2010年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT   このページの上へ

2010'01.31 (Sun)

冬のIOP 1本目

昨日、今日と、穏やかな天気が続いていて、まるで春みたいですね。
とはいえ、また明日から寒くなるみたいですが、着実に春が近づいているようです。

昨日はそんないい天気の中、久しぶりに伊豆ダイビングをしてきました。
ポイントは、伊豆海洋公園(IOP)。

今回はオープン講習からお世話になっているサザナミマリンさんのツアーで行ってきました。

この時期の伊豆方面への道は、夏に比べるとあまり混まないということもあり、そんなに早く
家を出たわけではないのですが、9時くらいには現地に到着。
やっぱりいつもより冬ということもあり、空いている!と、このときは思いながらも、
準備をして潜降します。

blog_1本目300110
1本目は砂地を中心に回ることにしました。たぶん、赤い線のようなルートで回ったと思います。
久しぶりのドライスーツだったので、いつもと勝手が違うのですが、潜降して砂地方面に
向かいます。

blog_最初に見た魚300110
砂地に出たところの壁にくっついていた魚。名前は忘れてしまいました。。
青い線が顔に出ています。これが婚姻色を出していると言っていた魚でしたっけ?

blog_シラコダイ300110
今日、私の目を惹きつけたシラコダイ。今までも何度も見ているはずなのですが、
なぜか、今日はこの魚を見ると、追いかけて写真を撮りたくなってしまいました。
チョウチョウウオの仲間だそうです。

blog_シラコダイの群れ300110
結構ばらけた感じですが、まあまあ群れていました。この群れた感じが綺麗でした。

blog_アジの群れ300110
マアジもまだ群れていました。秋の群れに比べると小さいですが、IOPの砂地はいつ行っても
アジが群れているような気がします。

blog_ネンブツダイの群れ300110
ネンブツダイの群れ。本当はサクラダイを撮っていたのですが、ちょろちょろ動くせいもあり、
どれもこれも、いまいち綺麗に撮れない。。ので、ネンブツダイです。
ネンブツダイも結構いっぱい群れていて、すごい勢いで泳いでいるのが分かるでしょうか。

blog_ニシキウミウシ300110
ニシキウミウシ。名前通り派手ですね。大きさも大きいので可愛くはないです。

blog_キンギョハナダイ300110
キンギョハナダイも群れていました。ハナダイ系の魚はヒレが綺麗ですね。
写真には入っていませんが、ウイゴンベもまぎれていました。

blog_イラ300110
イラ。
これは伊豆でよく見る魚です。そこそこの体長もあるし、蛍光色に体を光らせて向かってきます。

blog_タカノハダイ300110
タカノハダイ。砂地で休んでいました。
水温の高い時期は、なかなかこんなにじっくり撮らせてくれない魚ですが、寒いせいか
大人しく休んでいました。この手の魚は水温が低い時の方が撮りやすいんですね。
周りにはホンソメワケベラがちょろちょろと。クリーニングしていたのかも。

blog_ハナミドリガイ300110
ハナミドリガイ。触角が隠れちゃっていますが、ウミウシです。微妙にキモい系。

blog_オニカサゴ300110
かくれんぼ上手なオニカサゴ。これはいろんなところでよく見る魚と思います。
面白く撮りたいのですが、角度的なものもあり、なかなか。。

blog_メジナの群れ300110
今日のIOPは冬ならではの水の色で、とても綺麗でした。群れているのはメジナかな?

blog_ホオジロゴマウミヘビ300110
ホオジロゴマウミヘビ。口をパクパクさせて可愛いウミヘビ。砂地には結構いるらしいのですが、
かなり臆病らしく、すぐに引っ込んでしまうんだそうです。
次はもうちょっと近づいて撮りたいんだけど、そんなに臆病なのか。。

blog_ベニカエルアンコウ@砂地300110
ベニカエルアンコウ。本当は逆さになってくっついていたのですが、分かりにくいので、
写真を180度ひっくり返してみました。

blog_オヤビッチャ300110
その後、だんだんExit口の方に向かいます。
これがIOPの今日見られる魚に書いてあったオヤビッチャでしょうか?

