2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT   このページの上へ

2009'10.12 (Mon)

不動峠で撃沈、そしてフルーツラインへ

3連休、初日は午後から天気が不安定とのことでしたが、
結局3日とも晴天に恵まれ、体育の日らしく、スポーツの秋日和が続いています。

ということで、3連休の真ん中日曜日、つくばをポタってきました。
ルートは最近よく買っている雑誌"自転車人"に掲載されていた秋のチャレンジライドと
ほぼ同じルートをたどることに

大池→不動峠(登り)→裏不動峠(下り)→フルーツライン→板敷峠→りんりんロード
→真壁で寄り道→りんりんロード→北条の町で寄り途→大池

というルートを通りました。
距離はそんなに長くはないですが、山あり古い街並みありサイクリングロードありで、
なかなか楽しいポタでした。

まずは、大池の近くの遺跡がある公園に車を止め、不動峠を目指します。
blog_不動峠入り口111009
不動峠入り口です。ここから4キロ連綿と上り坂が続きます。

峠を越えるのは、実はこれが初めてで、前日からここを登りきれるか不安があったのですが、
登りきるまでたったの4KMなので、登れなきゃ歩けばいいか、案ずるより産みが安しで、
思い切ってこのルートをとりました。

この峠、ぶっちゃけ最初からかなりキツイです。
キツイ~~と思いながらも頑張って登ります。ギアは前インナー後ろ一番ローとあっという間に
使いつくしてしまいました。
普段も、かなり軽くしてゆるゆる運転していたツケが回ってきた感じです。

それでも最初は頑張っていたのですが、たぶん半分もまだ来る前に、頭が苦しくなり、
一旦休憩しました。

かなりへばっていたので、数分休んでいたのですが、その間にもみなさんドンドン登って行きます。
女性の方もいらっしゃって、挨拶してくれる余裕も全然あり、すごいなぁと思いました。

とはいっても、かなり頭がクラクラしていたので、それが取れる前に動いたところで、
また休む羽目になるなぁと思い、クラクラが取れるまで待ちました。

そして再び登ります。
今度はあまり無理をせず、(といっても、最初からまったく無理はしていないのですが(汗))
坂がキツイと思ったら、無理せずに歩く戦法(にもなってませんが。。)で登ります。
とにかく歩いてでも登りきるしかないので。
blog_不動峠歩きます111009

ところどころ自転車に乗ったり、引っ張ったりしていたら、アッカ君が途中で休憩ついでに
待っていてくれました。
blog_下の景色111009
登るのにいっぱいいっぱいで全然景色を見ている余裕は無かったのですが、
実はこんなに素晴らしい景色の峠なのです。
サイコンを見ると、どうやらあと1キロくらいというところまでやってきていました。

あんまりグズグズもしれ居られないので、飲み物を飲み、またゆるゆる歩いては漕ぎ、
濃いでは歩きを繰り返し、上を目指します。
途中10%を超える急斜面が出てきて、自転車押すのもきついよと思っていたら、頂上です。

タイムは普通の人だとまさかの40分。
まあ、ほとんど歩いてきたような時間ですが、最初だし登りきったことに意義があるということで。。
クライマーな人は、ここを10分台で登り切り、何度も登ったり降りたりを繰り返すそうです。
4キロを10分台って。。。私の場合平らな道でまじめに走っている時の速度なんですが。。。
私的には、もちろん一日一回が限界なので、次を目指します。

blog_不動峠頂点111009
この頂点を左に行くと、さらに筑波山を登っていくルート、右は裏不動峠を下っていくルートです。
これ以上登りは無理なので、下ります。
blog_不動峠下り111009
下りは下りで、台風の影響なのか、若干ぬかるんでいるところあり、カーブの先は見えないので
何が出てくるかも分からず、車道で見通しも良ければ、路面もいいところを下るのとはわけが違い、
登りとは違った意味で疲れます。足じゃなく、手がものすごく疲れました。

下りは、その後お昼食べたところで読んだFun Rideに特集記事が載っていたのですが、
やはり技術が必要なようです。ただ、下りの技術は体力いらずのJust 技術なので、
修得すれば、すぐに使える技術というようなことが書いてありました。

今まではロードの技術なんかはスルーの方向なところがあったのですが、技術は安全につながる
とのことなので、知識も取り入れつつ、練習もしていかなきゃなと思いました。

私はちょっときつかった峠ですが、アッカ君はきついながらも峠がすっかり気に入ったようで、
次のポタからは峠を織り交ぜるルートをとりたいと言っていました。

登りきる自信がまったくないので、歩ける距離の峠なら、という気分です。
最初から歩く気満々なのも、自転車乗りとしてはちょっとかもですが、不安を感じながら
ポタってもしょうがないので、それはそれでいいかなぁと思います。

blog_不動峠出口111009
不動峠の降り口はこんな感じで、実はこのみかん狩りの方に行くのか、
真っ直ぐ伸びる道路に行くのか迷いました。

というのは、次はフルーツラインなので、フルーツラインという標識があると思ったのですが、
特にそのような標識はなく、あるのはこのみかん狩りのみ。

このみかん狩りの看板がちょっとConfusingで、どうしても私の頭の中では
フルーツライン→フルーツ→みかん という図式が成り立ってしまい、
普通に考えればまっすぐだよなぁと思うのですが、もしかしたら、みかんの方かもと思ってしまいます。

最初は真っ直ぐの道に行ったのですが、フルーツラインっぽい道が現れないので、もしかしたら
みかんの方かも、と思い、引き返してみかんの方に行ってみたのですが、ちょっといったら
またすぐに峠道。これは絶対違うな、ということで、真っ直ぐの道に戻ることに。

さっき引き返したところから、もうちょっと進んだら、フルーツラインがありました。
blog_フルーツライン111009
ネーミングから周りがブドウ畑とかみかんの木とかが連なっている道路を彷彿させられたのですが、
たんなる国道です。あんまりフルーツラインという名前を押しださない理由が分かるような
気がしないわけではありません。

ここのフルーツライン、アップダウンが多く、意外と疲れますが、車が多いというわけでもなく、
道も広く、けっこう快適な道でした。
快適とはいえ、そろそろ飽きてきたなぁというころに、分岐します。

再び田舎道に入り、快適な田舎道でした。
途中コンビニによって、水を買ってトイレをお借りしました。
blog_猫111009
ついでに可愛い猫もいました。

blog_気持ちのいい田舎道111009
コンビニで補給した後、板敷峠と書いてあったので、また気合い入れて登らなきゃと思ったのですが、
こっちは拍子抜けするような普通の田舎道でした。
blog_すすき111009

そして、コピーしてきた"自転車人"の記事を参考に、どんどん進んで行ったら、
blog_岩瀬駅111009
岩瀬駅に到着です!

ここからはつくばりんりんロードに入って帰ります。
続きはまた後で。

↓ブログ村ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると大変嬉しく思います。
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
スポンサーサイト

テーマ : 自転車 - ジャンル : 車・バイク

19:09  |   ポタリング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://buonfinesettimana.blog82.fc2.com/tb.php/227-afc9a231

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。