FC2ブログ
2009年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2009'05.20 (Wed)

タオで見た魚たち -いろいろな魚たち編-

だんだんネタが尽きてきてしまいました。
ということで、第5弾は今までのカテゴリーに入らなかったいろいろな魚たちを紹介します。

まずは
blog_ハシナガチョウチョウウオ030509
ハシナガチョウチョウウオ(@セイルロック)

初めて見たチョウチョウウオだと思ったら、前にタオに来た時のログブックを見たら、見ていたようです。
日本ではレアと書いてありましたが、私が行ったところでは日本以外でもあんまり見なかったような気がします。
でもタオでは常連。特にジンベエを見てない時のセイルロックでは100%見れたような気がします。
必ず2匹ペアでいて、くるくる回ったりしていて可愛いかった。
顔はシュッとしていて美人さんですね。

blog_ワヌケヤッコ030509
ワヌケヤッコ(@セイルロック)

これは特に珍しい魚じゃないと思いますが、ダイビングを始めてすぐに覚えた魚
模様が綺麗で大きい魚なので、すぐに印象に残りました。
前にタオに来た時のログブックを見ると、ワヌケヤッコ(10万円)と書いてあったのですが、いったいどういう意味なんだろう。。。

blog_ツキチョウチョウウオとクラタケチョウチョウウオのハイブリッド060509
ツキチョウチョウウオとクラタケチョウチョウウオのハイブリッド(@シャークアイランド)

ハイブリッドのチョウチョウウオも見ました。
正直言って、チョウチョウウオは種類が余りにも多すぎていまいちよく分からないのですが、確かに一緒に群れていたほかのチョウチョウウオとは微妙に違っています。
でも全然気付かなかったです。
タオのガイドさんは魚に詳しい人が多いですね。

blog_ツキチョウチョウウオの群れ060509
ツキチョウチョウウオの群れ(@シャークアイランド)

これが純粋なツキチョウチョウウオです。
カスミチョウチョウウオ以外のチョウチョウウオの群れはあまり見たことが無かったのですが、タオはツキチョウチョウウオが偶に群れで出てきます。
セイルロックでもツキチョウチョウウオが群れていたことがありましたが、シャークアイランドのほうが浅いということもあって、写真はこっちの方が撮りやすかったかな。

blog_アツクチスズメダイ030509
アツクチスズメダイ(@ジャパニーズガーデン)

名前の通り唇が厚口で、本当は真正面から撮りたい魚なんだけど、エダサンゴの中を泳ぎまくるので、正面からはよっぽど狙わないと無理っぽい。
個人的には、こういう個性的な顔の魚、大好きです。

blog_ツバメウオ070509
ツバメウオ(@セイルロック)

前回は群れの写真を載せましたが、なんか影見たいにしか写っていないので、今度はアップの写真を。
ツバメウオは私が行くようなダイビングスポットは割とよく見かけるし、割と地味な魚ではあるのですが、なぜか割と好きな魚です。
このちょっととぼけた感じの顔がいいのかな。

blog_アカオビハナダイ050509
アカオビハナダイ(@セイルロック)

アカオビハナダイはタオでは割と見かけるような気がします。
割とちょろちょろするので、綺麗に全体像がなかなか撮れない。
名前のとおり赤い帯が体の真ん中に入っていて、そこから後ろが黄色くて、綺麗な魚なんですけどね。
今度タオに行く機会があったら、ブラックコーラル越しのアカオビハナダイなんかを撮ってみたいと思いました。
でも前に来た時は、ログブックによると肉眼で確認することもできなかったので、写真に撮れるようになっただけ、だいぶダイビングが上達したってことかな。
まあ、あれから100本もぐったから、うまくならなきゃ困るんですが。。。

もうネタが無いので、次はいよいよジンベエ編です。
もったいぶったわけじゃないけど、ジンベエの写真はいっぱいあるから、どれをアップするか探すのが大変そうだなぁ。。こうやって書くと、まるで厭味のようですが。。。

↓ブログ村ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

21:26  |   タオ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2009'05.19 (Tue)

タオで見た魚たち -群れ編-

なんかマクロばっかりになってきてしまったので、たまにはワイドな写真も。
ということで、今日は群れ編です。

群れと言えば、やはりこれ
blog_ホソヒラアジとキンセンフエダイの群れ030509
ホソヒラアジとキンセンフエダイの群れ(@サウスウエスト)

