FC2ブログ
2009年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2009'01.18 (Sun)

浅草名所七福神ポタ

昨日は、浅草名所七福神ポタに行ってきました。
本当は先週、亀戸七福神+餃子ポタに行こうと思っていたのですが、風邪で断念。
七福神は7日までか15日までというところがほとんどらしいのですが、浅草は今週までやっているとのことなので、浅草名所七福神めぐりをすることにしました。
blog_shichifukujin170109.jpg

七福神は普通は7つなのですが、浅草のは9つあります。
理由はオフィシャルサイトに書いてあるのですが、実はいまいちピンと来ていません。
まあ、なにはともあれ、せっかく9つあるので、9つ回ることにしました。

浅草までの道のりは前回の浅草ポタのときとほぼ同じルート
家→代々木公園→外苑東道→新宿通り→靖国通り→国際通り→浅草
です。帰りは外苑東の代わりに外苑西を通ったのですが、外苑西を通るほうが遠回りのようです。
素直に外苑東を通ったほうが、標高差的にも楽でした。
blog_updown170109.jpg
ただ、昨日は北東の風が吹いていたので、復路より往路のほうがきつかったような気がします。
大したことのない風でも、自転車だと結構くるんですよね。帰りは追い風だったので、ずいぶん楽でした。

ということで、七福神です。
浅草の七福神は、ぐるりと一周して回れるような感じで神社が配置されていたので、隅田川のほうからぐるりと回ることにしました。

まず最初に待乳山聖天に行きます。
ここは財宝、勇気、決断を司る神、毘沙門天がいました。
blog_bishamonten170109.jpg
ここの神社は、中に入って七福神を見せてくれます。
神社の中はなかなか入る機会がないので、ちょっと緊張しましたが、なかなかいい感じ。
ここは中に入ってじっくり毘沙門天を見ることができます。
ここで、ご朱印の色紙を買い、七福神ご朱印を集めることにしました。

隅田川沿いをさらにちょっと上流に行くと、今戸神社があります。
ここは縁結びの神社のようで、さっきの神社に比べると全体に敷居が低い感じがしました。
招き猫発祥の地とのことで、招き猫もたくさん飾ってあり、どことなくファンシーな感じがします。
blog_imatojinja170109.jpg
招き猫も縁結びの神社ということで、2体ずつ置いてありました。
グッズもたくさん売れていました。
ここには、幸運、生活の安定、長寿を司る神、福禄寿がいました。
blog_fukujuin170109.jpg
福禄寿もどことなく癒し系な感じです。
ご朱印はグッズを売っているところでもらうことができます。

さらにずーっと川沿いを上っていき、次の目的地、不動院に行きます。
ここはかなり小さく、お正月時期でもないと見逃しそうな感じがします。
blog_fudouin170108.jpg
ここには、福徳、家庭円満をつかさどる神、布袋尊がいます。
実を言うと、いまいちどこにいるのか、よく分かりませんでしたが、ご朱印はもらいました。
神社の隣に呼び鈴があるので、それで呼び出してご朱印がもらえます。

そして、さらに川沿いをどんどん上っていくと、石浜神社があります。
ここは、場所的に日光がたっぷり当たる明るい感じの神社です。
そして七福神も木彫りでなかなかいい感じです。
blog_ishihamajurousin171208.jpg
この神様は、延命長寿を司る神、寿老神です。
ここは神社の中ではなく、お参りするところの隣にいくつか扉があり、そのひとつに納められています。
ご朱印は、お守りなんかを売っているところで受けられます。

次の移動が一番長く、川から西のほうにどんどん入っていき、妖しい雰囲気が漂ってくると、江戸時代から続く遊女の町、吉原につきます。
そこにポツンと建っているのが吉原神社。
ここの神社もちっちゃめな神社です。
ここにいるのは、知恵、音楽、財福を司る神、弁財天がいます。
blog_benzaiten170109.jpg
かなり小さいのですが、ライトアップされているので、すぐに分かると思います。
遊女の町だからでしょうか。
この神様は、七福神唯一の女性の神です。
ご朱印は神社の中に人がいたので、その人に書いてもらいました。

そして、吉原神社からちょっと行ったところにある鷲神社に向かいます。
ここまで来ると、隣の神社はもう下谷七福神の恵比寿さんだったりするので、間違えないようにご注意ください。
ここは工事中のようでしたが、なんとなく懐かしい感じのする神社でした。
広場があって遊び場になります。こういう神社は結構好きです。
blog_ootorijinja170109.jpg
ここには石浜神社に居た神様と同じ、寿老神がいます。
神社の中にあり、神体の下に紙で書いてあるので分かりやすいです。
ご朱印を受ける場所はたしか専用にあったと思います。

