2010年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT   このページの上へ

2010'09.30 (Thu)

シパダン・マブール旅行記6日目 -ラストダイビング-

6日目:2010/9/9(THU) -Sipadan: Hanging Gardens-

いよいよラストダイビングです。その前にここで朝ごはんを食べます。
きしめんみたいなやつとか、パンとか、ソーセージとかいろいろありました。
ついでにバッテリー交換もしちゃいます。

そういえば、隣のリゾートに泊まっていた日本人のシュノーケラーさんとも
お話をしました。NGOの活動で来たついでに寄ったそうで、知らないマレーシアの
陸上の動物の話などを聞けて、なかなか楽しかったです。

blog_さよならシパダン
今日はもう島には帰らないので、これでシパダンの管理棟も見納めです。
さよなら、シパダン島。楽しかったよ。きっとまたここで名前を書くよ!

3本目のポイントはHanging Gardensです。この前も来たところでマクロが多いとこ。
さっそく潜りまーす。
blog_ホウクフィッシュ090910
ホウクフィッシュ。鷲よりちっちゃい鷲みたいな鳥みたいだから、ホウクフィッシュ
なんだそうですが、全然ピンとこない。。
日本語ではなんとかゴンベ。ゴンベの種類ということは分かるのですが、細かい部分が
よく分からない。。

blog_ニチリンダテハゼ090910
アッカ君が見つけたニチリンダテハゼ。この前と同じところにいたやつかな。

そして、私はブダイがとまっている、と思って近づいたら
blog_トリガーフィッシュ090910
なんと、トリガーフィッシュだー!!!
びっくり!! とりあえず、下の方に逃げておきました。昨日は、テキサスの
おじさんがトリガーフィッシュにビデオカメラのふちをかじられたりと、最近
産卵期に入っているようで、気性の激しくなっているトリガーフィッシュ、まじ
危なかったです。

blog_アケボノハゼ090910
これもアッカ君が見つけたアケボノハゼ。これはなんと18mくらいのところに
居ました。なんて浅いところに居るんだ!!

目の前にあるオレンジのサンゴか何かが邪魔ですが、頑張って撮りました。
そんな感じで写真を撮っていたら、NDLがあと数分に。明日飛行機に乗るのに、
DECO は出したくないよと、ちょっとずつ、浮上していくことに。

blog_ホシゴンベ090910
ホシゴンベ。これもお気に入りの魚。でも伊豆にはいない。また南国で会いましょう!

blog_フグ090910
これは、サザナミフグかな。サンゴの下で寝ているところを起こしちゃったかも。

blog_カスミチョウチョウウオ090910
カスミチョウチョウウオ。いかにも南国だ!

blog_カメ2匹090910
カメが2匹。カメもお別れだね。また南国で会いたいな。

blog_ハナダイきらきらs090910
ハナダイがきらきら。このダイビングはラストダイビングなので、かなり長く
安全停止を撮りました。10分くらい、浅瀬で遊んでいたかも。

こんな感じで名残惜しいけど、楽しかったダイビングも終了です。
リゾートに戻って、軽くお片付けをして、お昼を食べに行きました。

帰国まで編に続きます。
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

20:00  |   シパダン・マブール  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

2010'09.29 (Wed)

シパダン・マブール旅行記6日目 -早朝シパダン2本目-

6日目:2010/9/9(THU) -Sipadan: Midreef-

そういえば、今日初めて日本の方と一緒になりました。とはいえ、スタッフに
よると、昔はここのスタッフだったけど、今はここのオーナー夫人でマレーシア
在住の方でした。お子さんが生まれてダイビングから離れていたそうで、しばらく
ぶりのダイビングなんだそうです。

昔のシパダンもよくご存じなようで、すっかり変わっちゃったのねと言っていました。
昔のシパダンは本当に良かったみたいで、昔のうちに来てみたかったなぁ。
でも、一時期の比べれば、人数制限の成果もあるのか、魚が増えてきたそうです。

