2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT   このページの上へ

2009'09.12 (Sat)

Donfan Thila: リーティビーチ ボートポイント

9/2 の一本目はDonfan Thila というポイントです。
ここは、ガイドもこの辺で一番といっていたポイントです。

確かにここは、Thilaが今まで行った中では割と大きく、潮あたりもいいと思いました。
また、セイルロックのチムニーのような穴もあるようです。
オーバーハングがいっぱいあるところもあり、バラエティに富んだThilaです。

バラエティに富んでいるだけにとるコースによっていろいろ楽しめそうで、
魚もたくさん群れているので、ガイドさんが好きというのは分かるようなきがしました。

私たちは、今回は最初に群れが深場に居たので、20Mアンダーにちょっと長居してしまったので、
早めに棚の上にあがり、後半は浅場でずっと遊んでいました。

2本連続でここでもいいなと思うような変化に富んで楽しいところです。

blog_クマザサハナムロ020909
クマザサハナムロの群れ
潜降したとたん、クマザサがたくさんいました。
結構どこにでもいる魚ですが、群れはやっぱり綺麗です。

blog_グラスフィッシュ020909
潜ったとたんキラキラしていました。やっぱり群れはいいですねぇ。
ちっちゃい稚魚も本当にたくさん、キラキラしています

blog_Big-eyeTrevally020909.jpg
Big-eye travally でしょうか。
偶に見かける、まあまあ大きな魚です。

blog_ヨスジフエダイ020909
ヨスジフエダイを見るにはちょっと深めだったのですが、
結構たくさん群れていたので、ちょっと潜りました。
ナイトロックスなので、こういう深度の時は、ホントにNDL管理が楽です。

とはいっても、いくらナイトロックスでも適当なところで、ちょっとずつ深度を上げていくことにします。
blog_ロウニンアジ020909
上がっていったところは、ちょうど潮あたりがいいところで、
クマザサやグラスフィッシュが、先ほどに増してキラキラむれていて、
そこにたくさんのロウニンアジが突っ込んで行っていました。
こういう光景はやっぱり興奮させてくれます。

しばらくこの光景を眺めていたら、向こうからマダラトビエイが2匹やってきました。
blog_マダラトビエイ020909
マダラトビエイはいつも、あっと思っているうちに居なくなってしまうので、
なんかうすい影のようにしか写真が撮れません。
本当はもうちょっと透明度のいい時に見たいんですけどね。

blog_モルディブアネモネフィッシュ020909
そういえば、この棚には、大小さまざまなモルディブアネモネフィッシュが群れている
イソギンチャクがありました。

blog_サンゴ礁の魚020909
棚の上にはチョウチョウウオなどのサンゴ礁の魚が群れています。

blog_ScribbledLeatherjacket020909.jpg
_ScribbledLeatherjacketです。この魚、模様が好き。

これくらいかな。こんな感じで浮上します。
この日は2本ボートなので、一路次のポイントへ。

↓ブログ村ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると大変嬉しく思います。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

21:01  |   リーティビーチ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://buonfinesettimana.blog82.fc2.com/tb.php/215-56861b26

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。