そして、キッチングッズで有名な河童橋商店街をとおり矢先神社に行きます。
実は河童橋、はじめてきたのですが、なかなか面白い。
ここはそのうちゆっくりポタりに来ようかと思います。
この神社に居るのはファンシーな今戸神社と同じ福禄寿です。
blog_fukurokuju171208.jpg
この神社もこじんまりとしていて、静かな神社でした。
ご朱印は呼び鈴で呼び出して書いてもらいました。

そして、また河童橋商店街を通り、浅草寺方面に向かいます。
浅草寺の近くにやってくると、車両通行止めで自転車が入れなかったりなので、隅田川公共自転車置き場(1日100円)に自転車を止め、浅草神社に向かいました。
blog_asakusajinja170108.jpg
ここは浅草寺の隣だけあって、にぎやかです。
ここは漁労、商売の守護神、恵比寿様がいます。
唯一、日本生まれの神様ですが、浅草神社のどこにいるのかちょっと分かりませんでした。
ご朱印はおみくじ売場で巫女さんが書いてくれます。

そして、最後は浅草寺。
相変わらず凄い人です。
ここも、中にいるのではなく、七福神専用のブースがあります。
ここにいるのは、五穀豊穣、出世を司る大黒天です。
blog_daikokuten170109.jpg
飾ってあるのはレプリカでしょうか。
ちょっと趣が。。。
ご朱印も専用ブースがあります。

ご朱印もコンプリートし、七福神めぐりは終了です。
blog_goshuin170109.jpg
墨の部分はすべてその場で書いてくれた手書きですが、上手ですねぇ。
右から回った順番に埋めていってくれます。
1か所1か所もらわなくてもいいように、全部最初から書いてある色紙も売っていましたが、一か所一か所回って書いてもらうのも、なかなか良かったです。

七福神はお正月期間くらいしか御開帳していないところが多いみたいなので、年に1回、七福神めぐりをするのもなかなか面白いかもしれません。
私たちは初めて回りましたが、思ったより時間がかかりました。
サイトには歩いて2時間くらいと書いてありますが、実際は神社でお参りしたり、ご朱印もらったり、ちょっとのんびりしたりなどとしていると、もうちょっと時間がかかります。
自転車で2時間ちょっとかかりました。
浅草には隅田川駐輪場でレンタル自転車もやっているみたいなので、浅草まで自転車を持っていかなくてもポタれます。
ちょっとママチャリでポタるにも、丁度いい距離でしたよ。

七福神めぐりを一通りしたあと、おいもやさんに寄ったのですが、この前はぜんぜんがらがらだったのに、昨日は行列ができていました。
いったい何事?と思ってサイトを見てみたら、テレビに出たみたいですね。
テレビの力恐るべし。
行列ができていたといっても、店員さんの手際がいいので、あっという間に順番がやってきます。
この前きたときはスイートポテトも入っているセットを買ったのですが、今回は大学芋2種類を買うことにしました。
私はスイートポテトはどっちかというとケーキ屋さん系のまったりした味のほうが好み(福岡空港で売ってるやつが一番好きです。)なのですが、ここのは和菓子系のスイートポテトかな。
大学芋は、今回売っていたのは小町とカモテ。どっちも美味しいですが、カモテのほうが好みかな。

大学芋を買った後、ホントはご飯を食べにどこかに入りたかったのですが、やっぱり浅草は良く分かりません。美味しそうなところは結構高いし、観光地値段でいまいちだったらいやだなと思うとなかなか。
浅草に限らず、渋谷や新宿とかでも食べ物屋さんはいっぱいあるけど、なかなか美味しくてリーズナブルなところってあんまりないんですよね。
ということで、マックで軽く食べ、家の近くで食べることに。

家の近くの、お気に入りの居酒屋「宗谷」で夕飯を食べ、相変わらずの美味しい料理にすっかり満足したので、結果的には浅草で我慢して良かったと思いました。

Logは以下の通りです。
時間:2:43'
距離:43.39km
平均速度:15.9km/h
最高速度:32.8km/h
消費カロリー969kcal

パラオを中断してポタ日記書きましたが、パラオ日記もまだ続きます。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