そんなお話をしながら、1本目の休息を終え、2本目に行きます。
blog_ほかのリゾートの船090910
他のリゾートの船も、続々出ていきます。

ガイドは2本目もバラクーダポイントに行くつもりだったようですが、たいして時間も
経ってないし、コンディションが急激によくなるとは思えないということで違うポイント
に行くことに。Midreefです。

blog_ハナダイ090910
まずは、ハナダイ系の魚。メラネシアンアンティアスかな。とてもきれい。
ハナダイ系の魚は小さ目なので、一見地味に見えますが、ほんと綺麗ですね。

blog_ツバメウオも正面顔090910
ツバメウオの正面顔。最終日なので、いままで撮っていなかった魚や、違う
アングルで撮ってみたりしました。

blog_サロンパスアゲイン090910
スミレナガハナダイももう一回撮っておきます。この子は本当にばっちりサロンパス
はってますね。色がとてもきれいだわ~。

そんな感じで写真を撮っていたら、ドドドーンッとすさまじい地響きが。
どうやらダイナマイト漁をどこかでやっている音が響いてきたようです。
マレーシアでは禁止されているので、フィリピンかインドネシアかでやっている音が
伝わってきているようですが、こんな音が何度も聞こえるんじゃ、魚も逃げちゃいます。
だから今日は魚が少ないのかも。。。

blog_ウミウシ再び090910
このウミウシは本当に何度も何度も会いました。一番たくさん撮った被写体かも。

blog_赤い魚090910
かわいくないけど、なんとなく目についた魚。これも初めて撮りました。

blog_ナポレオン090910
そういえば、ナポレオンは何度か見かけたけど、まだ撮ってなかったかもと、
撮ってみました。結構きれいな魚ですよね。

フィッシュボーンのせいで、今日はカメすらいないよと思っていたら、
blog_カメふんっ090910
出てきてくれました。ふんっといった顔。
blog_カメよっこらしょ090910
よっこらしょっと、動いています。どことなくけだるそう。
blog_ちょっと寄ってみた090910
あんまりけだるそうなのでちょっと寄ってみました。眠いよって顔してます。
バイバイ、カメちゃん。

棚の上ではスズメダイを撮ってみた。
blog_スズメダイかな090910
こんなスズメダイ、伊豆に居たら話題になるのかもな、と思いつつ撮ります。
ゴールドベリーダムゼルかな?腹が金色というか黄色いので、たぶんそうだと思います。

そんな感じで2本目も終了。どうしても、あのドドドーンッという音が気になってしまい
ちょっと怖かったですが、魚がちゃんといてくれてよかったです。
まじ、地震かと思ってびっくりでした。

3本目、ラストダイブ編に続きます。

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

20:18  |   シパダン・マブール  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2010'09.28 (Tue)

シパダン・マブール旅行記6日目 -早朝シパダン1本目-

6日目:2010/9/9(THU) -Sipadan: Barracuda Point-

早いもので、もう今日でダイビング最終日です。今日は早朝の5時集合でした。
5:15ごろボートはマブールを離れ、夜明け前にシパダンに到着です。
blog_夜明け前090910
まだ管理棟の人は起きていないようで、しばらく待ちます。
ちょっとすると、ほかのリゾートの人も続々とやってきました。こんなにたくさん
早朝から潜る人が居るのにびっくりです。

かなりしばらく待った後、やっと管理棟の人が起きてきました。島に着いたリゾートから
順に受付をし、やっと潜りに行くことができます。

1本目は、バラクーダポイント。今日こそバラクーダの群れが見れるでしょうか。
blog_早朝のウミウシ090910
まずは、早朝のウミウシです。最近お約束になってきたミスジアオイロちゃんです。
今日の個体は、触角が黄色でした。

そして、ちょっといくとバラクーダ発見!
blog_エステ中のバラクーダs090910
発見は発見なんですが、エステ中のバラクーダで動く気配なしです。
ホンソメワケベラが顎を一生懸命クリーニングしています。なんともかわいい姿です。

blog_バラクーダ正面顔s090910
あんまり動かないので、正面顔も撮ってみました。バラクーダの歯ってかなりすきっ歯。
でも噛まれたら痛いだろうなぁ。。

こんな感じでガイドさんが指をさしているホワイトチップは無視して、バラクーダを
堪能?していましたが、群れる気配は一切ありません。。

そして、またもやウミウシ発見。
blog_角が丸いウミウシs090910
うーん、うーん、これはなんでしょう。角が丸くて色が綺麗で特徴があるウミウシです。
キイボキヌハダウミウシでしょうか?