ホソヒラアジの後ろにダイバーが居るはずなのですが、見えないくらいにぎっしりです。
下をものすごい量のキンセンが泳いでいます。
ブラックコーラルが小さく見えるくらい。

別の日にもサウスに行ってますが、その時もこんな感じで
blog_ダイバーとホソヒラアジの群れ060509
ぎっしりです。
ガイドさんは今年はサウスのキンセンが少ないような気がすると言ってましたが、なんのなんの。
写真を見ると、こんな勢いで群れていました。
サウスは底の砂のせいなのか、ほかの外洋より海の色が水色な感じで、いつも明るくて癒し系の海です。
そんな癒し系の海に、魚がぎっしりと詰まっている感じです。

セイルではキンセンではなく
blog_クロホシフエダイの群れ030509
クロホシフエダイの群れ(@セイルロック)
クロホシのほうです。サウスのキンセンほどではないですが、こっちも結構な数が群れていました。

最初に行ったチュンポンは、ほとんど写真が無いくらいがっかりな感じだったのですが、2回目以降はこんな感じでたくさんの魚が群れていました。
blog_シェベロンバラクーダの群れ080509
シェベロンバラクーダの群れ(@チュンポンピナクル)
ほかにも、この日はオニアジなんかも群れていたのですが、オニアジは寄りきれてなくて、写真がいまいちでした。残念。

最終日は、こんな感じで
blog_イエローバンドフュージラーとジンベエ待ちのダイバー
イエローバンドフュージラーの群れ(@チュンポンピナクル)

だけではなく、奥にたくさんのダイバーが漂ってます。
そう、居るのは分かっているんだけど、なかなか姿を現してくれないジンベエ様をみんなで待ってたんです。

それと、セイルロックでは
blog_ツバメウオの群れ
ツバメウオの群れ(@セイルロック)

初めてこんなにツバメウオが群れているのを見ました。
ブリーフィングで「ツバメウオが群れているかもしれません。」と聞くことがありますが、いままで群れてると言っても、両手で足りるくらいという感じしか見たことがなかったので、ツバメウオってこんなに群れるんだ~と感動しました。
これもジンベエ様待ちのときです。
こんなにすごいのに、みんな目がジンベエ様になっているので、ツバメウオの大群が現れても静かなもんでした。

セイルではほかにも
blog_タイワンカマスの群れ
タイワンカマスの群れや

blog_群れ030509
何の魚かよく分からないけど、ものすごい群れを作っていました。

タオの海は確かに魚の種類は少ないですが、ホントに大きな群れを作るのでダイナミックに感じました。
透明度が悪いのですが、こんなに大きな群れなので、相当近寄っても群れがそう簡単にはバラケません。
タオで群れを撮りたいときは、ワイドレンズがかなりお役立ちでした。

群れじゃないけど、セイルの地形を最後に
blog_チムニー
チムニーです。
ガイドのタケシさんがよく、「チムニー越しのジンベエを撮るといい」と言ってましたが、うーん、なかなか難しそうですね。
そういえば今月号のマリンダイビングにタケシさんのギンガメ越しのジンベエが載っていました。
さすがに素晴らしい写真でした。

↓ブログ村ランキングに参加しています。よろしければボチッとお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

21:03  |   タオ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2009'05.18 (Mon)

タオで見た魚たち -エビ、ウミウシ編-

私は密かにエビが好き。
特に透明なエビを海で見ると、撮影意欲がわきます。
あの透明な小さいのが動いているというのが、なんとも面白いというか。。。
でも、なかなかうまく撮れないんですよね。見つけられないし。

タオでもたくさんエビを見てきました。
まずは透明なエビから
blog_カクレエビ030509
ん?なんだろう。
と思ったら、

blog_アカスジカクレエビ030509
アカスジカクレエビ(@ジャパニーズガーデン)
のようでした。ピントが合っていませんが、2枚目の写真には赤い筋がちゃんと見えています。
こんなの伊豆でも見られるじゃんと言われればそれまでですが、透明なエビってなんか綺麗なんですよねぇ。
同じエビでもオルトマンワラエビはクモみたいであんまり好きじゃない。。。