テーマ : 自転車 - ジャンル : 車・バイク

17:49  |   ポタリング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2009'01.10 (Sat)

1年ぶりのMARINE LAKE

3本目は近場のポイントということで、マリンレイクに行きました。

マリンレイクは最大水深が5mくらいしかないポイントなので、去年、中性浮力が微妙だった時期に来た時は浮力がうまくとれなくてかなり苦労して潜ったところです。(ダイビングやっていない方のために解説すると、浅場のほうが水圧変化が激しいため、微妙な浮力調整が要求されるのです。)
今年はさすがに全然苦労しませんでした。というか、マリンレイク、いろいろな魚がいて楽しいですね。
幼魚もいっぱいいました。一応50分ちょっとくらいのダイビングタイムといわれたのですが、50分だと正直なところ、全然足りません。

マリンレイクは一応ガイドさんも一緒に潜っていますが、コース取りはバディ単位で適当に潜ります。さすがにガイド1人につき、10人ひきつれて潜るのもなんなので。(パラオ人のガイドさん、一人用事があると言って帰ってしまっていたのです。)
私たちは去年2本もここで潜っているので、なんとなく去年教えてもらったとおりのコース取りをしました。去年2本も潜ったおかげで、どの辺にどんな魚がいるかもうろ覚えで覚えていたので、魚も探しやすかったです。
今思えば、去年の2本は今年のためにの2本だったような気がします。

まずはセグメンテッドブレニー。
blog_segmentedblenny301208.jpg
去年は教えてもらったけど小さすぎてよく分からなかったお魚です。
カエルウオの仲間でとってもかわいいお魚。エントリしてすぐの岩を探すと何匹か居ます。

マンジュウイシモチの赤ちゃんです。
blog_pajamacardinalfishyg301208.jpg
ピグミーシーホースが居そうな枝ですが、残念ながら居ませんでした。

こっちもなんかの赤ちゃん。
blog_yg1_301208.jpg
ちっちゃくてかわいいです。

これもなんかの子供だと思います。
blog_yg2_301208.jpg
色が綺麗で目立つんですが、目立っていいのか??

ちょっと行ったところのコーラルに、いっぱいマンジュウイシモチがいました。
blog_pajamacardinalfishes301208.jpg
去年もこの辺でガイドさんに教えてもらったのですが、一匹見るのがやっとだったような気が。
こんなにうじゃうじゃ群れていたんですね。
バンガイカーディナルフィッシュとちょっと似た感じですが、こっちのはパジャマカーディナルフィッシュと言い、その名の通り赤い水玉のパジャマを着ています。この赤のドットがトレードマークなのかな。
大きい奴は色がくすんできているようで、若い個体のほうが綺麗でした。

マンダリンフィッシュ
blog_mandarinfish301208.jpg
blog_mandarinfish2_311208.jpg
どっちも上からの写真で、顔が写っていませんが、これも見たかった魚です。
暗いところが好きなようで、トーチで照らすとすぐに隠れてしまいます。
これを見たくてマリンレイクに来たいと思っていたので、居てくれてよかったです。
今度はマンダリンの産卵が見てみたいなぁ。

小さい魚だけではなく、バタフライフィッシュみたいな魚もいます。
blog_butterflyfish301208.jpg
ただ、バタフライフィッシュって種類が多いので、名前も形もとても覚えきれません。
ちょっとずつ調べて覚えていけば、固有種なんかも分かってくるのかな。

その後、またギンガハゼなんかを撮っているうちにあっという間に50分くらいたったので、ボートのほうへ戻ります。
まだExitしている最中の人がいたので、ボートの周りをうろちょろして撮った魚。
blog_marinelakeexit301208.jpg
ウミタケハゼっぽいけど派手ですね。
Exit待ちでこんなのを撮っているうちにあっという間に1時間近くたってました。
浅いのでエアがもう一本行けるくらい残っており、Exit時はタンク重かったです。
ボートなので無理ですが、ビーチポイントだったらちょっと休んで、もう一回残りのタンクで潜りたい感じですね。
ボートにあがったら、ナメクジウオを研究用に採取している先生と同じボートだったのですが、ナメクジウオが豊漁だったそうで、見せてもらいました。
ちっちゃい楊枝のような魚です。泥の中に居るんだそう。隣に止まっていたボート、アクアマジックのガイドさん(マリンダイビングで見た人)も、こんなの居るんだ~と珍しそうに見ていました。