群れのほうは、こんな感じ。
blog_ウメイロモドキの群れ090910
バラクーダは群れませんでしたが、ウメイロモドキは群れていました。
イエローバックフュージラーと違って、後ろ半分だけが黄色いのが特徴です。
太平洋でよく見るのは、ウメイロモドキのほうが多いような気がします。

blog_オレンジ水玉のゴビー090910
棚の上では、オレンジ色の水玉のかわいいゴビーちゃんを発見。きゃわゆい。
普通種かもしれないけど、とりあえず伊豆では見ないゴビーなのでパチリ。

blog_海の中のクリスマスツリー090910
こちらはおなじみ、海の中のクリスマスツリー。クリスマスツリーワームです。
ふんわり綺麗に撮れたような気がします。

群れはちょっと不発気味でしたが、最後のバラクーダポイントも、個人的には
いつもと違う感じで、なかなか堪能できました。

2本目に続きます。

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

20:19  |   シパダン・マブール  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

2010'09.27 (Mon)

シパダン・マブール旅行記5日目 -ハウスリーフ編-

5日目:2010/9/8(WED) -Mabul: ParadiseⅠ-

陸に上がって、休んでいたら、ガイドさんがビギナーちゃんたちに頼まれて
シーホースを見に連れて行くけど、ついてくる?と聞いてくれました。

ちょうど私たちもシーホースを見に行く予定だったけど、いまいち探せる
自信がなかったので、渡りに船で一緒についていくことにしました。

やはり2本目が若干消化不良気味だったのを、ガイドさんも気にしていたのかも
しれません。

シーホースが居るところは、ちょっと遠いところなので、頑張って泳ぎます。
ビギナーちゃんたちは、クマノミが大好きなようなので、ビギナーちゃんを
トウアカの巣のところに座らせておいておき、先にシーホースの場所を教えて
くれました。

巻き上がられる前に写真を撮り始めろとうことです。グッジョブ!ガイドさん。

blog_シーホースs080910
シーホースです。伊豆でもよく見るハナタツみたいに見えるけど、ちょっと違うようです。

blog_シーホース2080910
もう一個いました。こっちはトゲトゲが多く見られます。
ヒポカンプス系のお魚は微妙な違いで種類がちがうようなので、よく分かりません。

シーホースは、何だか知らないけどとても人気者でした。私たちは伊豆でカラフルな
ハナタツを見慣れているせいもあって、そこまでシーホース、シーホースという感じでは
なかったのですが、ここのゲストさんは、みんなシーホースはもう見た?と聞いてくる
くらい、大人気な生物でした。

しばらくシーホースを見て、帰ります。

blog_フグ080910
帰り道、アッカ君がピンポン玉サイズのフグを見つけました。もう萌え萌え。やっぱり
このサイズの生物はかわいいです。色もきれいだし。

blog_コブシメ2080910
おとといも居たコブシメかな。今日はちょっとかわいい感じに撮ってあげられました。
ビギナー君は、着底して、じーーっとコブシメをずっと見ていました。
女の子のほうはクマノミとミノカサゴがお気に入りのようですが、男の子のほうは、
こんな感じの生物のほうが好きみたいです。

そして最後に桟橋の下でヘコアユを見ます。
blog_ヘコアユ080910
縦に泳ぐ魚って、思えば珍しいですよね。ここは、もっと探すといっぱいいろいろいそう
です。時間帯によって居る生物が違うようなので、昼にもう一回潜ってみたかったなぁ。

明日は最終ダイビングの日。明日はまたまたシパダンに行きます。
最終日なので早朝ダイブにしない?と聞かれたので、もともと午後にシパダンで潜るのは
24時間開かなくなるし、どうしても窒素がたまりすぎるのでキャンセルしようと思っていた
くらいなので、こちらも渡りに船。明日は午前中3本シパダンに行ってきます!

