FC2ブログ
2009年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2009'07.21 (Tue)

黄金崎ビーチ2本目

温泉で体を温め、コンビニで買ってきたお昼ごはんを食べたら2本目です。
お湯もレンジもありました。
伊豆はこんな感じで、施設が整っているサービスが多く、至れり尽くせりです。

2本目は1時間半くらいの休憩をはさんで、さっきとは違うエントリー口から入ります。
微妙にBCもボード仕様(軽量化のためハーネスがない)の私としては、
こっちの方が近くていいと思いました。

さっきより、水温は上がってますが、透明度がさらに悪くなっています。
ガイドが超明るいライトを持っているので、それに着いていきます。

2本目はゴロタに沿って西に向かいます。
そういえば1本目は帰ってくるときに、ものすごいリップカレントが発生していましたが、
その流れはもうなくなっているようです。
さっきはちょうど干潮直前だったせいでしょうか。

blog_タコノマクラ180709
これは、ダイビングをやらない方でも見たことがある方は多いのではないでしょうか。
タコノマクラです。

タコノマクラはひっくり返すと、真ん中と端に穴があいていて、端の方の穴はお尻の穴だそうです。
真ん中の穴は口で、お尻とは逆の方にしか進めないんだそうです。
そして、進みながら砂を巻き込むようにしてご飯を食べるんだそう。
ということを、水中で教えていただきました。
タコノマクラが動くところを一度見てみたいです。

アッカ君はタコノマクラには興味がないらしく、その辺をクルクル回って何かを探していました。

そして、さらに西へ向かうと、
blog_ネジリンボウ180709
この日の本命、ネジリンボウが居ました。
水温が低いので、出てないかもと言われていたのですが、元気に出てくれていました。

ネジリンボウの周りには、石のサークルで囲まれていて、あんまり近寄れないのですが、
何せこの日は透明度が3メートルくらいしか見えないので、かなり粘って撮ってしまいました。

かなり粘ってしまってすみません、というくらい粘って、粘ってよかったという写真が撮れました。
いやぁ、可愛いですねぇ。ネジリンボウ。

秋の方が透明度が上がり、水温も上がるので、ホバーしているところも見られるそうです。
今度は秋に来たいなぁと思いました。

そしてその先の大きな岩の下に
blog_カサゴかな180709
スコーピオンフィッシュみたいな魚がいました。
もしかしたら、先週見たカサゴと一緒でしょうか?
というか、スコーピオンフィッシュとカサゴの違いがよく分からない。。。
ただ単に言語の違いでしょうか。

そして、もうちょっと西に進んだ大きな岩には、
blog_ハナタツ180709
ハナタツが居ました。
初島はカラフルなソフトコーラルが多いせいか、ピンクや黄色のファンシーな感じの
ハナタツが多いのですが、黄金崎のは、なかなか渋い色をしています。
昆布の下に一生懸命隠れているところが、健気ですねぇ。

アッカ君によると、ハナタツの隣にはこんな魚がいたそうです。
blog_マダラハナダイかな180709
図鑑で調べてマダラハナダイと思ったのですが、ヒレの形を見るとオキゴンベのようですね。
目がキョロッとしてますね。何を見てるんでしょうか。

この岩でExitの方に引き返します。
下の方は、冷たいのですが、上の方は温かくなってきたので、
できるだけ温かい部分を泳ぎます。

岩の下を覗くと、
blog_海のお花畑180709
黄色いお花のようなソフトコーラルみたいな場所がありました。
結構きれいです。

あとは、ホンソメワケベラに一生懸命すり寄ってクリーニングしてもらいたがっている
カワハギは、一瞬しかクリーニングしてもらえてないのにホントに気持ちよさそうな
顔をして、またホンソメワケベラを追いかけている姿がほほえましかったりしました。

ゴロタのところは、結構魚はいたらしいのですが、なにせ透明度が悪いので、
残念ながらガイドの目にしか見えない感じでした。

そんな感じで、またまた充実した1本でした。
ここのガイドさんは、地図のどこに魚がいたかを書いた紙をコピーしてくれるので、
いつも手書きで書いている私としては大変助かります。
これがあると、次に潜るときに、どの辺になにがいそうかが、
何となく見当が付いてくるのがいいんですよね。

帰りは、沼津港によって夕飯を食べました。
人気の丸天は、連休ということもあるせいなのか、
10人くらいの待ちができていました。

ということで、もう少し立体駐車場の方へ行った
『鮨庵 さいとう』というお店に入りました。

ここは、なかなか当たりのお店だったと思います。
ケータイでの写真ですが、まずは、キンメの刺身から。
blog_キンメの刺身
生の普通の刺身も美味しかったのですが、あぶりも入っていて、
さすがお寿司屋さんといった感じです。あぶりもとっても美味しく頂きました。
これは1,200円くらいでした。
お酒と一緒に食べたら、どんなに美味しいだろうと思いつつも、
ダイビング後だし、これから東京まで戻るので、我慢我慢。

blog_寿司180709
私は地物の魚だけで8貫入りのお寿司セットを食べました。
ケータイの写真なので、なんとなく嘘っぽいお寿司ですが、
実際には、とっても美味しかったです。
やっぱり回転ずしとは違うなぁと思わせる、とても美味しい地物の魚が使われたお寿司です。
これは確か、1,600円くらいだったと思います。
最後にアオサのお味噌汁が付きます。

アッカ君は
blog_海鮮丼180709
海鮮丼を頼みました。
こちらも1600円くらいで、こっちも美味しかったそうです

というかんじて、とても満足した夕飯でした。
とっても満足で、西伊豆に来たら、また帰りは沼津港でご飯を食べようと思いました。

帰りは心配していた渋滞もなく、9時には家に着き、
とても満足な1日を過ごすことができました。

安良里、とても面白かったので、また行きたいなぁと思います。

↓ブログ村ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
スポンサーサイト



テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

21:04  |   伊豆ダイビング  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT   このページの上へ
 | HOME |