て移動します。
blog_kasumiaji110908.jpg
小魚、アジが、横をどんどん通り過ぎていきます。時折ホワイトティップも群れを追うようにして過ぎ去っていきました。
blog_mure110908.jpg

ここは、ちょっと深いところにオーバーハングがいっぱいあるのですが、私は深場に長くいるとDECOが出ちゃうので、ちょっと上の方を流されていました。
blog_denis110908.jpg
ガイドのデニスにレオパードシャークが見たいなと言ったら、オーバーハングというオーバーハングを全部覗いて探してくれています。まあ、ボートの上では、「まかせておけ、ハンマーヘッドも見せてやるよ」と言っていたので、まず出ないんだろうなと思いつつも、探してくれます。

下を見ていたら、カメさんが出てきました。
blog_kame110908.jpg
カメって癒し系ですね。泳ぐと速いけど、歩くとよちよち歩きなので、癒されます。このカメはタイマイかな?手持ちの図鑑にはカメは載ってないので、いまいちよく分からない。。

ナポレオンも何匹か出てきました。
blog_napoleon110908.jpg
模様ははっきり出ているのに、海が青すぎて色が全然出てませんね。ここのポイントは昨日の午後のポイントのさらに続きなので、昨日の午後と出てくる生物が割と似ていました。
でも、海の色が全然違う。この辺が自然の面白さですね。
あんまり海の色が青くてきれいなので、目の前にきた泡を撮ってみました。
blog_awa110908.jpg
こうやって見ると、透明度もここは高くて綺麗ですね。流れがそこそこあるので、あんまり潜っているときは思わなかったのですが、写真で見ると癒し系ポイントのようです。

そうこうしているうちに、流れが弱くなり、ムレハタタテダイの群れが表れて、コーナーの終了を告げます。
blog_murehatatatedai110908.jpg
こんな癒し系写真をのんきに撮っている間にも、デニスはレオパードシャークを粘って探してくれていました。なかなかいいガイドです。

そして、10Mくらいのところで、安全停止がてら、小物を見ます。最初は大物をガンガン狙って、後半は浅場で小物探しというダイビングスタイルっていいですね。一石二鳥な感じがいいです。
blog_Meyersbutterflyfish110908.jpg
写真はハウスリーフでもよく見るチョウチョウウオ。図鑑によると、Meyer's Butterflyfishです。
そのうち、一緒のグループだった日本人女性のMさんのエアがあんまり無くなってしまったようなので、5Mでの安全停止をし、終了です。

ほかのチームは、私たちが昨日マンタを見たということもあり、昨日のポイントのほうにマンタを探しに行ったらしいけど、いなかったそうです。
ボートではデニスに「MEDU FARUにはレオパードシャークいないよ~」と言われてしまいました。
ここのポイントは、流れが強いまったりダイビングをした気分でいたのですが、写真で見ると、結構いろいろ出てますね。癒し系な気分になったのはやっぱり海の色のせいでしょうか。
そんなこんなでMEDU FARU、Outのときはシャークがあまり出ませんが、青い海を堪能するにはぴったりの場所だと思います。Inのときはもっともっと面白いらしいので、今度はInのときに来てみたいな。

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

18:35  |   ビヤドゥ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2008'09.28 (Sun)

NAPOLEON REEF

5日目の午後は珍しくボートダイビングに行ってきました。午後はポイントの説明を読むと、まったりした感じでハウスでいいや、という気になってしまうのですが、NAPOLEON REEFの説明はなんとなく楽しそう。昔ビヤドゥでイントラをしていたHさんも、NAPOLEON REEFはなかなかいいよと言っていたので、行ってみることに。
NapoleonReef.jpg
絵を見る限りでも、楽しそうですよね。この日はNAPOLEON REEFからLOSFUSHI KUDA KANDOにハナヒゲとアケボノハゼがいるとのことでそこまで泳いでいくことに。
LosfushiKudaKando.jpg

