FC2ブログ
2009年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2009'07.20 (Mon)

黄金崎ビーチでマクロ三昧

連休初日の土曜日は黄金崎ビーチにダイビングに行ってきました。
せっかくの連休に何も予定が入っていないことにアッカ君が耐えられなくなり、
急きょ2週連続のダイビングです。

今回はいつも使っているサザナミマリンさんはお泊まりツアーということもあり、
アッカ君も、なんとなく伊豆までの運転に慣れてきたようだし、
現地サービスを使うことにしました。

2週連続の伊豆ですが、今回は連休ということもあり、サービスから
5時には用賀を通過することをお勧めしますと言われています。
ということで4時半(ちょい過ぎてしまいましたが。。)起きしました。

うちは用賀というか、東名の東京インターから割と近くに住んでいるのですが、
さすがに5時に乗るのは無理でしたが、5時半前には高速に乗ります。

確かにこんな時間なのに、車がたくさんいました。
車が多いとはいえ、さすがに6時前は渋滞もなく、順調に進みます。

途中、御殿場あたりでラジオから、大和トンネル付近で4キロの渋滞と流れてきて、
大和トンネルってどこだっけ?と焦っていたのですが、
どうやら既に通り過ぎた地点のようです。

6時過ぎに家を出るのと、6時前に家を出るのでは、この辺に違いが出るのかもしれません。
8時の予想は大和トンネル20キロ以上と言っていました。
やはり夏の東名は混みますね。

かなり順調に沼津インターに着き、そこからはサービスが書いている道順の通りに
現地へ向かいます。
道順はwebにかなり丁寧に書かれているので、そんなに難しくはなかったです。

8時くらいに、現地近くに着いたので、最後のコンビニと書かれていた
セブンに寄ったのですが、セブンにもダイコンをしているらしき人が結構いました。

しかし、セブンの弁当/おにぎりコーナーはこんな早朝にもかかわらず、
ほとんど何も残っていない!
ということで、ちょっと道を引き返して、サークルKだったかな、そんな感じのコンビニで
入荷したばかりのおにぎりセットとシャケ弁当とカップみそ汁を買って、現地へGO!です。

8時半くらいに研修センターの駐車場に着き、電話をして迎えに来てもらいます。
ETAは9時半と書いていたので、1時間近くも早く着いてしまいましたが、
ちゃんと迎えに来てくれました。

車に器材などを積んで、ビーチの施設に向かいます。
施設でエントリーカードにいろいろ記述しながら、一緒に潜る予定のお客さんを待ちます。

なんやかんやと準備をして、11時ちょい前に1本目エントリーしました。
この前の稲取も1本目は11時ちょい前だったので、遠いポイントは電車で来る
お客さんも時間がかかるということもあり、11時くらいエントリーになってしまうようです。
(早めに潜って帰りたいとあらかじめ言っておけば、早目に時間を組んでくれるかもしれませんが。)

1本目は潜降ブイがあるほうのエントリーから入りました。
そこからまっすぐ北の方に向かっていくとアオリイカの産卵床があります。
残念ながらまたしても水温が低いということもあり、アオリイカは居なかったのですが、
なんと、産卵床の下にカミソリウオが隠れていました。
blog_カミソリウオ180709
いや~いきなりビックリです。
黄金崎ビーチ、これだから油断はできません。
ついつい、夢中になって写真を撮ってしまいますが、独り占めするわけにはいかないので、
適当なところで、次の人に変わります。

blog_アオリイカの卵180709
アオリイカの卵は、こんな感じで木の実がたわわになっているように
たくさん産み付けられていました。

オープン取り立ての1ケタダイバーだった時に、ここ黄金崎で、
たくさんのアオリイカが卵を産み付けるシーンを見たのですが、
あれ以来、なかなかアオリイカの産卵シーンに出くわしません。

ここから、さらに北西へ進路をとった岩のところには、
blog_マスダオコゼ180709
マスダオコゼと、その奥になんか違う種類のオコゼが居ました。
マスダオコゼ、隠れ気味で写真に撮りずらかったのですが、めっちゃ可愛い!
このぷっくり具合がたまりません。

そのご、マゴチを砂場で見たのですが、写真を撮る前に逃げられてしまいました(涙)。

で、西に進んだところの岩には、
blog_オランウータンクラブ180709
オランウータンクラブが居ました。
毛がふわっと生えていて、どこかクモっぽいクモガニの仲間です。
でも、海の中だと、どことなく可愛い気がしてきます。
特に、甲殻類好きの私としては。

それにしても、この辺でめちゃめちゃ寒くなってきました。
この日の水温も15℃くらいしかありません。
いくらなんでも7月だというのに、今年の海はどうしちゃったのでしょうか。。

