FC2ブログ
2008年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2008'10.05 (Sun)

Biyadoo House Reef Part1

前回までで、ボートで行ったポイントは全部書きつくしたので、次はHouse reefについて書きます。
House reefは、午後ボートで出かけなかった日に潜っていました。
潜ったコースはP3→P2、P1→P7(ここは2回潜った)、P5→P7、だけです。ラグーンの広いP3,P4あたりのポイントは結局一度も行くこともなく帰国してしまいました。
遠いところに行く時はコンプレッサーボーイに1ドル払ってタンクをリヤカーで持ってきてもらいます。
午後のお昼寝タイム後にしか潜ってないので、午前のボートから帰ってきたあとにやったシュノーケリングのときのほうが透明は良かったようなきがします。
Biyadoo House ReefのMapはこんな感じです。
blog_biyadoohousereef041008.jpg
今回行った時は風の影響のせいかカレントがこの地図とは逆に流れることもあり、上の流れを見て、コースを決めていました。最終日以外は中は激しい流れもなく、潮も Inで割と潜りやすかったと思います。
ちなみに、地図ではP2とP3にEagle rayの絵が書いてあるので潜ってみたのですが、実際にはP1からP7に行くところのほうが多いらしいです。私はシュノーケルで1回しか見ませんでしたが。
ということで、順不同で写真を紹介していきます。

モルディブアネモネフィッシュ
blog_maldiveAnemone110908.jpg
モルディブの固有種です。ピンクアネモネとも似てますが、こっちの方が色がオレンジでフィンが黒いのが特徴のようです。写真を撮ろうとするとすぐに隠れちゃうので、出てくるのを待って撮りました。
この写真はP6付近で撮ったものだと思いますが、P7付近の浅瀬のほうで、シュノーケリングのときにたくさん見ました。

ロブスターのお家
blog_lobster080908.jpg
これはP3とP2の間の20Mくらいの深度のところにいたロブスターたちです。単体では割とよく見ますが、岩の下でたくさんのロブスターがカシャカシャしているのは、なかなか面白かったです。
夜行性のようで、昼間はあんまり外に出てきてくれません。

オリエンタルスイートリップ
blog_OrientalSweetlips090908.jpg
個人的には阪神タイガースっぽいと思っている魚なので、これを見ると、いつも心の中で阪神がいたーと思っています。これもモルのハウスリーフではよく見る魚。

ブラックティップ
blog_blacktip090908.jpg
ラグーンで撮った写真なので、うっすらとですが、ブラックティップです。Exitのときのラグーンに、かなりの確率で出てきました。
こんなのに気を取られているから、ゴビーちゃんが全然見つけられないのでしょうか。

ミノカサゴ
blog_lionfish130908.jpg
後ろを向いちゃってますが、ミノカサゴです。いつも穴の名がで後ろ向きにいました。きれいなんですが、たまに邪魔くさいミノカサゴ君です。

ユニコーンフィッシュ(とアカモンガラ)
blog_unicornfish110908.jpg
ユニコーンもよく見ました。形が特徴的なので、なんとなく写真に撮りたくなる魚です。

スコーピオンフィッシュ?
blog_scorpion_fishinHouse100908.jpg
これはスコーピオンフィッシュなのかな。。動かないし、大きいので写真に撮りやすい魚です。こんな砂の上なので、私にすらもあっという間に見つかっちゃってます。

まだまだ群れの写真などもあるので、これはPart1とし、Part2に続きます。

今回初めてセルフダイビングをしたのですが、意外と難しいと思ったのが、深度管理。コースはあらかじめブリーフィングをしているので、なんとなく分かるのですが、最初深く、後半は浅くいくのが体にやさしいダイビングなのですが、どの辺で深度を上げればいいかなど、今まではすべてガイドさんにお任せだったのが、自分で考えながら潜らなきゃいけないというのは、いい経験になりました。
ハウスリーフは10mくらいの浅いあたりをずっとうろちょろしていてもいいのですが、20mくらい行ってみると、浅瀬にはあまりいない生物がいたりしますしね。
次の課題はマクロを探すことです。今回マクロはまったく見つけられませんでした。特に私は遠くで大きいのが動くと、それに気を取られてしまうので、マクロ探しって得意じゃないんですよね。。。
スポンサーサイト



テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

22:21  |   ビヤドゥ  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT   このページの上へ
 | HOME |