blog_ムカデミノウミウシ300110
ムカデミノウミウシ。ちょっとピンぼけ気味ですが。。
色が綺麗ですね。この辺では、実はドライスーツから空気を抜くのに、四苦八苦して、
ちょっとふらふらしてしまいました。ドライスーツの空気が抜けている感が良く分からなくて。。

blog_イロカエルアンコウ300110
送り出しにいたイロカエルカンコウです。微妙によちよち動いていました。
カエルアンコウのこの手が萌えポイントです。表面はスポンジっぽいですね。

そんな感じで、一本目は終了です。イグジットしたら、タンク置き場のタンクの量がすごいっ。
潜っている間にどんどんゲストが増えたようです。
やっぱりIOPは冬だろうが夏だろうが、めちゃめちゃ混むんですね。

タンク変えしているときに、また私のオクトがフリーフローし始めてしまいました。
やっぱりもうオーバーホールに出さなきゃだめっぽいですね。
まだ半年しか使ってないんですが、買ってからは1年くらい経つもんなぁ。。

この時期は、水温も低いのですが、陸上も冬の割には暖かい日でしたが、やはり寒いので、
ドライを着たままお風呂にどぼんします。
ウエットの時みたいに、ダイレクトに温かさは伝わらないのが残念ですが、じわじわっと
温かくなってきました。
IOPはやっぱり設備が抜群で、大きなお風呂も2つあり、休むところもたくさんあるのも人気の一つ
なんでしょうか。魚もたくさん種類がいますしね。

ということで、2本目に続きます。

↓ブログ村ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると大変嬉しく思います。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

17:33  |   伊豆ダイビング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2010'01.24 (Sun)

ボロ市

またまた日付を遡りますが、先週の金曜日と土曜日は、ボロ市が
開催されました。

ボロ市は、毎年12月の15,16日、1月の15,16日と年4回あるのですが、
平日に当たることも多く、家の近くで開催されながらも、行けるチャンスは
そんなになく、今年は1月の最終日が土曜日にあたったということで、
散歩がてら行ってきました。

blog_430年の歴史160110
ボロ市の歴史は古く、のぼりには四百三十年と書いてありました。
なんと、戦国時代からやっていたんですね。
戦国時代から連綿と続いいていることもあり、今では無形文化財に指定されているそうです。

blog_ボロ市会場160110
ボロ市開催日は世田谷線も、ボロ市が始まる9時より前から、平日開催の日でも
混みあうのですが、この日は土曜日開催ということもあってか、大変な人で賑わっていました。
この日はとても寒かったのですが、とにかく凄い人出があったようです。
みなさん現金を持ってきていることもあり、スリも多いらしいので、注意が必要です。

blog_ボロ市のとあるお店160110
とあるお店の品々。こんな感じで手作り感が漂っているお店もあります。

ボロ市は、やっぱり名前の通り、和装系の古着なんかが多かったりするのですが、
最終日の昼ともなると、もうめぼしいものはあまりなさそうでした。
12月の方が、正月準備品なんかも出るので、本当は12月の方が面白いと思います。

blog_ボロ市のとあるお店その2160110
日本の伝統的な玩具なんかも置いてあったりします。
普通のフリマとは、やっぱり置いてあるものの系統はちょっと違うかな。。

blog_ボロ市のとあるお店その3160110
木材のお店がありました。いろんな種類の木のチップがおいてあり、
木の香りがぷんぷんしていました。
これで燻製なんかを作ったら、美味しいんだろうな。
シナモンも置いてあり、ちょっと気になるところです。

こんな感じで、人が多すぎて、なかなか写真には撮れなかったのですが、
珍しいお店から、ホントにボロ市だよなぁみたいなお店まで、いろいろあります。
毎年だいたい同じところに出店しているようです。

私は密かにバナナのたたき売りを見たかったのですが、現在はバナナのおじさんは
ボロ市出店をするのはやめたみたいです。残念。
それとともに、チョコバナナ屋さんも、いなくなっていたようです。

途中、代官屋敷があるので、覗いてみることにしました。
blog_代官屋敷160110
古い立派な屋敷です。武家屋敷にしては農家の家っぽいのは、やはり世田谷という
立地だったからでしょうか。
まあ、農家の家だとしたら、屋根なんかを見ても、相当金持ちな家に見えますが。

