2011年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT   このページの上へ

2011'07.25 (Mon)

久しぶりの川奈ダイビング

IOPはしばらくばしゃばしゃうねうねだし、ということで、2日目は急きょ
比較的海況が良さそうな川奈へ行くことにしました。

久しぶりだったけど、さすがに前日の夜にガイドをお願いするのもなんなので、
セルフで潜りに行くことに。

タンクを借りるショップさんで、どこに何がいるかを聞き、1本目行きます。

まずは、近場にカエルアンコウとウミテングがいるとのことなので、
探すことに。アッカ君、すぐに見つけました。

カエルアンコウ
黄色のカエルアンコウ。
エスカーぶんぶん振り回しています。かわいい~~~♪

あーん2
そして、口を大きくあけて、捕食しているような行動をとります。
砂場ほほじくり、ちっちゃい何かを食べているようでした。
きっとこいつは大きくなるだろうな。

ぴょこぴょこ
そして、ぴょこぴょこ歩く姿は、ほんとにカエルみたい。
かわいいですぅーー。

その後、ウミテングを探すものの、なかなか見つからないので、ちょっと
奥の方を見に行くことに。

カワハギ
カワハギの若魚。
どこにでもいる魚ですね。こいつもいつも砂地の何かを食べています。

カワハギの幼魚
カワハギの幼魚。
七夕の飾りのところには、幼魚もいました。アオリイカが卵を産んじゃったので、
七夕を外すことができなくなってしまったらしいのですが、なんか軽く漁礁になって
きちゃいましたよ。

そして、もう一度ウミテングがいるというあたりを探してみたら、
ウミテング
ウミテング。
いました。てか、またまたアッカ君が見つけてくれました。この日のアッカ君は、
やたらさえまくっています。

ウミテング2
おもちゃのように動き回るウミテング。こっちもかわいい~~~。

ウミテング横顔
横顔も撮ります。
しばらくウミテングをいろいろ撮りまくっていましたが、隣で待っている人がいたので、
適当なところで、移動することに。

アオリイカ
アオリイカ。
浅瀬は海が青かったです。単体ですが、アオリイカが泳いでいました。
珍しく、割と近くに寄らせてくれました。

2本目は、ちょっと奥の泥地方面へクサハゼを探しに行きました。
が、なかなか広大な泥系の砂地では見つけることができない。居るのはダテハゼばっかり。

クサハゼかな
で、もう諦めようかなと思った時に、クサハゼらしきハゼを発見したのですが、
アッカ君が、先に行ってしまったので、とりあえずあとから検証しようと適当に写真を
撮って追いかけることに。

なんか、それっぽいですよね。泥系だから見えなくなるとやっかいだなぁと
粘ることができなかったのですが、粘って撮りたかったなぁ。

コブダイの幼魚
コブダイの幼魚。
岩礁地帯の岩の中に居ました。こういう子、大好きです。かわいいよね。

タコ
タコ。
岩の中に隠れていることが多いタコですが、このタコは砂に埋まっていました。
なんか食べてたのかな。

帰りはソラスズメダイの幼魚を撮りたかったのですが、今年はソラスズメダイの
幼魚が少ないような気がします。なんでだろ。

そんな感じで海の日の連休がらみのダイビングは終了です。
帰りはなかなか混んでいましたが、やはり西伊豆から帰るよりは東伊豆から帰る
ほうが、だいぶ距離的に楽だな。明るいうちに帰ってこれました。

次回は、またまた沖縄ダイビングの写真、なはず。
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

21:57  |   伊豆ダイビング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2011'07.24 (Sun)

初めての富戸ダイビング

また更新があいてしまいましたが、夏休みに入る前に伊豆ダイビングを
アップしてしまいたいと思います。

前回の記事ではヤマドリのバトルを載せましたが、今回はそれ以外の写真を
載せようと思います。

ヒレネジ
ヒレナガネジリンボウ。
まずは、砂地のハゼエリアへ。ちっちゃいヒレネジがいました。
とてもちっちゃい個体だったので、ヒレも短い~。
この後すぐに、カワハギが引っ込めちゃいました。。

ダテハゼ
おなじみ、ダテハゼ。
いい加減、普通に撮ることに飽きてきたので、真正面から狙ってみました。

ハナハゼ
ハナハゼ。
今年はハナハゼがめちゃめちゃ多いような気がします。いつもこんなに居たっけ?
自分で撮るときは、なかなかこのようなヒレ全開状態を作れないけど、ガイドさん
がライトを当てると、きれいに開きますね。

キンセンイシモチ婚姻色
キンセンイシモチ。
このキンセンイシモチは、ばりばりに婚姻色を出していました。
きれいですね。

隠れ上手
浅瀬の砂地には、こんなかくれんぼ上手な魚がいっぱい居ました。
なんの魚でしょうか。

スジコウイカ
スジコウイカ、なのかな?
2本目では、たぶんスジコウイカのペアを見ました。コウイカ類は、
体がきれいに光るので、けっこう好きです。

魚のペア
えーと、この魚ってなんて名前だっけ?なんかの魚のペアです。
この時期の伊豆は魚のペアがたくさん見られます。

ウミスズメの幼魚
ウミスズメの幼魚、だと思います。
直径1センチくらいの子かな?形からするとウミスズメの子供じゃないかと思います。
この子はすごくかわいかった♪

ウミスズメの幼魚横顔
横顔もパチリ。
目がハートでかわいいですね。

この後、あのヤマドリのバトルにつながります。

次は川奈編をアップします。

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

20:26  |   伊豆ダイビング  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT   このページの上へ

2011'07.19 (Tue)

富戸で熱いバトル!

