FC2ブログ
2010年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2010'05.17 (Mon)

クダギリレック 沈船もちょっと面白いかも

ダイビング4日目。朝ボートは Kuda Giri Wreck を潜ります。このポイントは
まずは深場ダイビングとなる沈船を潜り、その後、オーバーハングがある根を
潜っていきます。

このポイントは、基本的にはあまり流れは関係ないのですが、流れのない時のほうが
簡単なんじゃないかと思います。(ゲストがじゃなくガイドがww)
なぜなら、流れがないと、沈船のすぐ近くで潜降するのですが、流れがあると、
ちょっと遠くから入るので、透明度が悪いこともあり、なかなか見えてこないんですよね。

ビヤドゥは必ずガイドがつくので、付いていけば大丈夫です。
今回は流れがないので、すぐに船が見えてきました。
blog_船が見えてきた030510
こんな感じで、ぬぼーっと見えてきます。この辺は18Mくらいでまだ浅い。

blog_こんな感じできれいに残っています030510
真正面に見えるのがキャビンかな。結構きれいな形で残っています。
前に来た時は、船の中の見学を結構やったのですが、今回のガイドのウーゴは
生物好きっぽく、ブリーフィングでもハダカハオコゼが見られると一生懸命説明
していました。

ということで、ハダカハオコゼが居そうなところを一生懸命探していました。

blog_潜り抜けたりします030510
階段を疑似登りしてみたり、いろんなところをくぐったり、沈船はあまり好きじゃない
と言いつつも、結構楽しんじゃっています。

blog_ハタタテダイ030510
ハタタテダイが3匹かわいく並んでいました。その後ろにはツノダシも。

blog_ハダカハオコゼ030510
そして、ウーゴがハダカハオコゼを教えてくれました。かわいい!
ウーゴは leaf fish と説明していましたが、私の持っている図鑑によると、
leaf fish はまたちょっと違う魚。Paper Scorpionfish のほうがハダカハオコゼ
のようです。魚の種類は奥深いです。

昨日から一緒のチームで潜っているスティーブさんも一生懸命写真を撮っていました。

blog_ユカタハタ030510
ユカタハタがちょこんと顔を出していてかわいいなと思いシャッターを押したら、
チョウチョウウオが後ろから出てきました。偶然カラフルでかわいい写真になり、
満足。

blog_さよなら沈船030510
そんな感じで、結構楽しめた沈船でしたが、深いのでそろそろ上がらなければ
なりません。さよなら沈船。

クダギリレックは、ここからも面白いのです。レックを離れクダギリという根を
見ながら深度を上げていきます。
blog_緑のパイプフィッシュ030510
トーチを照らしながらこれは自分で見つけました。でもピントが頭じゃなく
お尻にあっている。。下のほうが頭のようです。

blog_ちっこい魚030510
たしかガイドさんに教えてもらった魚。
ちっこい魚です。ちょっと透明がかってるところが綺麗ですが、ピントがあってない。。

blog_オトヒメエビ030510
オトヒメエビも居ました。これもガイドさんが教えてくれました。
今日のガイドのウーゴは、マクロな生物をいろいろ教えてくれる当たりのガイドです。
一緒に潜ったスティーブさんも、ウツボとミノカサゴには飽きているらしく、
楽しそうにマクロ写真を撮っています。

blog_キンギョハナダイ030510
キンギョハナダイ。伊豆にもいっぱいいる魚。でもこうやってみると綺麗ですね。

blog_カスリハタ030510
カスリハタ。これは自分で見つけました。アカモンガラと比べると大きい魚ということが
分かります。

こんな感じで、レックダイブかぁと最初は思っていたのですが、思いがけずなかなか楽しい
1本となりました。

午後はまたマンタポイントに行くそうですが、出そうだからというよりは、強いリクエストで
行くので、潮の感じからすると期待できそうもない。

ということで、午後は昨日偵察したPassage4からハウスリーフを潜ることにします。

↓ポチッとお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

22:19  |   ビヤドゥ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ
 | HOME |