世田谷駅から上町の方まで出てきました。
blog_ふかひれスープ160110
上町出口のところには、花壇という中華屋さんがふかひれスープを出しています。
寒いので、ついつい買ってしまうんですよね。
昔は松陰神社前にも花壇という中華屋さんが合ったと思うのですが、
今は既にやってないんじゃないかと思います。

ちょうどお昼の時間なので、上町でお昼を食べて帰ることにしました。
ちょっと気になっていたお店Luccaに行こうと思ったのですが、
案の定いっぱいだったので、その近くの「かつ善村上」というお店に入りました。
blog_とんかつ160110
カウンターメインのちょっとおしゃれ系な内装ですが、お値段は意外と庶民的。
ランチということもあり、写真のロースかつセットは990円也でした。
久しぶりに美味しいとんかつが食べられて満足です。
今回のボロ市での一番の収穫でした(笑)。また行こうと思います。

そんな感じで、ボロ市通りは混んでいるので、帰りは世田谷通りを帰りました。
たまに肉まんやあんまんを買いに行くルーガンは、ものすごい行列を作っていました。

blog_おまけ160110
ついでに、この日に食べた夕飯も写真に撮ってあったので、載せときます。
なんてこともなく、ただのハンバーグですが。
ちょっとファミレス風に、コーンスープを付け合わせてみました。

ポチッがないと寂しいので、東京食べ歩きをくっつけておきます(*^_^*)
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
22:04  |  散歩  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2010'01.23 (Sat)

デローザ試乗会で、さよならサイクルスクエア

最近、自転車の記事がご無沙汰気味ですが、今年第一回目のポタは
1月10日に葛飾区までR3で行ってきました。が、時間が過ぎてしまったため、
記憶がうっすらとしてきたので、気が向いたら書くことにします。

で、先週の日曜日で、すっかりお気にいりになっていたサイクルスクエアが
終了してしまいました。

日曜日は夕方から用事があったのですが、運命の自転車のコルナゴちゃんと結びつけたのも
サイクルスクエアだし、最終日はデローザの試乗会もあることだし、ということで、
やっぱり最後にサイクルスクエアに行かないと、ということで行ってきました。

デローザは、自転車のことは何も知らないころ、デザインだけで、この自転車欲しい~
と思ったことがあるのですが、自転車をまったく知らなかったころの私にとっては
衝撃的な値段でビックリした記憶があります。

サイクルスクエア最終日なのですが、デローザの試乗会で大忙しのサイクルスクエアでした。
さっそく受付で試乗の予約をしたところ、1時からの回だったので、ランチをしながら
待つことに。

blog_サイクルうどん170110
私は今日で最後のメニューとなる、サイクルうどんを記念に食べてみました。
つるつるっと入り、サイクル中でももたれない感じでした。

blog_ミニ丼セット170110
アッカ君は、この前と同じミニ丼セット。

ちなみにカフェは1月いっぱいは、改装のためクローズなんだそうですが、
2月からは、普通のカフェとして、営業を続けるそうです。
この前無くなっていた、スパゲッティとカレーも強い要望のため復活したみたいです。

でも、やっぱりメニューが変わったころからシェフも変わったような気がします。
なんとなく、同じスパゲッティでも系統が違うメニューのような気が。。
私はやっぱり前のが好きだったんですけどね。気のせいでしょうか。

そんなこんなで、試乗時間がやってきました。
コルナゴの時は、試乗時間がどんどん後ろに押して行き、集合もノロノロとした感じ
だったのですが、半年近くたったデローザは、集合時間前に人が揃い、
グズグズせずに、試乗が始まりました。

いつの間にか、手際良くなっていたんですね。コルナゴの時とは違い、
冬なので、寒くてのんびりしている場合じゃなかったということもありますが。。

blog_乗った自転車170110
試乗した自転車はNEO PROという自転車です。
これはカンパニョーロで組まれており、初めてカンパのギアを使ってみたのですが、
やっぱり私はシマノの方が好きかな。
親指でシフト変更をするのですが、その突起が微妙に邪魔に感じてしまいました。
慣れの問題かもしれませんが。。