オランウータンクラブを見て、すっかり満足した私は写真に撮っていないのですが、
帰り道、ヤマドリが居ました。
私はライトだけ照らしてあげて、アッカ君に写真を撮ってもらいます。
blog_ヤマドリ180709
ちょうど、ぶわっと羽を広げてくれました。

これもアッカ君にもらった写真です。
blog_ワカヨウジ180709
一見、ただのロープのように見えますが、写真下の方を見ると、
ちゃんと目も口もあります。
辞典で調べると、ワカヨウジかなと思います。

そして、寒さに震えながらもExit。

ここは、手すりがしっかりあり、ゴロタも小さめなので、フィンを履いたまま
出入りできます。
ということで、みなさんはフィンを脱いで上がるのですが、私はブーツがないので、
フィンを履いたままExitしました。
出入りは非常にしやすい海です。

とにかく、足がしびれるほどに寒いので、タンク交換だけして、温泉へ直行します。
伊豆のダイビングは、寒くても温泉が必ずと言っていいほどあるので助かります。

粘って撮る被写体が多いので、写真少なめでしたが、かなり充実した1本でした。
2本目に続きます。

↓ブログ村ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

18:55  |   伊豆ダイビング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2009'07.19 (Sun)

一二三@松陰神社

今日は土用の丑の日だそうで、うなぎを食べる日です。
ということで、今日はうなぎを食べに行こう!ということで、
近所で割と評判のうなぎ屋、一二三さんに予約の電話を入れたところ、
今日はお店はいっぱいですが、持ち帰りか出前ならOKとのこと。

出前でもよかったのですが、季節がら混んでることだし、
散歩がてらに6:30に取りに行くことにしました。

お店は路地裏に、ひっそりとただずんでいます。
blog_一二三店の前190709

門を入ると、左に母屋、右に離れと、大きな作りです。
離れは1階、母屋は2階が食べるところになっているようです。
blog_一二三店離れ190709
写真は離れの玄関です。

母屋の玄関はかなり大きく、玄関を入るとおそらく一間廊下ってやつがあります。
昔ながらの日本家屋ですが、廊下にこんなに面積を取る作りは、かなり珍しいと思いました。
建築好きでしたら、こういう昔ながらの家を見るだけでも一見の価値ありと思います。

古民家を使ったカフェなんかは、この前のドーナツ屋さんのように、
最近多いと思うのですが、やはり無駄ないようにリノベーションしていることもあり、
こういう、古い日本家屋がそのままに残っているところって、意外と少ないんですよね。

なんかうなぎの話とずれてしまいましたが、ちょっと早目に行ったので、
庭をうろちょろしながら待っていたら、続々と予約のお客さんが現れました。
予約なしの方は、もううなぎが終わっちゃいましたと断られていた。

お持ち帰りでも、予約をしておかないとだめっぽいです。
というか、うなぎは焼きに時間がかかるので、予約は必須と思います。

ほぼ6時半ピッタリに焼きあがりました。
肝吸いも買いたかったのですが、肝吸いを買うなら、
ポットか何かを持ってこないと入れ物が無いそうで、次からはポットを持ってこようと思いました。

綺麗な夕焼けを見ながら、家路に急ぎます。
夏の夕方って、なんかいいです。

blog_うなぎ梅190709
こんな感じでうな重で売っています。
買ったうな重は梅で、2,300円也。

blog_うな重190709
味は美味しいです。
うなぎはどうしても値段相応なところがあると思いますが、
割とコストパフォーマンスがいいのではないかと思います。

焼きはふんわりとした、いわゆる関東風の焼きで、
結構丁寧に焼かれているように思いました。

たれは、しょっぱすぎず、甘すぎずと、なかなかのお味です。

今度はもうちょっと上のランクのうな重を頼んでみようかと思いました。

↓ブログ村ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

テーマ : 美味しかった♪ - ジャンル : グルメ

20:33  |   外でご飯  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2009'07.13 (Mon)

2本目は志津摩 でも水温は15℃

最初は2本とも藤三ビーチと言われていたので、ちょっとがっかりだったのですが、
少しずつコンディションも良くなってきているようで、
2本目は志津摩ビーチを潜ることになりました。

こっちはスロープになっていそうなので、エントリーしやすいかなと思ったのですが、
コンディションが悪いため、ざぶざぶなのと、干潮の時間が重なったため、
やはり、ゴロタを頑張って越えて入ります。