明日はなんと5時集合。がんばって起きなくては。
シパダン最終日に続きます。

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

20:27  |   シパダン・マブール  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

2010'09.26 (Sun)

シパダン・マブール旅行記5日目 -午後マブールダイビング-

5日目:2010/9/8(WED) -Mabul: Stingray City-

午後もマブールで潜る予定なので、集合時間はいつもよりゆっくり目です。
お昼を食べ、部屋でまったり本を読んだり、昼寝をしたりして、2時半くらい
に集合します。

2本目は、Stingray Cityというところで潜るそうです。
なぜか私はEagleray cityだと思っていて、ここにEaglerayが居るか聞いたら、
冗談はやめてくれよ、見れたら相当ラッキーだとのこと。
マブールにはEaglerayは居ないようですね。

まず見かけたのは、ゼブラモレイ。
blog_ゼブラモレイ080910
この子はめちゃめちゃ泳ぎます。私はてっきり蛇だと思っていました。
たしか、ビヤドゥのハウスリーフでも、この子は一度見かけたきりで、同じ場所に
見に行っても、二度と見ることができなかったのは、こんなに泳ぐせいなんですね。

再開できて、ちょっとうれしかったモレイちゃんです。マブールには結構たくさん
いるとのことです。

お次は、透明なウミウシ
blog_透明なウミウシ080910
透明なウミウシは、なかなかピントが合ってくれないので、なかなか難しい。
写りが悪いので、名前を調べようにも。。とほほです。。

blog_ウミウシ080910
こちらは、おなじみミスジアオイロウミウシ。この子は綺麗な個体が多く、撮りやすい。

そしてそして、ここの名物はこれ。
blog_特大カエルアンコウ080910
特大カエルアンコウ。たぶんオオモンだと思います。ちょっとした人間の顔の大きさ
くらいありました。もはや可愛いとか可愛くないとか、そういうレベルではありません。

blog_正面からも080910
正面からも撮ってみました。人相悪いですねぇ。こいつに狙われたお魚ちゃんは、
きっとひとたまりもないことでしょう。でも、でかいからすぐにみつかっちゃうような。。

blog_ウミウシだらけ080910
ここのポイントはブリーフィングどおり、ウミウシだらけでした。これはウミウシの巣?

さっき居たメタボなウミウシも。
blog_シラナミイロウミウシ080910
シラナミイロウミウシという名前のようです。微妙に色が出てないのが残念。

blog_ウミウシ2s080910
ウミウシばかりですが、これは結構気に入っている写真なので、掲載します。
触角の色がとてもきれいに出てくれました。

blog_アカククリ080910
アカククリ。幼魚が綺麗なお魚ですが、これはかなり大きくなってしまってます。
けど、やはり伊豆では見ないお魚なので、みんなが無視しても一生懸命撮っちゃう魚。
今度は幼魚が見たいな。

コブシメ
blog_コブシメ080910
ここのコブシメは黒っぽい個体でした。

こんな感じで、本当はもう少しマクロが見たかったのですが、なにせ、泳ぎ続けないと
沈んじゃうビギナーカップルがガイドさんをすぐに追い越しちゃうのと、前日息が苦しく
なり、勝手に上がってロスト騒ぎになった80歳は超えてそうなおじいちゃんが一緒だった
ので、ガイドさんはそっちの面倒にかかりきりで、いまいち生物どころじゃなかったのが
残念。マクロはやっぱりテキサスのおっちゃんと潜るに限るな。。

本当はいるはずの日本人ガイドさんが居る時なら、もう少し人数の割り振りも楽になる
かもしれませんね。

今日は3本でやめておこうと思ったのですが、午後のこの1本が微妙に消化不良気味な
ダイビングだったので、戻ったらハウスリーフに行こうということにしました。

ハウスリーフ編に続きます。

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

20:37  |   シパダン・マブール  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。