乗り心地はまあまあでした。この回の試乗はスピードも結構出していたので、いろいろ
試せるはずだったのですが、カンパの操作性になれていなかったこともあり、
ついつい、シマノの癖でブレーキを内側に押して、無いギアを押すこともしばしば。。

感覚的にはウインカーが左についている車に乗った後、右についている車に乗ると、
間違ってワイパーを動かしてしまうような感じです。

体って無意識にいろんなことをしてるんですねぇ。
ちなみにブレーキもシマノのとは右左逆についているので、気を付けてくださいと
言われましたが、いつも同時に同じくらいでかけていることもあり、
そっちはあんまり気になりませんでした。

まあ、そんなこんなで、肝心な自転車自体の感じの違いは、いまいちよく分からなかったです。

カンパとシマノは、偏見かもしれませんが、カンパのギアが変わった時の
感触って、なんとなくローマの地下鉄っぽい感じで、アクティブな感じがしました。
シマノは日本の地下鉄っぽい感じで、どことなく、まろやかな感じがしています。

この辺のチューニングの味付けは、どちらもグローバル企業とはいえ、やっぱり
本家のお国柄が多少出てきてしまうのでしょうか。

blog_ずらっと並んだデローザ170110
ずらーっと並んだ試乗車です。
今回は、小さいフレームでカーボンのを選んだので、あの緑の自転車に乗りましたが、
デザインだけだったら、この手前の赤い奴が可愛くて好きです。
これぞ、自転車も良く分からない時に雑誌で見て欲しい~と思ったデローザです。

blog_キング170110
こっちはアッカ君が乗った、KING3.
結構レース仕様な走りだったそうで、踏めば踏んだだけ走る自転車だったそうです。
うーん、なんだかイタリアの車みたいだ。

そんなこんなで試乗が終わり、アンケートに答えたら
blog_カタログ170110
カタログと

blog_飴170110
飴をいただきました。

この後予定が詰まっていたこともあり、最終日の感慨にふけることもなく、
サイクルスクエアをあとにしました。

blog_サイクルスクエアの入り口171109
さよなら、サイクルスクエア。
半年の短い期間だったけど、いろいろ便利だったし、とても楽しかったよ。
おかげさまで運命の自転車、コルナゴCLXにも出会えたし。

デローザに試乗する前は、実は運命の自転車はデローザの自転車だったら
どうしようと思っていましたが、帰りに乗った愛車のCLXは、やっぱり乗り心地抜群で、
やはり彼女が私の愛車なのね、とホッとしました(笑)。

↓ブログ村ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると大変嬉しく思います。
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

テーマ : 自転車 - ジャンル : 車・バイク

23:12  |   ポタリング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2010'01.16 (Sat)

ラストはジャーマンウォールからチャネルに流します。

パラオに来るときは、日程が短いということもあり、早くもラストダイビングです。
ジャーマンウォールの地図がないので、今回は地図は割愛します。

まずは、blog_ダスキーアネモネフィッシュ020110
ダスキーアネモネフィッシュ。ミクロネシアの固有種のようです。
ちょっと大きめで、可愛くはないです。そして必ずカメラに向かってくるので、一応クマノミなのに
可愛く撮ってあげられなくてごめんなちゃい。

ジャーマンウォールから入った目的はこれ
blog_カニハゼ020110
カニハゼ狙いです。カニハゼは去年セントカーディナルで見てから、萌え萌えの魚なのです。



blog_カニハゼ2匹020110
2匹でぴょんぴょん飛び跳ねていて、とってもかわいいんです。

blog_ヤマブキハゼ020110
すぐ近くにはヤマブキハゼもいました。ポカンと開いた口がかわいい。

blog_ヤマブキハゼ2匹020110
アッカ君は2匹一緒に居る巣穴を見つけたらしい。

blog_ハナグロチョウチョウウオ020110
ガイドさんが、ここからチョウチョウウオシリーズをしようかとハナグロチョウチョウウオと
オオギチョウチョウウオどっち?とスレートに書いて、ハナグロチョウチョウウオを指さしていたら、

blog_マダラハタの群れ020110
マダラハタとカスミアジの群れに、ナポレオンがくっついてきていました。
砂地で人も結構入っていたこともあり、かなりもわっとしていますが。。

blog_マンタがやってきた020110
またまたマンタがやってきました。


何か今日のマンタは動きがぎこちないなぁと思っていたら、

blog_捕食マンタ020110
今日のマンタはクリーニングではなく、捕食をしていました。
捕食マンタは動きがなかなか面白いので、動画でもどうぞ!