ブイに向かって潜降し、そこからちょっと進むと白い砂地が広がっています。
砂地が白いので、見上げると上が綺麗にみえます。
寒くなければ最高なんですけどね。。
blog_タカベ110709
久しぶりにタカベを見たような気がします。
秋から冬までは、この魚、もういいよというほどいっぱい群れているのですが、
久しぶりに見ると、なんか新鮮に感じます。

稲取では、タカベは通年見られるそうです。
そういえば神子元に冬に行った時も、群れてたので、南伊豆では常連さんなのかも。

blog_ネンブツダイマウスブリーディング110709
岩場には口が膨らんでいるネンブツダイがいました。
口内保育の季節がやってきたんですね。この日はとても寒かったですが。。

私のカメラは白がとっても苦手で、白い個体を撮ろうとすると
必ず、隣の被写体にピントを合わせてしまいます。
blog_ガーベラウミウシ110709
ということで、ピントが隣の赤い枝に合っていますが、
たぶん、ガーベラウミウシがいました。

それにしてもピントが全然合ってませんね。
確かにうねりがきつかったこともあるのですが、白いせいでもあると思うんですよね。
白い被写体を綺麗に撮るコツなんてあるのでしょうか。。

そして、砂地には
blog_ネコザメドアップ110709
またネコちゃんがいました。

ネコザメは岩場に隠れていることが多いような気がするのですが、
このネコザメは堂々と白い砂地に横たわっていました。
大きさは1.5メーターくらいかな。

横にはヒラメの子供が
blog_ヒラメの子供110709
どこにいるか分かりますかね?
ヒラメって隠れ上手なんですよね。写真の真ん中あたりにいます。

そして、もうちょっと泳いでいくと漁礁が見えてきます。
blog_漁礁110709
残念ながら漁礁にはネンブツダイくらいしか群れていませんでしたが、
漁礁の中に、なにか大きな魚のヒレが見えたりしたので、ゆっくり見て回れば
何か面白いものがいるかもしれません。

が、寒い、寒すぎます。
時折温かい水が入ってくるのを感じるのですが、基本冷たいので1周して帰ることに。

blog_サビハゼ110709
漁礁の下には、サビハゼがたくさんいました。

志津摩ビーチは、基本的に南北にガイドロープが張ってあり、
割と簡単な地形をしています。
ということで、寒いので先頭を切って帰ります。

泳いでいたら、いきなり此奴と目が合ってビックリ。
blog_カサゴ110709
食べても美味しいカサゴです。
ギョロッとした目に、分厚い唇がたまりません。
寒さに負けず、頑張ってシャッターを切りました。

伊豆では本当によく見るタカノハダイ
blog_タカノハダイ110709
よく見るんですが、写真が後ろ姿ばっかだったのですが、
寒かったので、こいつもちょっとのんびり泳いでいました。

帰りは砂地が雲海のように煙っていました。
ある意味幻想的と思いつつも、これで濁る前にと帰りを急ぎます。

寒すぎて足がつり気味だったこともあり、
イグジットもちょっと苦労したのですが、なんとか上がって
器材をばらしてお風呂に直行します。

お風呂のお湯が温かくて気持ちいい~。
しかし、あんまり寒いので足がしばらくしびれていました。

この後潜った人の話によると、午後は水温が18℃まで回復したそうです。
その代り透明度が3メートルくらいにガタ落ちしたらしい。
あの雲海のような砂が撒きあがった時に、潮が変わったようですね。

午後潜った人は、寒くても透明度がいいほうがよかったと言ってました。
確かに私たちは早目に潜ってラッキーだったかも。
ホントに寒かったですが。。

稲取は、遠くまで来た割には、特別珍しい魚がいるわけでもなく、
魚が多いわけでもないのですが、(前日荒れて水温がガタ落ちしたせいかもしれませんが。。)
伊豆らしい魚がいて、人が少なく、のんびりと潜れてなかなか良かったです。

ここはセルフダイビングも積極的にやっているらしく、
セルフだったら、直前に行ってもタンクだけ準備しておくので、
ぜひ今度はセルフで遊びに来てくださいとのこと。

確かに初めてセルフをしたときは、深度管理なんかが難しいなと思ったりもしたのですが、
ここは、ずーっと浅いので、潮と残圧だけ気にしていればよさそう。

ビーチでセルフはやっぱりガイド付きより全然安く潜れるので、
今度はセルフで潜りに来ようかなと思いました。

↓ブログ村ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

21:08  |   伊豆ダイビング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2009'07.12 (Sun)

タオの動画 ジンベエもいるよ

もうだいぶ前の話になりますが、GWにタオに行った時の動画ができました。

1本目:
ジンベエまつりです。


もっと大きな画面で見たい方は
http://www.youtube.com/watch?v=vHAm4IOSrZY

2本目:
アカオビから始まり、ジンベエと続きます。


もっと大きな画面でみたい方は
http://www.youtube.com/watch?v=3aHnFh9uyE0

ぜひご覧ください!

