FC2ブログ
2008年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2008'09.27 (Sat)

初秋のサイクリング

今日は、朝起きたらとてもさわやかな気候だったので、サイクリングに行ってきました。
ルートは三軒茶屋→駒沢公園→吞川緑道→自由が丘→九品仏浄真寺です。帰りは行きとほぼ同じ道を帰ってきました。
駒沢公園はススキみたいなのが生えていて、すっかり秋の装いでした。花も春に咲いているのと比べると秋を感じさせてくれます。
blog_hana270908.jpgblog_susuki270908.jpg

駒沢公園を抜けると吞川緑道。世田谷区はこういう緑道が整備されており、ところどころに大きな公園があるので、お散歩やサイクリングするのにいいところだなと思います。吞川緑道はこの時期は地味な感じですが、桜並木なので桜の季節はきっときれいだと思います。
blog_nomigawaryokudo270908.jpgblog_nomigawamap270908.jpg

吞川緑道を離れ目黒通りを渡ると、自由が丘が近づいてきて、人も車もちょっとづつ混雑してきます。自由が丘、いい町なんですが、車は大混雑してるし、今日の自由が丘は人でもめっちゃ多かったので、ちょっとストレスを感じ、脇道にそれることに。ウインドウショッピングは大好きなんですが、特に狭い道で車が大混雑してしまうと、ちょっと苦痛になってきてしまいますね。ひとつ脇道に離れると静かな住宅街にはいるので、快適に九品仏のほうへ行きます。
九品仏には九品仏浄真寺というきれいなお寺があるので、今日はそこを目的地としました。
blog_otera270908.jpg
中には鐘楼、本堂、3つの大仏様が入っている御堂があります。
blog_syourou270908.jpg
写真の鐘楼は大みそかには除夜の鐘が撞かれるそうです。
本堂のまわりには紅葉の木がたくさん生えており、もうちょっと秋が深まってから来たら、きっと美しいだろうなと思いました。
大仏様は、手のフォームが違う大仏様が3体それぞれ別の御堂にありました。このお寺は日英で丁寧に説明が書いてあります。
一通り回った後、お腹もすいてきたので、ご飯を食べに戻ることに。本当は自由が丘あたりでランチしようと思ったのですが、あの混みようなのでとりあえず来た道を戻り、駒沢公園のほうに行くことにしました。
お昼を食べる前に、TAKAGIにちょっと寄り道をしてケーキとジャムを買います。
blog_takagimise270908.jpg
アルパジョン(写真のチョコレートのケーキ)はスペシャリテだったのですが、中にピスタチオのムースやベリーが入っていてとっても美味しい!また買いに行こうっと。
blog_takagicake270908.jpg
そのあと、本当は246を越えたところのハンバーガー屋に行こうと思ってたのですが、美味しそうな洋食屋さんが目にとまり、そこで食べることに。
ここには珍しいフィリピンのアドボというメニューがあり、癖になりそうな味がしました。スペインのアホスープみたいな感じなんですが、それよりさっぱりした感じでしょうか。
blog_adobo270908.jpg
こんな珍しいスープが置いてあるお店はここです。
blog_bandana270908.jpg
手書きの看板がなんかいい味出してますよね。煮込み料理なのでお持ち帰りもできるみたいですよ。
そんなこんなで、夏の間はとても自転車なんかに乗る気にはならなかったのですが、秋になり久しぶりのサイクリング。結構楽しかったです。

次回のブログは、またモルディブ編が再開されます。
スポンサーサイト



23:30  |  自転車  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2008'09.27 (Sat)

カルタゴ@中野

モルディブの記事はまだ途中ですが、昨日中野のカルタゴという中東あたりの国の料理を食べてきたので、久しぶりに食べ物ネタをいきたいと思います。
あ、それと、昨日は家を出るときにあわてていたせいか、すっかりカメラを忘れてしまったので、ケータイの写真であんまりきれいじゃないです。でも、料理は何を食べてもとっても美味しかった!
カルタゴは中野駅から近いのですが、ちょっとわかりにくいかもということで、駅で待ち合わせ、Go!
お店の入口は地中海の雰囲気が漂っていていい感じです。ただ、確かに見逃してしまいそうな場所にありました。
地中海風の扉を開くと、中はアラビックな雰囲気が漂っていて、またまたいい感じです。
まずは飲み物を。飲み物のメニューもワインはレバノン、チュニジア、アルジェリアなどマニアックなものがそろっています。最初はちょっと蒸し暑かったということもあり、チュニジアのロゼワインを頼みました。
blog_misenofuniki.jpg blog_rose260908.jpg
ロゼワインは春や残暑くらいの季節で、白って気分じゃないんだよねというときによく飲みます。お店によっては置いていないところも多いのですが、日本の気候はロゼ飲みたくなる時期が長いので、結構あってると思うので、もっと置いているお店が増えるとうれしいんですがね。
チュニジアのロゼは初めて飲みましたが、けっこう美味しかったです。