マンタがクリーニングのロックを回って戻ってきたときに、口をパクパクさせながら、
捕食しているシーンを撮ってみました。

マンタのアップも動画で

この日のマンタは終始ご機嫌で、私たちの周りを行ったり来たりと、終始うろちょろしていました。
結局最後までマンタが付いてきます。

blog_マンタと一緒に020110
こんな感じで最後までマンタがついてきます。途中クリーニングロックで大きなマンタが
クリーニングをしていました。その周りでダイバーがマンタを見ていたのですが、
すぐ後ろをマンタと一緒に移動している私たちには気付きません。

すぐ後ろにマンタが居るよ~!と思っているのですが、みんなクリーニングマンタに夢中です。
この日はマンタが捕食しているだけに、透明度が悪かったので、あっちはちょっと見づらく、
もったいない、と思いつつも、マンタと一緒に移動していきます。

深度を上げていき、案全停止をし始めたので、マンタも一瞬どこかに行っちゃったのですが、
案全停止中、下のほうに戻ってきました。
ラストダイブだったので、マンタのお見送りだったのでしょうか(笑)。

そんな感じで、楽しかったパラオでのダイビングも終了です。

blog_ミルキーウェイ020110
帰りはみんなでミルキーウェイに行って、泥を塗りたくりました。プチエステです。
確かにつるつるになって、心なしか色も白くなったかも。

blog_夕映えに輝くタンク020110
夕焼けに輝くタンク。

blog_今日も夕焼け020110
今日も沈んでいく夕陽をバックに帰途につきます。

blog_オーナーのお子さん020110
港ではオーナーのお子さんがいかだで遊んでいました。なかなか絵になります。

blog_サムズの船着き場020110
ここがサムズの船着き場

blog_ショップからの眺め020110
ショップからの眺め。

この後、清算後、サムズリーフで潜ってもいいよと言われたのですが、お片づけもあるし、
さすがにちょっと疲れたので、遠慮することに。
マンダリンの産卵とか見られるらしいんですけどね。
サムズリーフはセルフで潜ればタンク代はタダという太っ腹なサービスがあるので、
次に来たときには、ぜひサムズリーフも潜ってみたいと思います。

ちょっと短めの滞在だったのですが、とても充実したダイビングでした。
天気にも恵まれたし、バラエティに富んだダイビングでほんとに良かったです。
やっぱ、私はパラオ大好きだなぁと思います。
距離は近いのですが、飛行機の便が悪いのが難点ですが、新しく成田パラオ間に参入が
あるという噂もあるので、ほんとにそれが飛んでくれればいいなぁと思います。

また来年もパラオに戻ってこれればいいなぁ。

↓ブログ村ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると大変嬉しく思います。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

23:39  |   パラオ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

2010'01.14 (Thu)

久しぶりのブルーホールは貸し切り~

2本目は、もう一回ブルーコーナー潜る?と聞かれたのですが、たまにはブルーホールも
潜ってみたいということで、ブルーホールに行ってきました。

エキストラをくれたHさんはブルーコーナー組に交じるということで、今度はゲスト3人で行きます。
blog_ブルーホール020110
ブルーホールはビギナーのときに1回潜っただけで、いまいち覚えていないのですが、
普通は上から入り、横穴がら出るらしい。
今回はこんな感じですが、実は出た穴はたぶんここじゃないです。どこだかわからないので、適当に(汗)。