↓ブログ村ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

19:35  |   タオ  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT   このページの上へ

2009'07.12 (Sun)

水温14度の1本目@稲取

ダイビングフェスティバルでもらったファンダイブ半額券が
今日で期限が切れてしまうということで、昨日は稲取までダイビングに
行ってきました。

稲取ダイビングセンターは、この前行ったIOPからさらに南下した温泉街にあります。

残念ながら、前日南風がかなり強く吹いたせいで、
稲取のコンディションは、はっきり言って悪いようでした。

メインの志津摩が潜れなそうということで、1本目は藤三ビーチで潜ることに。

稲取は、基本的にゴロタの上を越えてダイビングをすることになるので、
割とリゾートダイビング装備な私たちには、ちょっとつらい。
なにせ、ミューフィンなのでブーツではなくフィンソックスしか履いてないので、
ゴロタが痛いんですよね。。

ぎりぎりまでサンダルを履いていき、水の中ではできるだけすぐにフィンを履き、
ゴロタを越えると、ブイがあり、そこで潜降します。

ブイ下には
blog_マダラエソ110709
マダラエソがいたのですが、寝ています。

この日の水温はなんと平均で14.2℃
はっきりいって、めちゃめちゃ寒かったので、エソも寒くて動く気分になれなかったのでしょうか。

14.2℃って、去年の2月に大瀬崎で潜ったときと同じ水温です。
地上波2月より全然暖かいので、単純には比べられませんが、
かなり冷たいというのが伝わるでしょうか。

冬に潜るときはドライスーツで潜る人が多いと思いますが、
昨日はもちろん全員ウェットスーツです。
私的にはウェットで潜る限界は、18℃だったので、あり得ないっと思いました。
が、せっかく来たので潜りました。

今年の伊豆は、なんだか水温が安定しませんね。
冷たいので、水は綺麗だったのですが。。。
blog_ネンブツダイとアッカ君110709
こんなに寒くても、ネンブツダイだけは元気だったような気がします。

寒いせいなのか、ここのポイントがそうなのかは分かりませんが、
魚は全体的に少なかったです。
blog_ヘビギンポ110709
ただ、ここで見たかったニジギンポが居たので良かった。
ヒレが綺麗ですね。

と思って、ニジギンポを一生懸命撮っていたら、向こうの方でガイドさんが呼んでいました。
blog_ネコザメ大110709
2メートルくらいの大きなネコザメがいました。
ネコザメはOWを取得した初島にも居るので、何度か見たことはあったのですが、
これは、中でも大きいほうのネコザメです。

近くには数ミリのちっちゃいウミウシがいました。
blog_クロヘリアメフラシ110709
陸で調べたら、なんとクロヘリアメフラシ。
アメフラシと聞くと、なんとなくがっかりするのはなんででしょう。。。

あまりにも寒いので、魚がへろへろ~と泳いでいます。
blog_ハコフグ110709
いつもは正面から撮ろうと思っても逃げられてしまい後ろ姿しか撮れない
ハコフグちゃんも、逃げ足が鈍く、とろとろ泳いでいました。

魚だけじゃなく、私たちも寒いので、戻ります。
この子たちも、寒くても元気でした。
blog_キンギョハナダイ110709
キンギョハナダイ。暖かそうな色をしているのに、寒いのに強いのでしょうか。

EN/EXT近くには、ヘビギンポもいました。
blog_こっちがヘビギンポ110709
真っ黒に白帯に見えたのですが、写真で見ると頭が赤いですね。

ゴロタを頑張ってもう一度上がり、1本目終了です。
ここに来るときは、ブーツタイプのフィンとブーツを持ってきたほうがよさそうですね。

考えてみれば、私のダイビング経験中、ビーチダイビングの割合は2割くらいかも。
うち、IOPと初島のフタツネは、コンクリで固められ、ミューフィンでも全然行けるEN/EXTなので、
ブーツの必要性はあまり感じてなかったんですよね。

モルディブのハウスリーフは砂なので、痛くないし、
砂じゃないところは、エントリーをしてもそこからはイグジットはしないようにしていたし。。

寒いので、トイレをして温泉で温まります。
もれなく温泉付きなのが、伊豆ダイビングのいいところです。
ここの温泉は、稲取のかけ流しの湯だそうです。

2本目に続きます。

↓ブログ村ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

19:11  |   伊豆ダイビング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ
PREV  | HOME |  NEXT