午後のガイドはさとこさん。さとこさんのガイドは日本人らしく、スレートに魚の名前を書いて教えてくれたり、いろいろ気にかけてくれて(主に窒素のことなんですが(汗))とても丁寧なガイディングをしてくれます。
入った瞬間イエローバンドフュージラーの群れが出てきますが、なにせ午後は透明度が悪く、写真がいまいちです。
ここは流れがあまりないので、REEF沿いを13Mくらいの深度を保ちながらがんばって泳いでいきます。ちょっとすると、REEFのところに名前通りナポレオンが何匹も出てきました。
blog_Napoleon100908.jpg
逆光だったのでシルエットになっちゃいましたが、このシルエットは間違いなくナポレオンです。
この辺のポイントでよく見る魚を見ながら、どんどんどんどん進んでいくと、かわいいウツボちゃんが。
blog_whitemouthmoray100908.jpg
ハナビラウツボです。まっ白い口を開いて威嚇しています。がんばってるぞーって感じがかわいいですね。
この日は長い移動なので、そのままどんどん泳いでいきます。泳いでいると、今までのポイントではあまり見かけなかった魚が。目を奪われていると、さとこさんがスレートに魚の名前を書いてくれました。
でも日本語名、すっかり忘れてしまいました。
blog_ScribbledLeatherjacket100908.jpg
手持ちの図鑑で調べたところScribbled Leatherkacketだそうです。なんだかかわいい名前ですね。
そして、ロブスターなどを見ながら、どんどん泳いでいくと、例のオーバーハングにたどり着きました。
ここのオーバーハングは30Mオーバーなので、真っ暗です。
blog_Riddon eel100908
ハナヒゲウツボのほうは、真っ暗な中に真っ青な体でひらひらしているので、すぐに見つかりました。
アケボノハゼのほうは、実はアケボノハゼってよく分からなかったのですが、さとこさんがスレートに書いてまたまた教えてくれます。ゆっくりゆっくり近づいて写真を撮っていたのですが、フラッシュを焚いたら逃げてしまいました。
blog_purplefiregoby100908.jpg
逃げちゃったのですが、さとこさん、また見つけます。私はこの時点で窒素がやばくなってきたので、上の方でホバーして見ていたら、さとこさんが、私同様アケボノハゼがよく分からなかったHさんの彼氏のRに一生懸命説明していました。やっぱりGobyは分かったけど・・みたいな反応でした。
図鑑で見ると、40Mオーバーのところにいるシャイな魚と書いてあるので、確かにダイビングで見るのはなかなか難しい魚のようですね。
で、このゴビーとハナヒゲちゃんを見ている後ろではホワイトチップが2匹一生懸命こっちをうかがっていました。こっちが後ろを見ると、こちらを向き、私たちがホワイトチップを見ると微妙に逃げ腰だったのが可愛かったです。
深度を上げていきます。オーバーハングの上に出たら、向こうからマンタが。
blog_mantaatnapoleonreef100908.jpg
あっという間に過ぎ去っていきましたが、マンタにばったりは予想外だったので、テンションが高くなります。
その後いろんな群れを見ながら進んでいきます。すると、でっかいウツボが穴からでて泳いでいます。これがさとこさんが手なずけたと言ってたウツボでしょうか。と思っていたら、今度はカメさんが。
blog_kame100908.jpg
海のアイドル勢ぞろいだなぁと思っているうちに1時間経っちゃいそうなので、上がります。
長い行程でしたが、とっても満足のいくNAPOLEON REEF & LOSFUSHI KUDA KANDOでした。

そういや、さとこさんがボート待ちのときにマジードに「私たちの後ろでサメがうろちょろしているところで、ゴビー見れて超ハッピーだったー」と報告していたら、マジードが一言、「Goby・・・」とつぶやいていたのが印象的でした。

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

01:36  |   ビヤドゥ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

2008'09.27 (Sat)

初秋のサイクリング

今日は、朝起きたらとてもさわやかな気候だったので、サイクリングに行ってきました。
ルートは三軒茶屋→駒沢公園→吞川緑道→自由が丘→九品仏浄真寺です。帰りは行きとほぼ同じ道を帰ってきました。
駒沢公園はススキみたいなのが生えていて、すっかり秋の装いでした。花も春に咲いているのと比べると秋を感じさせてくれます。
blog_hana270908.jpgblog_susuki270908.jpg