海の日の連休は、本当はIOPのはずだったのですが、今まさにやってきている
台風マーゴンの影響で、IOPが潜れず、初日は富戸に行ってきました。

富戸は割と伊豆では有名なポイントだと思うのですが、実は初めて行くポイントです。
印象としては、センターとポイントが離れているので、ちょっと面倒かな。

海の中は、砂地が広がる海で、IOPにいる生物とはちょっと違う感じがしました。
ポイントは隣なのに、環境の違いで海の中がだいぶ変わりますね。

どちらかというと、IOPがほかのポイントとだいぶ違う感じなのかな。あそこはビーチ
なのに、まるでボートポイントのような場所もあるし、泳いでいろんなポイントに行ける
のが、魅力なんですよね。

さてさて、富戸でもいろいろ生物を見たのですが、一番印象に残ったのはヤマドリのバトル。
2本目の最後の最後に見たのですが、時系列は無視して、ヤマドリのバトルからアップします。

ヤマドリのバトルにらみ合い
ヤマドリ、オスの戦い。にらみ合っています。
ヤマドリのオス同士が同じところにいると、縄張り争いのために喧嘩をするようです。
その喧嘩の様子は、ものすごくガチで熱い戦いで、見ていて本当に面白い。

ヤマドリのバトル威嚇
基本的には、こんな感じで横に並んで、威嚇し合っています。
それにしても、この背びれ、きれいですね。だらっとしていると、ただのヤマドリだけど、
喧嘩中は、ものすごい迫力でかっこいい!

ヤマドリのバトル噛みつき
バトルも後半になってくると、噛みつきあいが始まります。
赤い顔のほうが、先に仕掛けたのかな。オレンジのほうがねじ伏せられています。

ヤマドリのバトル反撃
フラッシュがビジーになってしまい、光が当たっていないため、色が出ていませんが、
良い構図だったので、載せちゃいます。オレンジの顔のほうが反撃に出ています。

ヤマドリ反撃威嚇
その後、興奮したままのヤマドリが、また背びれを広げて威嚇しまくっています。
片方は飛んじゃってますね。

この後、すぐに片方が吹き飛ばされて、私の前にポタっと落ちてきました。
決着がついたようです。確か顔が赤いほうが負けたんじゃなかったかな。

とにかく、このバトルが熱くて、見ているこっちも大興奮のバトルでした!
初めて見たけど面白かったーー。最後まで見届けられて良かったです。

次は、ほかの富戸で見た写真を載せたいと思います。

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

17:16  |   伊豆ダイビング  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

2011'07.18 (Mon)

7月の大瀬崎ダイビング

東京でも梅雨明けが宣言された7月9日、あまりものいい天気と暑さで
ダイビング日和でした。こんなにいい日に東京に居るのももったいないので
大瀬崎にダイビングへ行くことに。

連休を来週に控えているからなのか、同日にマリンダイビングフェスティバルを
やっているせいなのか、いつもは割と混んでいる大瀬崎もけっこうガラガラ。

夏の大瀬崎
陸はこんな感じで海日和です。右に見えている建物?は、海の家です。
まだ海の家は開いてなかったけど、夏到来!ですね。

この日は新しく買ったホットスキンブーツとミューフィンを初めて使うので、
2本とも海水浴気分で潜れる湾内で潜ることにしました。

ダテハゼ
ダテハゼ。
ほんとにいっぱいいる。いっぱいいるし逃げないので、ついつい練習がてら
撮ってしまうハゼです。ここは親子なのか、カップルなのか。2匹住んでいました。

ミノカサゴ
ミノカサゴ。
ミノカサゴの大人は、目が座っていて怖いのですが、ちっちゃい子はまだいいかな。

ムスメウミノシタ
ムスメウミノシタ、かな?
この小さ目系のカレイは、似たような魚が多くていまいちよく分からないんだよな。
砂地を見ると、よく目につきますね。

トラギス
トラギス。
これもどこにでもいるし、結構いろんなものを食べちゃう魚。この日も何かを狙って
いたのでしょうか。

ニジギンポ
ニジギンポ。
ビンの中に何かがいる。ミジンなのかな?こんな浅いところで、と思って見てみたら、
なんのことはない。ニジギンポちゃんでした。ビンに潜ったり出たりして遊んでいました。
とぼけた顔がなんとも言えないですね。

ソラスズメダイ
おなじみソラスズメダイ。
なんとなく、今年は小さいソラスズメダイがいつもより少ないような気がします。
毎年この時期はこんなもんだったっけ。キンギョも少ない気がするんだよな。
この個体はけっこう大きかったです。色が鮮やかでした。

ネンブツダイ
ネンブツダイのカップル。
この時期は産卵間近で、イシモチ系のカップルが目立ちます。ネンブツダイは
夕方くらいに産卵するのかな?

