2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT   このページの上へ

2010'01.12 (Tue)

マクロ三昧のブルーコーナー

3日目一本目はブルーコーナー。
今日はリクエストしていたマクロの穴に行くそうです。
blog_ブルーコーナーマクロの穴
潜った時間の流れはあまり流れてはいないとはいえ、Out goingだったので、
マクロの穴に行くために、変則的なコースを頼みました。
途中ハプニングがなければピンクのコースの予定でしたが、実際にはほぼ赤のコースを
たどっています。

普段ナイトロックスだけどダイコンはエアのままの方も、みんなナイトロックス設定にしてGo!

しかし、今日はなぜか沈みにくい。潜っても潜っても、浮いてしまう感じがします。
ウエイト忘れたかと思って、ウエイトベルトに手をやって数を数えても、ちゃんと2ポンド×2個付いています。

1本目だし、ウエットによっぽど空気が入り込んでいるんだろうか、なんて考えながら頑張って30Mくらいまで
潜ったら、なんだかだんだんいい感じになってきました。
このときはそれくらいにしか思ってなかったんですよね。。

blog_ギンガメの渦巻き020110
結構頑張って潜ったので、息を整えつつ、棚の下で渦巻いているギンガメアジの群れを撮ります。
ブルーコーナーのマクロの穴のところっていつもギンガメが渦巻いているような気がします。
渦巻きギンガメ、いいですね。やっぱりギンガメはこうでなくちゃ。


blog_ヘルフリッチ020110
そして、マクロの穴へ。今回は潮が逆だし、朝一で行ったということもあり、
ヘルフリッチちゃんがいっぱいいます

blog_かわいいっ020109
ヘルフリッチちゃん。色もきれいだし、なによりこんな深く暗いところにしか居ないところが
撮影魂に火をつけます。マジでかわいいよ、この子たち。
といっても、これ、全部アッカ君が撮った写真です。

幸い、今回はカメラは動いたのですが、私の写真は暗すぎてダメでした。
自分の写真を撮りながらも、ライト係、頑張ったよ。

blog_ニチリンダテハゼ020110
同じ穴にはニチリンダテハゼも居ました。すごい元気に泳ぎ回っています。
そっぽ向かないでぇと思うのですが、そっぽ向いちゃうんですよね。

同じ場所にアケボノも居たのですが、昨日シアーストンネルで撮ったということもあり、
一枚も写真撮ってなかったみたいです。こっちでも撮ればよかったなぁ。

そんなこんなで、ヘルフリッチばかり撮りまくっていたので、しつこいけどおまけにもう一枚ペタリ。
blog_ヘルフリッチ正面020110
結構ぶれちゃってますが、今度は正面の写真です。

そんな感じで、時間も忘れてすっかり堪能していたら、NDLまであと5分とダイコンが告げています。

後ろを振り向いたら、ガイドさんとほかの二人のゲストは水深をあげて、中層で待っていました。
ほかの二人のゲストさんは、パラオだけで300本は潜っている方と、パラオ駐在で、
ブルーコーナーとジャーマンは飽きるほど潜っているとおっしゃっていた方だったので、
すっかり飽きていたかもしれません。ごめんなちゃい。

それにしても、ナイトロックス、やっぱりいいですね。
31%にして潜りましたが、去年エアで同じところを潜ったとき、アッカ君はDECOが出ちゃったし、
私もNDLぎりぎりだったので、こんなに深いところで粘ったのに、5分余裕を残して帰れるのは
気持ち的に余裕ができます。

マクロの穴を堪能し、大満足でちょっとずつ深度を上げていきます。
先ほどのギンガメの渦の近くを通って棚に向かいます。今度は動画でどうぞ!

真っ青な海の中をたまにピカピカ体を光らせながら泳いでいて綺麗ですね。
空気の読めないマダラタルミが目の前を横切っていきますが。。

途中の壁に、ブリーフィング通りマルチカラーエンゼルフィッシュが居たのですが、
ブリーフィング通り動きが素早く、とても写真に撮れませんでした。

しかし、私はマルチカラーが居た水深20メーター付近で異変に気付きます。
BCの空気が抜けないのです。というか、そういえば30Mも潜ってるのに空気を入れた記憶がない。。

おかしいけれど、とりあえず棚の上に上がるまでは中世浮力を保てるくらいなので、
棚の上のあがったらガイドさんに言うことにして、それまでは楽しむことに。

blog_パープルビューティーかな020110
これは、パープルビューティーオオテンハナゴイ?かな。。ハナダイ系の魚は種類が多くて覚えられない。。
紫色で綺麗なハナダイです。

blog_サラサハタ020110
サラサハタだと思います。光がちゃんとあたっていれば、白に黒の水玉でもっとかわいいはず。

blog_インドオキアジの群れ020110
そして、棚に上がる直前には、またまたすごい群れが。
これは昨日もウーロンに居たインドオキアジでしょうか。

blog_モンガラカワハギ020110
おなじみモンガラカワハギです。やっぱり私のIxyはこれくらいの深度以上じゃないと
綺麗に撮れないなぁなんて思いつつも、やっぱり足が浮いていくので、明らかにウエイト不足。

ということで、浮かないように気をつけながら、急いで泳いで行ってガイドさんに浮くんだけど。。
というジェスチャーを送ります。

ガイドさんがBCの空気を抜きますが、やはりちょっとしか抜けません。だって空気入ってないし。。

ということで、浮かないように気をつけながら、棚に打ってあるブイ下に泳いでいきます。
ということで、浮かないように気をつけながら、急いで泳いで行ってガイドさんに浮くんだけど。。
というジェスチャーを送ります。