同じ場所には、こんなのもいました。
blog_イボイソバナガニ030509
イボイソバナガニ(@ジャパニーズガーデン)
なんか昆虫みたいですね。
なんかとってもプリミティブな感じの形をしています。

タオ島にはもうちょっと珍しいゴルゴニアンシュリンプがたくさんいました。

blog_ゴルゴニアンシュリンプ050509
ゴルゴニアンシュリンプ紫バージョン(@シャークアイランド)
マリンスノーが凄いですね。

blog_ゴルゴニアンシュリンプ2匹050509
2匹ついているヤギもありました。
マリンスノーを避けようと思ってフラッシュを焚かなかったら、今度は色が出てないですね。。。

blog_ゴルゴニアンシュリンプ青050509
こっちは青バージョン

全部シャークアイランドで撮った写真ですが、ほかの場所にもいっぱい居ました。

ついでにウミウシも見たので、ウミウシも
ウミウシは特別好きというわけではないのですが、動かないので撮りやすいので、ついつい撮ってしまいます。

豆大福はいっぱい落ちていました。
blog_ブチウミウシの親子050509
ブチウミウシ(@シャークアイランド)

親子?の大福ちゃん。ウミウシってこんなに大きく育つんですねぇ。

blog_ヒブサウミウシ060509
ヒブサウミウシ(@Hin Pin Wee)

ミノムシみたいです。

↓ブログ村ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

21:10  |   タオ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2009'05.17 (Sun)

タオで見た魚たち -クマノミ編-

今日はクマノミ編です。
といっても、タオで見たクマノミはハナビラクマノミトウアカクマノミだけなので、写真少なめです。

タオに来たら絶対見たかったのがこれ
blog_トウアカクマノミ010509
トウアカクマノミ(@サイリービーチ)

口を開いて威嚇しているつもりでしょうか。
トウアカクマノミは、クマノミの中では結構大きいほうのクマノミですね。

前にタオに来た時は、Twinsで石のサークルに囲まれたのを見たのですが、遠かったので、今回はもうちょっと近くで見れるといいなぁと思っていました。
本当はサイリーでハッチアウトを見たかったのですが、この時期は水温が一番高い時期らしく、あまりハッチアウトしそうな個体がないとのことで、今回は残念ながら見られず。
そもそもGWみたいな超混雑時は、ガイドも普通のガイドで手いっぱいで、トウアカを観察してる場合じゃなさそうです。そういうこともあってハッチアウトを見たければ、もうちょっと空いている時期を狙ったほうがよさそうに思いました。
といっても、2泊3日で行けるような場所じゃないので、なかなか難しいのですが。
混雑時でも前半に行けば、混む前の観察で確認できているハッチアウトが見られるかもしれませんね。
私たちが行った時も、私たちが到着した前日にハッチアウトをやったそうです。

次はこれ
blog_ハナビラクマノミ040509
チュンポンのハナビラクマノミ城
と言う割に、あんまり居ませんね。
どうも、この日はまだチュンポンの状態が悪かったということもあって、クマノミも全体に引っ込みがちでした。
次に行ったときは、目がジンベエだったので、クマノミなんて撮ってないし。
ということで、少なめですが、一応チュンポンのハナビラクマノミです。
この日は外部フラッシュを付けていたので炊いてみたのですが、光が強すぎな気が。。
初外部フラッシュだったので、いまいち使い方もよく分からず、光を弱めるつもりが逆に強めていたみたいで、ますます強くなっていたようです。

blog_ハナビラクマノミのマロ040509
同じような場所に居た、眉毛付きのマロ体。

ハナビラって偶にマロになるみたいですね。
うっすら眉毛のハナビラクマノミです。

blog_ハナビラクマノミ060509
こっちはHin Pin Wee のハナビラクマノミ。
内臓フラッシュです。
やっぱり内臓だと、外部フラッシュほどは色が出ませんね。
でも、浅かったのと、この日は天気も透明度も比較的良かったので、内臓の割には色が出たと思います。

↓ブログ村ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

18:22  |   タオ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2009'05.16 (Sat)

タオで見た魚たち -ハゼ編-

今週末は、GWの疲れをとりつつ、タオで見た魚の写真を整理をしています。
ビヤドゥのときのようにポイントごとに分けようかとも思ったのですが、それだけセイルのジンベエちゃんだらけになりそうなので、魚の大雑把な種類別にアップして行こうかと思います。