ガラスハゼ w/寄生虫
ガラスハゼ。寄生虫付き。
ガラスハゼを撮ったら寄生虫が付いていた。写真を撮っているときは気が付かない
けど、あとでチェックすると、寄生虫が付いていたってことが、たまにあります。

ゴンズイ
アオリイカの卵とゴンズイ。
アオリイカの卵の中でゴンズイ玉がちょろちょろしていました。卵の中から
顔をだすゴンズイが、ちょっとかわいかった。
アオリイカの卵の中には、ハッチしそうなちっちゃいイカが入っています。

イシダイ幼魚
イシダイの幼魚。
Exitしようとしたら、イシダイの幼魚がちょろちょろと泳いでいました。
カメラを向けると逃げるのに、カメラを外すとこちらをちょろちょろ気にして
振り向くイシダイの幼魚。なんか不思議な魚でした。

沖縄から帰ってきて、久しぶりに見る伊豆の魚は新鮮に感じました。
同じ国内で、全然違う種類の魚が見られるのは幸せだなーと思います。
伊豆ダイビングは、水が冷たくて敬遠する人が多いけど、頻繁に行けるからこその
発見があって、面白いですよー。

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

18:33  |   伊豆ダイビング  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

2011'07.18 (Mon)

沖縄ダイビング 初の万座3本目

なでしこJapan優勝で盛り上がっている海の日の朝。なでしこJapanおめでとう!

更新がのんびりすぎて、もう2週間前の話になってしまっていますが、これで完結です。
お昼を食べ、3本目はリクエストをしていたポイント「なかゆくい」です。

ここは、ナカモトイロワケハゼがいるビンがたくさんある素敵なポイントです。
一人ずつエントリーして待っていると時間がかかるので、ゲスト3人ガイド1人、
一斉エントリーをして、ナカモトイロワケハゼの地帯に直行します。

意外とエントリーした場所から遠く、レンタルのマンティスフィンで泳ぐのは
けっこう疲れ、自分のフィンを持ってこなかったことを激しく後悔しました。

ゴリチョくらいなら、器材は別になんでもいいのですが、遠かったり深かったり
するポイントは、やっぱりマイ器材のほうが楽ですね。次はちゃんと持っていこう。

ナカモトイロワケハゼ
ナカモトイロワケハゼ。
私が見ていたビンの個体は、けっこう臆病で、なかなかビンの出口まで出てきて
くれない。。顔も怖がってるように見える。。

伊豆でもよく見られるミジンベニハゼに似ていますが、頭から背中まで白いのが
ポイントです。この白さが南国っぽさを出していますね。

ナカモトさんがいるエリアは、結構深いので、そんなに長居はできないので、
減圧必要時間まであと3分というところで、徐々に深度を上げていきます。

イッポンテグリ幼魚
イッポンテグリの幼魚。
次に見れたのはイッポンテグリの幼魚。これも見たかった個体なのですが、いつでも
いるわけではない個体なので、居てくれて良かったです。

イッポンテグリ幼魚2
オレンジがかったおちょぼ口がかわいい~~♪♪♪
一生懸命砂をつつきながら餌を食べていました。
ヒレ全開した瞬間、ちょうどストロボがビジーで撮れませんでしたが、この正面顔も
なかなか気に入ってます。

イッポンテグリの親
近くには、この子のお父さんとお母さんらしき個体もいました。親はこんなに育つのか
と思うほどに大きくて、カメラに納まりきらない~~。

トウアカクマノミの幼魚
トウアカクマノミの幼魚

近くのイソギンチャクにはトウアカクマノミの幼魚がいました。小指ほどのオチビなのに
すでにアゴが割れているおやじ顔だ!

アサドスズメダイ
アサドスズメダイ。
さらに深度を上げたところは、コーラルがたくさんで、キラキラしていました。
浅瀬はスズメダイ天国。伊豆にはまずいないアサドスズメダイもたくさんいましたよ。
一見地味だけど、意外と綺麗な体色してますね。

そんな感じで、楽しい沖縄ダイビングも終了。
ショップに帰って、ログづけをし、一緒に潜ったみんなでご飯食べに行くことに。
その前に部屋でちょっとまったりしていたら、窓から見える夕日がとてもきれいだったので、
写真をたくさん撮ってしまいました。

砂辺の夕焼け
砂辺海岸の夕日。
ここで見る夕日は本当に美しい。

ということで、ショートトリップだった充実の沖縄ダイビング。
今年は夏休みも沖縄に行くので、次はもっとこうして、ああしてと、イメトレを
しておくことにします!

この後、伊豆で大瀬崎、富戸、川奈で潜ったので、その写真も近々アップします。
お楽しみに!

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

09:25  |   沖縄  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。