2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT   このページの上へ

2009'07.26 (Sun)

川奈のビーチって面白い!

今週の土曜日は川奈に行ってきました。

先週末は、さすがに3週連続は無いだろ、と思っていたのですが、
今週の月曜日あたりから、水温が上がって透明度が上がってますと
あちらこちらのダイビングサービスの海況情報などにアップされており、
冬や春濁りのような海を2週連続で潜っておいて、今のいい時期に潜らないなんて
なんか損した感じ、と思って、今週もダイビングに行くことにしました。

ダイビングサイトは、マリンダイビングの付録に着いていた、
IZU Walkerを見ていたら、川奈が近くて面白そう。
おまけに川奈はセルフダイビングもできるということで、川奈に行くことにしました。

心配なのは、前日の大雨と当日の強風。
大雨が降ると、川が近くにあるダイビングサイトはひどくニゴニゴになっちゃうのは、
OWの真鶴で体験済みなので、川奈はどうかなと聞いてみたところ、
川奈は名前に川が付くにもかかわらず、流れ込む川はないそうで、一安心。

風は、幸い川奈のビーチは北東を向いており、今回は南西の風だったので、
影響なしでした。

多少のうねりはあったのですが、出入り口の浅いところだけだったし、
あれくらいのうねりは、IOPが穏やかと言っている時のうねりくらいなので、
まったく問題ありませんでした。

夏は大丈夫ですが、秋の伊豆は「ならい」と言われている北東の風が吹き込むので、
秋はその辺は気にしておいたほうがいいですね。

川奈は電車の駅も近いらしく、電車で来る人も多いようです。
私たちは車で行ったので、またまた渋滞にはまる前にと、家を6時前には出たので、
集合時間9時の1時間近く前に着いてしまったのですが、
スタッフは既に待機していました。

やはり車で来る人は渋滞を避けるために、早目に着く人が多いらしいです。
初めてのサービスだったので、またまたカードにいろいろ記述します。
ここは(使ったサービスはODA)カード番号やボートダイビングの本数なんかも記述しました。

電車で来る人を待って、チーム分けをして、いよいよ1本目、10時半くらいにエントリーです。
1本目は初めてのサイトだし、セルフではなく、ガイド付きを選びました。

ここは(安良里もそうでしたが)、最初にどんな魚がみたいか聞いてくれるので、
チビカエルアンコウと、ウミテングをリクエストしておきました。

マクロ中心に回るけど、せっかく透明度がいいので、
最後にちょっとワイドを見るコース取りをしてくれるそうです。

またまた、前置きが長くなってしまいましたが、最初に見た魚は
blog_ミノカサゴ幼魚250709
ミノカサゴの幼魚です。顔はなんだかお爺ちゃんっぽいですが。
ちっちゃくてヨタヨタ泳いでいました。
ミノカサゴって大人になると、やたら写真撮ってとアピールしてくるのですが、
幼魚はさすがに逃げがちでした。そこが可愛いのですが。。

そして、砂地に出ていくと、
blog_マゴチ250709
マゴチが居ました。
砂地の写真は、水中補正を入れると緑色になっちゃうので、普通のモードで撮ったのですが、
今度は思いっきり青かぶっちゃってますね。
フラッシュはオートモードにしてると、砂地だとほとんど光らないので、
次に行くときは強制発光で試してみたいと思います。

そして、さらに進んで行くとトーフ岩の先の方に、
blog_ウミテング250709
ウミテングちゃんが居ました。
可愛い!おもちゃみたいに動いています。ちっちゃくてすっごい可愛い。

レンベで見たウミテングは、手のひらサイズくらいあったと思うのですが、
ここのウミテングは、
blog_ウミテングのサイズ250709
大人の指のサイズです。むちゃ可愛い。
そういえば、川奈ってレンベと生物相が似ていたような気がします。

その近くにはアオリイカの産卵床があったのですが、
私たちが通った時は、アオリイカは居ませんでした。

そして、さらにその先に
blog_ちびオレンジ250709
おチビちゃんがいました。オレンジのカエルアンコウ幼魚です。
せっかくのおチビちゃんなのですが、先客がいたので、砂がたくさん映ってしまいます。
私はうまく写真に撮れなかったので、アッカ君のをもらいました。