パラオは外も面白いですが、近場はまたがらっと雰囲気が変わってダイビングが単調になりにくいところもいいところですね。
午後はすっかりいい天気になり、またまた大満足な1本でした。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

11:29  |   パラオ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

2009'01.05 (Mon)

かもめ食堂

久しぶりにいい映画を見ました。
年末年始にテレビでやっていたかもめ食堂
録画して見たのですが、この映画、今更かもしれませんがすごくいいです。
ヘルシンキで日本のご飯を出している食堂が満席になるまでのゆるゆるとした話といっちゃえばそれまでなんですが…。
変わらずに、変わっていく。
そんなお話でした。

お話もそんな感じでなかなかいいのですが、映像もよかったです。
ほとんどの舞台は「かもめ食堂」なのですが、その食堂の雰囲気がとてもいい。
水色な感じとか、木の温かみとか、匂いまで感じそうな清々しさがありました。
時折出てくるヘルシンキの夏も清々しい。
何気ない日常を映しているのが、なんかよかったです。

その映像にのっかっている音楽も心地よく、実は最初、映画を見ながらうとうとと眠りこんでしまいました。
気持ちよく眠れました。でも、それでもいいのです。
もう一回見ればいいだけの話なので。

最後まで見てみると、生きているってこういうことなのかも、となんとなく思わせるような、見終わったあと、清々しさを感じさせる映画でした。

いきなり普段書かないような映画のトピックを書いちゃいましたが、どうしても書かずにはいられないような映画だったので。

パラオのダイビング編はまだまだ続きます。

テーマ : TVで見た映画 - ジャンル : 映画

22:10  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2009'01.04 (Sun)

BLUE CORNER でヘルフリッチ

2本目は、ブルーホールに行きたい人とはブルーホールからブルーコーナーへ流すことに。
ブルーコーナー三昧したい人は、もう一度ブルーコーナー三昧することにしました。
私たちはもちろんブルーコーナー三昧組です。だいたい1/3の人たちがホールへ、残りは全員コーナーへ行きました。

朝ガイドのTakaさんに、「見たい魚はありますか?」と聞かれたので、マリンダイビングの付録でアケボノハゼの隣にいたヘルフリッチとやらを一度見てみたかったので、「ヘルフリッチ」とリクエストしておきました。
ということで、今回はマクロの穴に行ってくれるそうです\(^o^)/

今回は上げ潮で潜ります。エントリーポイントが各チームばらばらなので、今回はブイを取らずに、ガイドと一緒に一斉に潜降します。ブルーコーナーは透明度抜群なので、一斉潜降もストレスにならなくて済むのでいいですね。
一気にマクロの穴に向かいます。

マクロの穴に行くと、いました、いました。ヘルフリッチちゃん
居たのですが、深くて暗いので、ビヤドゥのアケボノ同様、あんまり上手に撮れません。
手持ちのライトをあてて撮ってみたものの、こんな感じです。
blog_herfu2_301208.jpg
いまいちよく分からないですね。。。後ろ向いちゃってるし。
アケボノもいたのですが、こちらは撮る前に逃げてしまいました。図鑑にもシャイな魚と書いてあったしね。。
DECOが出る3分前まで粘ったのですが、これが限界です。
マクロな写真はもう少し修行が必要そうです。

徐々に浮上していたら、ギンガメが綺麗に渦巻いています。
blog_gingame301208.jpg
どんどん潮があげてきているらしく、魚がぐっちゃり集まってきているようです。

トロピカルなお魚も棚の壁にたくさんいました。
blog_tropical301208.jpg
マクロの穴から棚の上に浮上していくところも魚がたくさんいて、それだけでも楽しいですね。

棚の上にあがって、またカレントフックを使って魚を見ます。
目の前が魚の群れ、群れ、群れだらけです。
blog_mure301208.jpg
ギンガメやマダラタルミがぐるぐる渦を巻いています。

目の前がマダラタルミの壁になります。
blog_fishwall301208.jpg

すごい、素晴らしい、さすがブルーコーナー、やっぱりいいです!
しばらくこの魚の群れを堪能して、次に進みます。

しぶ~いロウニンアジもいました。
blog_rouninaji301208.jpg

コーナーを曲がると、今度はこっちにオオメカマスが群れていました。
blog_oomekamasu301208.jpg
名前通り、目がまんまるで大きいです。

で、ちょっとするとブラックフィンバラクーダが。
blog_blackfinbarracuda2_301208.jpg
受け口具合がかわいいです。

私は今回のダイビングでは無減圧ぎりぎり3分前くらいをキープしていたのですが、アッカ君はDECOが出てしまったらしく、減圧停止をします。
私のエクステンダーは多少浅くても、同じ深度にずっといるとDECOが出やすいのですが、アッカ君のモスキートは深いところに行くとDECOが出やすいようです。コンピューターによって計算方法がちょっと違うみたいですね。