前菜にはパテとピタパン。ナスのパテとチリソースのパテを頼みました。パテとピタパンってなんでこんなに合うんだろ。どっちもとっても美味しい。パテとピタパンだけでいくらでも食べられそうです。
blog_nasupate260908.jpg blog_chiripate260809.jpg 

暖かい前菜は、キルギス産(だったっけ?)のチーズをグリルしたものも頼みました。これ、食感が独特で香ばしくてめっちゃ美味しかったです。
もう一品はソラマメのパテフライ。一見ゴマ団子っぽいビジュアルだったのですが、ナイフで割ると、ソラマメのきれいな色が出てきます。
blog_grilledcheese260908.jpg blog_soramame260908.jpg
この辺でワイン1本がすっかりあいたので、アニス系のお酒を頼むことに。ギリシャのウゾ、トルコのラク、レバノンのアラックを頼みます。たしかアラックってスリランカにもあったかと思うのですが、スリランカのはココナツ系だったと思うので、名前は同じでも違うお酒のようです。
3つを回し飲みして飲み比べてみたのですが、ウゾは一番飲みやすい感じ、ラクは私は一番好み。というか、カッパドキアでしこたま飲んだ記憶がよみがえってきちゃったせいかなぁ。アラックは甘めで一番濃い感じでした。

あとは、エビのハリサソース和えW/卵を頼みました。ハリサソースの説明を聞いたところ、ちょっと辛いソースとのことでしたが、このピリ辛さが癖になりそうな味です。上にのっていた唐辛子はめちゃめちゃ辛かったそうです。私は食べていませんが、チャレンジャーで辛いものが得意な友達二人が火を吹いていました。あくまでも唐辛子の個体差によるものなので、この料理を頼んだら、いつもめちゃめちゃ辛い唐辛子が付くというわけではありません。
ケバブはヨーグルトをかけたものを頼みました。これ、あたりです。ケバブとヨーグルト、やっぱり合いますね。中近東で行ったことのある国ってトルコくらいなのですが、トルコもヨーグルトをよく使っていたと思います。
blog_prawn260908.jpg blog_kebab260908.jpg

次はクスクス。羊のクスクスを頼んでいたので、赤ワインを飲みながら食べたいねとうことで、今度はレバノンの赤ワインを頼んでみることに。まあ、味的には普通といや普通なんですが、レバノンのワインなんて滅多に置いていないので、いい体験になりました。
ケバブのクスクスもすっごく美味しい。お肉がホロホロしていて、ひよこ豆がいいアクセントに。写真のクスクスを好きに取り分け、スープをかけて食べるのですが、スープを吸わせたクスクスはいい味を出していました。
blog_couscous260908.jpg

クスクスを食べて、おしゃべりにも花が咲き、すっかりお腹一杯になったところで、デザートタイムです。
飲み物も中東系の飲み物がいろいろありました。ミントティーを頼んでみたのですが、銀のお盆にのってきて、その場でお湯を注いでくれます。香りがすごくよくて幸せ気分に。Lちゃんはトルココーヒーを頼んだので、それも飲ませてもらいましたが、トルココーヒーも美味しかったです。
お菓子は、ピスタチオのなんかだったっけかな。忘れてしまいました。でも美味しかったです。
blog_minttea260908.jpg blog_okashi260908.jpg
幻想的に天然のソフトフォーカスをかけてみました(笑)。

最後にお会計。チュニジアではお会計はこういう字を書くんだそうです。
blog_okaikei260908.jpg
アラビックな文字って、なんかシンプルで美しい。
そういえば、私の超汚い字を外国人はよくきれいと褒めてくれるんですが、確かに意味が分からない文字ってアートとして見ちゃいますよね。

そんなこんなで、カルタゴ、お店の雰囲気といい、味といい、とてもよかったです。中東料理を食べたくなったら、遠くてもカルタゴ!と思いました。

テーマ : 美味しかった♪ - ジャンル : グルメ

22:14  |   外でご飯  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ
 | HOME |