駒沢公園を抜けると吞川緑道。世田谷区はこういう緑道が整備されており、ところどころに大きな公園があるので、お散歩やサイクリングするのにいいところだなと思います。吞川緑道はこの時期は地味な感じですが、桜並木なので桜の季節はきっときれいだと思います。
blog_nomigawaryokudo270908.jpgblog_nomigawamap270908.jpg

吞川緑道を離れ目黒通りを渡ると、自由が丘が近づいてきて、人も車もちょっとづつ混雑してきます。自由が丘、いい町なんですが、車は大混雑してるし、今日の自由が丘は人でもめっちゃ多かったので、ちょっとストレスを感じ、脇道にそれることに。ウインドウショッピングは大好きなんですが、特に狭い道で車が大混雑してしまうと、ちょっと苦痛になってきてしまいますね。ひとつ脇道に離れると静かな住宅街にはいるので、快適に九品仏のほうへ行きます。
九品仏には九品仏浄真寺というきれいなお寺があるので、今日はそこを目的地としました。
blog_otera270908.jpg
中には鐘楼、本堂、3つの大仏様が入っている御堂があります。
blog_syourou270908.jpg
写真の鐘楼は大みそかには除夜の鐘が撞かれるそうです。
本堂のまわりには紅葉の木がたくさん生えており、もうちょっと秋が深まってから来たら、きっと美しいだろうなと思いました。
大仏様は、手のフォームが違う大仏様が3体それぞれ別の御堂にありました。このお寺は日英で丁寧に説明が書いてあります。
一通り回った後、お腹もすいてきたので、ご飯を食べに戻ることに。本当は自由が丘あたりでランチしようと思ったのですが、あの混みようなのでとりあえず来た道を戻り、駒沢公園のほうに行くことにしました。
お昼を食べる前に、TAKAGIにちょっと寄り道をしてケーキとジャムを買います。
blog_takagimise270908.jpg
アルパジョン(写真のチョコレートのケーキ)はスペシャリテだったのですが、中にピスタチオのムースやベリーが入っていてとっても美味しい!また買いに行こうっと。
blog_takagicake270908.jpg
そのあと、本当は246を越えたところのハンバーガー屋に行こうと思ってたのですが、美味しそうな洋食屋さんが目にとまり、そこで食べることに。
ここには珍しいフィリピンのアドボというメニューがあり、癖になりそうな味がしました。スペインのアホスープみたいな感じなんですが、それよりさっぱりした感じでしょうか。
blog_adobo270908.jpg
こんな珍しいスープが置いてあるお店はここです。
blog_bandana270908.jpg
手書きの看板がなんかいい味出してますよね。煮込み料理なのでお持ち帰りもできるみたいですよ。
そんなこんなで、夏の間はとても自転車なんかに乗る気にはならなかったのですが、秋になり久しぶりのサイクリング。結構楽しかったです。

次回のブログは、またモルディブ編が再開されます。
23:30  |  自転車  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2008'09.27 (Sat)

カルタゴ@中野

モルディブの記事はまだ途中ですが、昨日中野のカルタゴという中東あたりの国の料理を食べてきたので、久しぶりに食べ物ネタをいきたいと思います。
あ、それと、昨日は家を出るときにあわてていたせいか、すっかりカメラを忘れてしまったので、ケータイの写真であんまりきれいじゃないです。でも、料理は何を食べてもとっても美味しかった!
カルタゴは中野駅から近いのですが、ちょっとわかりにくいかもということで、駅で待ち合わせ、Go!
お店の入口は地中海の雰囲気が漂っていていい感じです。ただ、確かに見逃してしまいそうな場所にありました。
地中海風の扉を開くと、中はアラビックな雰囲気が漂っていて、またまたいい感じです。
まずは飲み物を。飲み物のメニューもワインはレバノン、チュニジア、アルジェリアなどマニアックなものがそろっています。最初はちょっと蒸し暑かったということもあり、チュニジアのロゼワインを頼みました。
blog_misenofuniki.jpg blog_rose260908.jpg
ロゼワインは春や残暑くらいの季節で、白って気分じゃないんだよねというときによく飲みます。お店によっては置いていないところも多いのですが、日本の気候はロゼ飲みたくなる時期が長いので、結構あってると思うので、もっと置いているお店が増えるとうれしいんですがね。
チュニジアのロゼは初めて飲みましたが、けっこう美味しかったです。