で、最初はあれだけジンベエを見たんだからジンベエだろう。
と思うかもしれませんが、すでに速報でジンベエはアップしているので、写真の整理をしていて楽しいハゼ編から行こうかと思います。

行く前は、ジンベエなんてそうそう出るもんじゃないから、ハゼを取る気満々で行ったのですが、蓋をあけてみたら、あんまりハゼポイントは行ってないようで、黄色いギンガハゼが、試し撮り見たいにとったサイリービーチでの汚い写真しかなかったりするのですが、そこはハゼ天国のタオ。
それなりに頑張れば見せられる写真がいくつかあったので、ご覧ください。

一番お気に入りのハゼはこれ。
blog_メタリックシュリンプゴビー030509
メタリックシュリンプゴビー(@ジャパニーズガーデン)

このハゼ、タオからのアップでも書いたのですが、コンデジ内臓フラッシュ(しかも反射板がちっちゃいやつなので、左側しか光が回ってない。。。)でも、色が出るくらい寄らせてくれます。
しかも、肉眼で見た時はこんなに綺麗だと思ってなかったのですが、大きくしてみるととっても綺麗。
小さ目の生物の楽しみは、家に帰って大きくして改めて眺めて見ると、思ったより綺麗だったりするところですね。

次はこれ
blog_フタホシタカノハハゼ050509
フタホシタカノハハゼ(@シャークアイランド)

これ、引っこんでいたハゼが出てきてくれたのですが、
えっと、どなたですか?
みたいな顔をして、ポカンと口をあけている表情が可愛い!
ひげを生やしているみたいにフサフサしたヒレも綺麗ですね。

あとは、ガイドさんがたぶんDECOを出してまで底を泳いで見つけてくれたこれ
blog_ハゴロモハゼ060509
ハゴロモハゼ(@Hin Pee Wee)

これは28Mくらいの泥地にいたハゼで、はっきり言って自分ではたぶん見つけられません。
大きさはメタリックと同じくらいなんですが、泥と同じ色、泥を自分のヒレで巻き上げています。
そのヒレがハゴロモみたいで綺麗なハゼです。
かなり粘って撮ったのですが、これが一番まともな写真です。
シュッとしたヒレが綺麗。

隣にはニュウドウダテハゼも居たのですが、ハゴロモを粘ったせいで、ほとんど時間が残っていない状態で撮ったので、ブレブレで全然撮れていませんでした。

あとは、結構いっぱいいるので雑魚扱いですがこれ。
blog_ギンガハゼ黒030509
ギンガハゼ黒バージョン(@ジャパニーズガーデン)

黄色いバージョンが目につきやすいので、ついつい黄色バージョンを写真に撮ってしまうのですが、ブリーフィングで黒のほうが綺麗という話を聞いたので、黒を撮ってみました。
これも肉眼で見ると、地味な感じの魚だったと思っていたのですが、写真で撮るとヒレの青がこんなに綺麗だったんですね。
改めて写真で見ると、銀河という名前がつくのが納得できます。
今度は肉眼でももうちょっとよく観察してみようと思います。

あとはさらにいっぱいいるので、どこに行っても雑魚扱いですが、これ
blog_レッドマージンシュリンプゴビー030509
レッドマージンシュリンプゴビー(@ジャパニーズガーデン)

これはたぶんダイビングをして初めてちゃんと見たハゼです。
前回タオに来た時、Twinsでこれがたくさんいて、感動したのを覚えています。
始めたばっかのころは、レッドマージンでもすごーいと思ったものです。
あのころは、カメラも持たず、レッドマージンをひたすら観察してたんだよな~。
レッドマージンの中にギンガハゼを見つけただけですごくうれしかったのです。つい1年半前くらいまでは。
雑魚扱いのハゼですが、写真で改めてみると結構綺麗なハゼですね。

タオはハゼ天国と言われるほどハゼが多いポイントがたくさんあるようです。
2枚目のフタホシだけは外部フラッシュを私のカメラに付けていたときなので、使ってみたのですが、やっぱり綺麗に光が回ってますね。
外部フラッシュは、なかなか当てたいところに当てるのが難しかったりするのですが、もうちょっと練習して使いこなせるようになると、もっと綺麗な写真が撮れるかもと思いました。

↓ブログ村ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

16:23  |   タオ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ
PREV  | HOME |  NEXT