さらにそこから北東の方に進路をとると、
blog_シビレエイ250709
シビレエイがたくさん居ました。たくさん居たのですが、
この子たちはかくれんぼ上手で、ガイドさんに指をさされても気が付きませんでした(汗)。
ちなみにこれは水中モードで撮った写真。やっぱり緑ががかってます。

砂地には、こんなのも隠れていました。
blog_コウベダルマガレイ250709
コウベダルマガレイ。
この前の安良里では、写真を撮る前に逃げられちゃったのですが、今回はちょろちょろっと
動くだけで、逃げずに居てくれました。

もうちょっと北東に進むと、
blog_スナダコ250709
スナダコも居ました。
スナダコは、こんな感じで逃げるそぶりもなく、写真に撮られていたのですが、
急にすごい勢いで逃げて行きました。
タコがあんなに逃げ足速いなんて、ビックリです。

そして、この日一番可愛かったのはこの子です。
blog_クロカエルアンコウ250709
おチビのクロカエルアンコウ君ですが、この子はハンティング中でした。
獲物は後ろにも映っていますが、この時期大発生しているサビハゼです。
このちっちゃい子は、自分の体より大きなサビハゼを丸呑みするそうです。

エスカーは使わずに、ピョコピョコ獲物を狙っていたのですが、
一度大ジャンプを見せてくれました。
残念ながら失敗に終わりましたが、動きがやばいほどに可愛かったです。
ずーっとこれを見ていてもいいくらい。

そして、ここで進路を南西の根の方に変更します。
ここの根には
blog_ベニカエルアンコウ250709
ベニカエルアンコウのペアが居ました。
写真は1匹ですが、この子の下に、もう一匹居ました。
ベニはIOPにも必ずと言っていいほどいるのですが、動くのを見たことがありません。
どうやら夜に活動しているようです。

このベニちゃんの近くに、ちっちゃーーい小指の爪ほどのセスジミノウミウシが居たのですが、
うまく写真には撮れませんでした。
ガイドさんって、よくあんなちっちゃいの見つけるよなと思います。

サクラダイの幼魚もいました。
blog_サクラダイの幼魚250709
が、この辺は水温が低く、足がつりかけてこともあり、写真が綺麗に撮れません。
アッカ君の写真をもらいました。

そろそろ残圧も80なので、根を回ってゴロタの上を通って帰ります。
進路を浅目にとっているので、水が暖か~い。

blog_マアジの群れ250709
こちら側にはマアジが群れていました。
海洋公園のほどではないですが、なかなかの群れです。

ネンブツダイもたくさん居ました。

岩の下には
blog_ボウズコウイカ250709
ボウズコウイカもいます。
岩場はうねりがちょっと強かったので、透明度がちょっと落ちていました。

岩の隣の砂だまりには
blog_ムスメウミノシタ250709
ムスメウミノシタがいます。
これも、よく見つけるようなと思うようなちっちゃいカレイでした。

この先がExit口なのですが、どんどん透明度が落ちてきます。
途中違うグループの人のゲストさんのタンクが落ちかけていたので、
ガイドさんを呼びますが、気付かないので、私たちのガイドさんが直してあげていたら、
気が付いたようで、一生懸命直していました。

海の中でタンクが外れると、大変ですね。
まあ、私も海の中で外れると嫌なので、必ず陸上で、BCだけでタンクを持ち上げて、
ちょっと振ってみてから背負って入るのですが、気を付けなければなりません。

透明度が3メーターある?と思ったあたりがExit口でした。
人がたくさん入るせいなのか、En/Extあたりだけが、凄い濁りようです。
顔を上にあげて、進路を確認しながらEntry仕掛けている人を待ち、Exitします。

ここもフィンを履いたままEn/Extできるので、非常に出入りしやすいです。

タンクを付け替えて、お昼休みです。
ガイドさんと一緒に潜った女性の方は、2本目はボートのようです。

2本目に続きます。

↓ブログ村ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

19:49  |   伊豆ダイビング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://buonfinesettimana.blog82.fc2.com/tb.php/199-a722ca11

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。