私たちは超生物派で、いまいち地形派ではないこともあり、ホールの手前のウォールから
ツノダシの群れなどの生物を狙いつつ、最後にホールで暗い所にいる魚を見て、という感じの
コースをたどりました。

blog_下から泡が020110
ホールから離れた所から入ったのですが、ホールにたまったダイバーの泡っぽいのが、
この辺で吐き出されていたようです。泡の壁みたいで綺麗でした。

blog_タイマイ020110
潜ってすぐのところに、タイマイが居ました。のんびり餌を食べながら泳いでいます。

それにしても、さっきのコーナーも下は結構冷たい水が入ってきていたのですが、
ここも2枚潮になっていて、冷たいところはForword、暖かい上のほうはAgainstで
どっちを泳ぐか迷うところですが、やはり下は冷たいので、上の暖かい部分で移動します。

blog_ツノダシの群れ020110
ちょっと泳いだところにツノダシが群れていました。ただ、群れは期待するよりは小さい。
群れているときは、もっともっと大きな群れを作るんだそうです。
ただ、ツノダシが群れているのはあまり見たことがなかったので、珍しい光景ではありますね。

動画のほうが群れているところが分かりやすいかもしれません。
クマザサの群れの後に、ツノダシが続きます。

まあまあ群れてますよね。

blog_ムーンフュージラーとクマザサ020110
たしかこれはムーンフュージラーとクマザサハナムロ。
よくモルのハウスリーフなんかで群れている魚です。ムーンフュージラーは、
あんまりパラオでは見ないような。ただ単に目に入ってなかっただけかもしれませんが。

blog_ウメイロモドキ020110
ウメイロモドキも群れていました。この辺はフュージラー系の魚が多いみたい。

blog_ウメイロとグレイリーフ020110
グレイリーフも、ちらほら出ていました。パラオにはほんとにグレイリーフが多いです。

blog_イエローバンドも020109
イエローバンドフュージラーも居ました。そういえば最近あんまり見たことがなかったような。
この辺はフュージラー祭りですね。

ブルーホールなのにウォールばっかりでしたが、ホールのメインイベントはこれから。
横穴からホールに入っていきます。

blog_ブルーホールの穴020110
上に4つの穴があいているのですが、これはその一つ。地形派ではない私でも感動します。
きれい~~。

blog_ブルーホールの天井020110
ライトをつけると、天井はこんな感じで、カラフルで綺麗です。

blog_これもパープルビューティかな020110
そして、その天井には、こんなきれいな魚がへばりついていたりします。
これもフチドリハナダイ?全然分からないや。ガイドさんに名前聞いてくればよかったなぁ。。

blog_ブルーホールの穴の中020110
アッカ君が魚の写真を撮っている間、この暗さでは私のカメラで生物を撮るのは無理なので、
地形を存分に楽しむことにしました。

blog_ブルーホールの竪穴020110
上の穴から光がさんさんと降り注ぎ綺麗です。今回は私たちのグループ以外誰も来なかったので
貸し切り状態でした。それにしても地形を撮るならワイドレンズ持ってくればよかったなぁ。

blog_ブルーホールの地形020110
こんな感じで、やっぱり人気スポットなだけあります。海と岩と太陽が美しい。

blog_ブルーホールを出ます020110
こんな感じで、穴の中をたっぷり堪能し、ホールから出ます。

動画でもどうぞ!

ワイコンがないので、ちょっと窮屈な感じですが、こんな感じで抜けていきます。
地形スポットで一番楽しいのは、こうやって潜り抜けたりする時なんですよね。

blog_ブルーホール出口020110
ホールを抜けます。

ホールから出ると、
blog_キンギョハナダイかな020110
一転して明るい海。ハナゴイ系の魚が綺麗です。

blog_ピラミッドバタフライ020110
おなじみピラミッドバタフライ。このお魚は浅瀬でとると、南国~という感じで
とても綺麗ですね。
なんて、サンゴ礁のキラキラした魚を見ていたら、すぐ横を
blog_カンムリブダイ020110
カンムリブダイを通ります。
結構好きな魚ですが、たまにぱっと見ナポレオンかと思うこともあります。

こんな感じで、最後まで楽しんだら浮上して終了です。
ビギナーのとき以来のブルーホールですが、久しぶりだったこともあり、なかなか楽しめました。

どうしても、コーナーかホールかどっちか選べといわれると、コーナーに行っちゃうので、
たまには気分を変えて、ホールで潜るのもいいですね。

次は、今回のラストダイブです。やっぱ短いなぁ。。

↓ブログ村ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると大変嬉しく思います。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

21:00  |   パラオ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。