FC2ブログ
2011年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2011'12.27 (Tue)

2011年の振り返り

今年もあと数日で終わろうとしています。今年はかなり激動な年でした。
今年はさすがに、辛かったこともあったけどHappyだった、とは言えませんが、
やっぱり楽しかったこともたくさんありました。

ついダイバーで大瀬崎や石垣で潜ったことは、その中でも1,2を争う楽しさでした。
両方とも、正直言って海況がいいとは言えない状況ですが、仲間と潜る楽しさを
ダイビングをはじめて4年目にして、やっと知ることができました。

今年は、沖縄でたくさん潜ったことも楽しかった思い出です。
ものすごく大きな台風がきて、帰りは大変だったけど、今思えば、それもいい思い出と思えます。

伊豆でも、去年以上に潜りました。潜り始めまでは、いろいろ億劫だったのですが、
どんどん伊豆ダイビングが楽しくなる自分がいます。場所的に、頻繁に行けるところに
あるポイントなので、四季折々を感じることができるし、魚の生態を観察するには伊豆が
一番観察しやすいというのも、伊豆がどんどん好きになって行く一因かなと思います。

自転車活動は、残念ながら減ってしまった感があります。ちょいちょい乗ってはいたのですが、
FBにちょこちょこ載せていたせいもあり、ブログにはほとんどなにも書いてないな。。

そして、今年の最大の悲しかったことは、やはり3月の地震です。
あのショックを忘れることは、一生無いでしょう。1週間天涯孤独になるかもしれないと
思っていたし、それ以上に親兄弟は大変なことになっていたので。

GWに見た光景は、今でも目に焼き付いています。たくさんの流された車、家の瓦礫、
そして、喪服を着た人々が歩いている姿。。。本当に大変な災害だった。
テレビに映る数倍もひどい状態が、1か月近く経っても、そこにはありました。

突然ですが、ダイバーには、大物派、マクロ派、地形派、クラゲ派、など、
いろいろな楽しみ方があるという記事をずっと前に書いたことがありました。
私は、大物もマクロも好きなので、最初の2つはどっちとも決められないなぁとも
書いたような気がします。

最近思ったことは、自分は大物、小物を問わず、生物が好きなんだなぁと思います。
大小問わず、魚の観察にとても興味がある。ただ小物のほうが伊豆では観察しやすい
ということもあり、どちらかというと、小物を見ているのかな。

うちの父も生物観察、とりわけ鳥の観察を趣味としています。それで、よりによって
地震の時には牡鹿半島の先の方まで観察に行って大変だったみたいですが。。
まあ、私の生物観察好きは、その辺の趣味を受け継いだのかもしれません。

GWに実家に行ったときに、鳥のアルバムを数冊見せてくれました。ほとんどは滅多に
行くことのない海外へ行ったときのまとめの写真集でしたが、1つだけ地元でいつも
観察している場所での、10年分くらいのまとめのアルバムがありました。

海外に行ったときの珍しい鳥や、その場所の写真も、見ていてとても楽しいのですが、
心を打たれたのは、10年分くらいの地元で観察したまとめのアルバムです。
時間をかけて撮り続けた写真には、歴史が刻まれているのです。

私もダイビングで好きなスポットで何度行っても飽きないという場所がある。
縁起でもない話だが、いつ何が起きてそこで潜れなくなってしまうことがあっても
おかしくないということは、今回思い知った。

ということで、来年も潜れる時は、できるだけ好きな場所で潜っておこう!
そう思うのであった。

ということで、最後のに好きなポイントで撮った、好きな魚の写真を載せておきます。
キシマハナダイ

最後に重い話で締めくくってしまいましたが、来年に進むためには3月の地震は
避けて通れない話なので、ご了承くださいませ。

では、また来年、よろしくお願いします!
スポンサーサイト



テーマ : ひとりごと…雑記…きままに - ジャンル : 日記

21:57  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2011'12.27 (Tue)

川奈でダンゴ見てきました 2本目

お昼を食べて、十分蓄熱して、2本目に行きます。

その前に、1本目で腕から激しく水没してしまったので、乾かします。
ヒートテックは着替えを持ってきていたのですが、その上に着るインナーの
替えがなかったので、更衣室の建物にあるストーブで乾かします。

が、ドライ自体が濡れているので、どうにもこうにも。
左手はダイコンで締め直し、右手は、上から縛り付けるものを借り、2本目行きます。

ザラカイメンカクレエビ
ザラカイメンカクレエビ。

綺麗な海綿に付いているカクレエビです。ブリーフィングで、真正面ではなく、
左右からライトを当てるときれいに撮れると教わったのですが、なにせ1灯なので、
どうしても、真正面からピカーッと当たるので、どことなくぺったりした出来栄えに
なっちゃうんですよね。。

今年は、とにかく被写体に光を当てることと、被写体をしっかり捉え、ボケない
ようにすることに注力していましたが、来年は川奈にいる生物みたいに、動きが
鈍い被写体の時なんかは、2灯でじっくり撮ってみようかなぁと思いました。

それはそうと、これを撮っているときに、やっぱり左手にツーっと水が伝わるのが
分かる。。ダイコンをもう少ししめなおしたのですが、私は写真を撮るときに腕を
上に向けて、ギュっと握りしめる癖があるようで、そのとき筋ができて、水没するようです。

手首より、もうちょっと上にあげて着るといいとか、手袋を上からかぶせるといいとか
いろいろあるようなので、もうちょっと工夫の余地があるかな。水没は寒すぎなので、
次回潜るときまでにはなんとかしたいものです。

次にジョーフィッシュを見に行ったのですが、ご機嫌斜めで、自分で穴にふたまで
しちゃったので、諦めます。ジョーは初島に行って見るのが一番良さそうですね。

ウミテング
ウミテング。

近くに居たウミテングでも撮って、一応ジョーを待ってみましたw
このウミテングは1本目で見た個体より、ちょっと大きめでした。

アナハゼの卵
アナハゼの卵。

目がぎらっとして、けっこう熟れてきているアナハゼの卵。海綿の中に居ました。
今年はタコのハッチもイカのハッチも見てるので、これもハッチしないかなぁと
思いますが、まだちょっと早いようですね。

ウミウシ
ウミウシ。

苦手なミノ系?ですが、この子は角の場所が分かりやすいウミウシでした。
ちょっとピグミーっぽいぼこぼこがキュートなウミウシです。

このあと、オシャレカクレエビを見たのですが、その隣の亀裂をみたら、ベンケイハゼ
っぽいのがいた!いたーっと思って写真を撮ろうとしたら、あっという間にいなくなる。。
しばらく、探しまくったのですが、ぜんぜん出てくる気配もなかったので、諦めます。

そして、アッカ君が一生懸命何かを撮っていて、見てみたら、ベンケイハゼの子供。
これを見て、やっぱりさっき見たのは空目じゃなかったんだ!と確信。
惜しいことしたなぁ。。こっちのちびベンケイは、動き回るし、アッカ君が邪魔だしw
で、写真に撮ることはできませんでした。。

とにかく、寒い1日でしたが、伊豆の海は面白い!
夏ほどのペースではいけないと思いますが、冬もちょいちょい潜りに行きたいと思いました。

そんな感じで、伊豆でに潜りおさめ終了です!
あと10本で全部で300本記念、そして、あと10本で伊豆での100本記念!
来年もいっぱい潜って、伊豆を堪能したいと思います。

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

11:50  |   伊豆ダイビング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ
 | HOME |