減圧停止中も、バラクーダがぐるぐる回っています。ホントにブルーコーナーは楽しいです。
アッカ君の減圧停止後、浮上して2本目も終了。

また無人島に行ってお弁当を食べます。焼き肉弁当だったのですが、すっかり写真を撮り忘れてしまいました。
その代り、無人島の写真です。天気がいまいちなんですが。。。
blog_mujintou301208.jpg
今回のダイビング旅行は、天気はいまいちでした。
太陽も出ることは出るのですが、いまいち安定しないというか。一応乾季なはずなんですが、今年は雨期が始まるの遅かったらしく、まだちょっと雨期っぽい天気が残ってしまっているんだそうです。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

12:52  |   パラオ  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT   このページの上へ

2009'01.04 (Sun)

BLUE CORNER 初カレントフック

2日目の1本目はブルーコーナーでした。
実は昨日からみんな(私もだけど)ブルーコーナー、ブルーコーナーだったので、全員一致でブルーコーナーにポイント決定です。
今日のガイドはチーフガイドのTakaさんでした。

前回行ったときは、ブルーコーナーに行ったとはいえ、ほとんど棚の上にいたので、今回初めてカレントフックを使いました。
1本目はブイと取れたので、ブイ下で集合します。
潜ったとたん、青い、ホントに青くて綺麗です。透明度もさすがブルーコーナー抜群にいいです。

1本目は下げ潮で入ったので、シルバーチップが早速がやってきます。
blog_silvertip301208.jpg<span style=文字色" border="0" />
いや~、透明度がいいのでホントに綺麗ですね。
シルバーチップもかっこよく見えます。下げ潮で入ると、いきなりサメだらけでわくわくしてしまいます。
前回来た時はここからあっという間に棚にあがって棚の上にずっといたのですが、今回はこのサメ見放題のところでカレントフックを使います。

初めてのカレントフック。これ、ホントに楽ですねぇ。
クルコンはカレントフック無料貸し出しなのですが、このカレントフック、後からベテランさんに聞くところによると、相当こだわりのあるカレントフックだそうです。
普通のカレントフックより、かけやすくて、ロープの太さ加減も絶妙らしい。(私はクルコンのカレントフック以外使ったことがないので、これが普通なんだと思っていましたが。。)
社長のこだわりで、車の部品メーカーに特注して作っているんだそうです。
かけやすいけど、BCが壊れないように、フックの部分も工夫しているらしい。
そんなにこだわりのカレントフックなら欲しいなと思ったのですが、増産できないらしく、今のところ非売品だそうです。
商品化されたら、ぜひ買いたいと思いました。というか、今年のクリパかカウントダウンの商品にしてください

グレイリーフがぐるぐる回っていました。結構たくさんいます。
blog_grayreefsharks301208.jpg

目が合ってしまって、ちょっとドッキリ。
blog_grayreefshark301208.jpg
グレイリーフシャークは今までも何度か見ていますが、ここまでばっちり見たのは初めてです。
しばらくここでシャークを見ていたので、かなり大迫力でした。

しばらく見た後、海のほうに出て行ったら、ヨコシマサワラ(たぶん…)が出てきました。
blog_yokoshimasawara291208.jpg
なかなかこちらもカッコいいですね。

おなじみの大きなナポレオンも。
blog_napleon301208.jpg

ブルーコーナーでは普通にナポレオンとシャークの2ショットなんかも撮れます。
blog_sharkandnapo301208.jpg

そろそろ安全停止と浮上を始めたら、パラパラとブラックフィンバラクーダやオオメカマスが出てきました。
blog_barracuda1_301208.jpg
最初パラパラだたのですが、だんだんたくさんのバラクーダがやってきました。
blog_barracuda2_301208.jpg
実はバラクーダはパラオで以外、あんまり群れで見たことがないので、これを見るとパラオだ~と思います。

こんな感じで、ブルーコーナー1発目から満足満足のダイビングでした。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

12:33  |   パラオ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ
PREV  | HOME |  NEXT