FC2ブログ
2010年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2010'05.30 (Sun)

湘南で食い倒れ ポタ 前編

久しぶりに自転車記事です。まずは、日付をずーっとさかのぼって5/15の話から。
微妙に忘れていることもあるので、簡単に書きます。

まずは5/15、あの日は確か天気はいいけど、風が冷たい日でした。
やっぱり今年は5月の天気は不安定気味な気がしますね。

ビヤドゥから帰ってきて、いきなり車がびゅんびゅん走る中のポタはキツいなぁ
と思い、境川沿いにある駐車場まで車で行きました。
駐車場で自転車を組み立て出発!行先はもちろん湘南です。

境川をぐんぐん下り、藤沢を抜け、江ノ電の踏切を渡ると、湘南の海が待っています。
blog_湘南の海150510
散々海を見てきた直後のポタは湘南。やっぱり私は海が好きなんだなと実感。
湘南の海の色はちょっと濃いめのブルーです。

湘南の海を見ながらR134をずーっと走っていきます。目的地は逗子。
ガッツリポタという気分でもなかったので、逗子マリーナでお魚料理を食べたかったのです。

たどり着きました。
blog_マリーナだけど150510
じゃなくて。。湘南に詳しい方はこの写真で気がついたかもしれませんが、
ここは逗子のマリーナではなく、
blog_葉山マリーナ150510
なぜか葉山マリーナまで来てしまいました。どう考えても逗子はとっくに
通り越してます。なんで??逗子マリーナなんて通ってないじゃん。と思ったのですが、
戻ったら謎が解けました。逗子に出るトンネルが2つあり、逗子マリーナを迂回する方の
トンネルを通っちゃってたんですね。。

まあ、時間もまだ11時くらいだったので、遠回りでもいっか、とも思ったのですが、
逗子に抜けるトンネル、結構怖かったんだよな。。戻るのいやだなぁと思ったのですが、
戻りのトンネルは、比較的下り基調だったので、行きより楽でした。

blog_江の島をバックに150510
葉山と逗子はお隣同士なので、あっという間に逗子マリーナ。愛車のコルナゴ君の
撮影タイム。後ろにぼーっと見えてる島が江の島です。

ダイビングのボートがタンクを積んで沖に出て行くのが見えました。
blog_ダイビングボート150510
どの辺がポイントだろうと見ていたのですが、江の島沖のほうまで行っているようです。

逗子マリーナは、リゾートマンションなどが立ち並び、海沿いにはウエディング
パーティーをするような立派なレストランが立っています。
blog_イタリアンの店150510
ここはラベットラの落合さんのお店。ここでご飯を食べてみたいなぁとも思うのですが、
今日の目的は、もうちょっと庶民的なお店。小坪港にあるようなお店です。

うろうろしていたら、良さそげなお店が。でも、この前鎌倉に来た時、はずれのお店に
行ったトラウマもあり、一応食べログ検索。ポイントが3くらい。いい感じ。
私的には食べログは4くらいの高評価のお店より3くらいのお店のほうが好みの
お店であることが多い。万人受けするより、好き嫌いが分かれるくらいのほうがいいと
いうことか。
blog_めしやっちゃん150510
めしやっちゃん。
満席だったのですが、回転良さそうなお店だし、天気もいいし、時間もそんなに
遅くない。ということで、席が空くのを待つことに。
案の定、回転がよく、さほど待たずに座ることができました。

私が頼んだのは、
blog_海鮮丼150510
海鮮丼。

やっぱり日本に戻ってきたら、こういうものが食べたいよねということで。
私はカツオがものによっては苦手なので、カツオが入ってる…と思ったが、
ここのカツオは変な生臭みがなくて美味しかった。

江の島名物の生シラスも入っていて、たしか980円と、観光地なのにリーズナブル。

blog_コアジの素揚げ150510
アッカ君が頼んだのは、小あじのから揚げ定食。
小あじのから揚げを食べさせてもらいましたが、これ美味いです。
こちらは小鉢にやはり名物の生シラスが入っていて、なかなかいい感じ。
しかも、こちらは780円と安い。
次に来たら、これを頼んでみようかと思いました。

ちなみにですが、私の海鮮丼にもお味噌汁や小鉢がついていました。

さて、満腹になったことだし、ぼちぼち江の島のほうに戻るとしますか。

サクッと短く書くつもりが、結構長くなってしまいました。ということで、
続きます。

↓ポチッとお願いします。私もここからポタブログを楽しんでいます
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 自転車 - ジャンル : 車・バイク

21:08  |   ポタリング  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ
 | HOME |