前菜にはパテとピタパン。ナスのパテとチリソースのパテを頼みました。パテとピタパンってなんでこんなに合うんだろ。どっちもとっても美味しい。パテとピタパンだけでいくらでも食べられそうです。
blog_nasupate260908.jpg blog_chiripate260809.jpg 

暖かい前菜は、キルギス産(だったっけ?)のチーズをグリルしたものも頼みました。これ、食感が独特で香ばしくてめっちゃ美味しかったです。
もう一品はソラマメのパテフライ。一見ゴマ団子っぽいビジュアルだったのですが、ナイフで割ると、ソラマメのきれいな色が出てきます。
blog_grilledcheese260908.jpg blog_soramame260908.jpg
この辺でワイン1本がすっかりあいたので、アニス系のお酒を頼むことに。ギリシャのウゾ、トルコのラク、レバノンのアラックを頼みます。たしかアラックってスリランカにもあったかと思うのですが、スリランカのはココナツ系だったと思うので、名前は同じでも違うお酒のようです。
3つを回し飲みして飲み比べてみたのですが、ウゾは一番飲みやすい感じ、ラクは私は一番好み。というか、カッパドキアでしこたま飲んだ記憶がよみがえってきちゃったせいかなぁ。アラックは甘めで一番濃い感じでした。

あとは、エビのハリサソース和えW/卵を頼みました。ハリサソースの説明を聞いたところ、ちょっと辛いソースとのことでしたが、このピリ辛さが癖になりそうな味です。上にのっていた唐辛子はめちゃめちゃ辛かったそうです。私は食べていませんが、チャレンジャーで辛いものが得意な友達二人が火を吹いていました。あくまでも唐辛子の個体差によるものなので、この料理を頼んだら、いつもめちゃめちゃ辛い唐辛子が付くというわけではありません。
ケバブはヨーグルトをかけたものを頼みました。これ、あたりです。ケバブとヨーグルト、やっぱり合いますね。中近東で行ったことのある国ってトルコくらいなのですが、トルコもヨーグルトをよく使っていたと思います。
blog_prawn260908.jpg blog_kebab260908.jpg

次はクスクス。羊のクスクスを頼んでいたので、赤ワインを飲みながら食べたいねとうことで、今度はレバノンの赤ワインを頼んでみることに。まあ、味的には普通といや普通なんですが、レバノンのワインなんて滅多に置いていないので、いい体験になりました。
ケバブのクスクスもすっごく美味しい。お肉がホロホロしていて、ひよこ豆がいいアクセントに。写真のクスクスを好きに取り分け、スープをかけて食べるのですが、スープを吸わせたクスクスはいい味を出していました。
blog_couscous260908.jpg

クスクスを食べて、おしゃべりにも花が咲き、すっかりお腹一杯になったところで、デザートタイムです。
飲み物も中東系の飲み物がいろいろありました。ミントティーを頼んでみたのですが、銀のお盆にのってきて、その場でお湯を注いでくれます。香りがすごくよくて幸せ気分に。Lちゃんはトルココーヒーを頼んだので、それも飲ませてもらいましたが、トルココーヒーも美味しかったです。
お菓子は、ピスタチオのなんかだったっけかな。忘れてしまいました。でも美味しかったです。
blog_minttea260908.jpg blog_okashi260908.jpg
幻想的に天然のソフトフォーカスをかけてみました(笑)。

最後にお会計。チュニジアではお会計はこういう字を書くんだそうです。
blog_okaikei260908.jpg
アラビックな文字って、なんかシンプルで美しい。
そういえば、私の超汚い字を外国人はよくきれいと褒めてくれるんですが、確かに意味が分からない文字ってアートとして見ちゃいますよね。

そんなこんなで、カルタゴ、お店の雰囲気といい、味といい、とてもよかったです。中東料理を食べたくなったら、遠くてもカルタゴ!と思いました。

テーマ : 美味しかった♪ - ジャンル : グルメ

22:14  |   外でご飯  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。