2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT   このページの上へ

2009'07.13 (Mon)

2本目は志津摩 でも水温は15℃

最初は2本とも藤三ビーチと言われていたので、ちょっとがっかりだったのですが、
少しずつコンディションも良くなってきているようで、
2本目は志津摩ビーチを潜ることになりました。

こっちはスロープになっていそうなので、エントリーしやすいかなと思ったのですが、
コンディションが悪いため、ざぶざぶなのと、干潮の時間が重なったため、
やはり、ゴロタを頑張って越えて入ります。

ブイに向かって潜降し、そこからちょっと進むと白い砂地が広がっています。
砂地が白いので、見上げると上が綺麗にみえます。
寒くなければ最高なんですけどね。。
blog_タカベ110709
久しぶりにタカベを見たような気がします。
秋から冬までは、この魚、もういいよというほどいっぱい群れているのですが、
久しぶりに見ると、なんか新鮮に感じます。

稲取では、タカベは通年見られるそうです。
そういえば神子元に冬に行った時も、群れてたので、南伊豆では常連さんなのかも。

blog_ネンブツダイマウスブリーディング110709
岩場には口が膨らんでいるネンブツダイがいました。
口内保育の季節がやってきたんですね。この日はとても寒かったですが。。

私のカメラは白がとっても苦手で、白い個体を撮ろうとすると
必ず、隣の被写体にピントを合わせてしまいます。
blog_ガーベラウミウシ110709
ということで、ピントが隣の赤い枝に合っていますが、
たぶん、ガーベラウミウシがいました。

それにしてもピントが全然合ってませんね。
確かにうねりがきつかったこともあるのですが、白いせいでもあると思うんですよね。
白い被写体を綺麗に撮るコツなんてあるのでしょうか。。

そして、砂地には
blog_ネコザメドアップ110709
またネコちゃんがいました。

ネコザメは岩場に隠れていることが多いような気がするのですが、
このネコザメは堂々と白い砂地に横たわっていました。
大きさは1.5メーターくらいかな。

横にはヒラメの子供が
blog_ヒラメの子供110709
どこにいるか分かりますかね?
ヒラメって隠れ上手なんですよね。写真の真ん中あたりにいます。

そして、もうちょっと泳いでいくと漁礁が見えてきます。
blog_漁礁110709
残念ながら漁礁にはネンブツダイくらいしか群れていませんでしたが、
漁礁の中に、なにか大きな魚のヒレが見えたりしたので、ゆっくり見て回れば
何か面白いものがいるかもしれません。

が、寒い、寒すぎます。
時折温かい水が入ってくるのを感じるのですが、基本冷たいので1周して帰ることに。

blog_サビハゼ110709
漁礁の下には、サビハゼがたくさんいました。

志津摩ビーチは、基本的に南北にガイドロープが張ってあり、
割と簡単な地形をしています。
ということで、寒いので先頭を切って帰ります。

泳いでいたら、いきなり此奴と目が合ってビックリ。
blog_カサゴ110709
食べても美味しいカサゴです。
ギョロッとした目に、分厚い唇がたまりません。
寒さに負けず、頑張ってシャッターを切りました。

伊豆では本当によく見るタカノハダイ
blog_タカノハダイ110709
よく見るんですが、写真が後ろ姿ばっかだったのですが、
寒かったので、こいつもちょっとのんびり泳いでいました。

帰りは砂地が雲海のように煙っていました。
ある意味幻想的と思いつつも、これで濁る前にと帰りを急ぎます。

寒すぎて足がつり気味だったこともあり、
イグジットもちょっと苦労したのですが、なんとか上がって
器材をばらしてお風呂に直行します。

お風呂のお湯が温かくて気持ちいい~。
しかし、あんまり寒いので足がしばらくしびれていました。

この後潜った人の話によると、午後は水温が18℃まで回復したそうです。
その代り透明度が3メートルくらいにガタ落ちしたらしい。
あの雲海のような砂が撒きあがった時に、潮が変わったようですね。

午後潜った人は、寒くても透明度がいいほうがよかったと言ってました。
確かに私たちは早目に潜ってラッキーだったかも。
ホントに寒かったですが。。

稲取は、遠くまで来た割には、特別珍しい魚がいるわけでもなく、
魚が多いわけでもないのですが、(前日荒れて水温がガタ落ちしたせいかもしれませんが。。)
伊豆らしい魚がいて、人が少なく、のんびりと潜れてなかなか良かったです。

ここはセルフダイビングも積極的にやっているらしく、
セルフだったら、直前に行ってもタンクだけ準備しておくので、
ぜひ今度はセルフで遊びに来てくださいとのこと。

確かに初めてセルフをしたときは、深度管理なんかが難しいなと思ったりもしたのですが、
ここは、ずーっと浅いので、潮と残圧だけ気にしていればよさそう。

ビーチでセルフはやっぱりガイド付きより全然安く潜れるので、
今度はセルフで潜りに来ようかなと思いました。

↓ブログ村ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

21:08  |   伊豆ダイビング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://buonfinesettimana.blog82.fc2.com/tb.php/192-3ba92d00

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。