ガイドさんがBCの空気を抜きますが、やはりちょっとしか抜けません。だって空気入ってないし。。

ということで、浮かないように気をつけながら、棚に打ってあるブイ下に泳いでいきます。
絶対おかしいと調べたところ、なぜか違うタンクが付いているらしい。
私的にはやっぱりなと思ったのですが、ガイドさん、水中で謝りつつも、今回のゲストは
エキストラウエイトは必要になる人は居ないだろうということで、
エキストラは持ってきていないらしい。

幸いにもパラオで300本のHさんが、エキストラを持っていたので、2ポンドもらいますが、
タンク的にはあと2ポンド(1.6キロくらい?)足りません。

ということで、みんなでブルーコーナーの棚でウエイト探しを始めます。
私はその間、ロープにつかまってポケっとしていましたが。。

が、こういう時に限ってウエイトは落ちてないもんですね。

とりあえず、ガレキがいっぱいあるところを見つけてくれたので、そこに行ってガレキを
BCのポケットに突っ込みます。

blog_ライオンフィッシュ020110

その間にライオンフィッシュを撮っていたのですが、フラッシュをやはりフラッシュを
焚くのを忘れていました。。

そして、ロープを伝いながら浮上します。今回はディープダイブだったので、案全停止も
しっかり長めにとり、ロープをつたいながら、ゆっくりゆっくり浮上します。

それにしても、こんなことになったのがブルーコーナーでよかったです。
なんてったって、棚の上にブイを打ってあるので、潜降ロープがあるし、やっぱり
ブルーコーナーは、ある程度回数を潜っているので、あんまり不安はなかったので。。

それにしても、ある意味勉強になるダイビングでした。
サムズみたいにタンクが2種類あるところは、タンクにCと書いてあるか、Sと書いてあるか
ちゃんと確認した方がよさそうです。

ちなみにスタンダードもコンパックも、ぱっと見タンクの形状は全く同じなので、
なかなか気づきにくいんですよね。重さがあんなに違うのに。。

私のタンクとスワップされてコンパックで潜った人は、ブルーホールを潜っていたのですが、
重い分には、いつもより沈みやすいなぁくらいにしか感じなかったらしい。
しかも、モンツキを強く希望していたチームなので、浅場をずっと潜っていたらしく、
浮かなくて済んで、かえって良かったらしい。

いくらガイドが付いていても、少なくとも10Mくらいまでは、バディと同じ速度で
確認しあいながら、潜降した方がいいかなと思いました。
おそらくバディと確認しながら潜降したら、バディもおかしいことに気付いたかもしれません。
セルフで潜るときは、これ絶対ですね。バディ以外誰も助けてくれないので。。
いろいろ教訓はできたかな。

まあ、後半は色々大変だったとはいえ、大好きなブルーコーナーだったし、ヘルフリッチも
ばっちり見れたし、これはこれでなかなか楽しい1本でした。

↓ブログ村ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると大変嬉しく思います。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

20:56  |   パラオ  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

●待ってました!ヘルフリッチ!

みゅうさん
ヘルフリッチ、見れたんですね~!うらやましい!
我家、まだ小物に全く興味のない時にパラオへ行った為、
ヘルフリッチは今だに見たことなし・・・。
いつかパラオ行って会いたいと思ってます。
やっぱ30ぐらいのとこですか~。アケボノもそうだけど割りと
深めよね~。でもナイトロックスだったらいっか♪

ウエイト、軽めだと安全停止の時、かなりやばいですよね(汗)
ウェイトってたまに落ちてるのを見かけるけどこういう欲しい時に限ってないもんですね(笑)
でも無事ダイビングが終わってよかったです。

あ、我家、GWはレンベにしました。
初めてなのでかなり楽しみです♪
しかしレンベ、遠いね~。あっかさんの旅行記、参考にさせていただきま~す!
とよみん | 2010年01月14日(木) 00:52 | URL | コメント編集

●Re: 待ってました!ヘルフリッチ!

とよみんさん

ヘルフリッチ、ブルーコーナーのマクロの穴にいっぱいいましたよ~。
朝一で行ったこともあり、去年よりたくさん居たような気がします。

いつかパラオに行った時、ぜひ会いに行ってください。
32メーターくらいだったかなぁ。確かに深めです。
パラオのポイントって結構深めなところが多いんですよね。

ウエイト、そうそう、欲しい時に限って無いもんなんですよね。。
ブイが打ってあるパラオで良かったです。

GWはレンベですかぁ。マクロ三昧ですね。私はここでマクロに目覚めました。
確かに遠いです。メナドの空港までも遠いけど、そこからさらに
車で1時間以上あるんじゃないかな。。

それでもレンベのリゾートに泊まるなら、メナドからの日帰りツアーより
全然楽だと思いますよ。魚もレンベのガイドの方が探してくれそうだし。

メナドも行く予定ですか?メナドはブナケンまで行くより意外とハウスリーフの方が
面白かった記憶があります。その時のコンディションにもよるかもですが。。

ちなみに私の初DECOはレンベでした。
同じ深度に長く居るダイビングになりがちなんですよね、ポイントによっては。
ナイトロックス使えるところの方がベターかもです。

うちは、GW、まだ決まってないですぅ。。。
みゅう | 2010年01月14日(木) 19:54 | URL | コメント編集

●ヘルフリッチちゃん♪

ヘルフリッチ、可愛いですね~v-10

パラオで絶対会いたい!と意気込んでた相方ですが
深度が深すぎたらしく、結局会えませんでした…
色も可愛いし顔もキリッとしてていいな。

ギンガメトルネードの動画はすごい迫力ですね!
「空気の読めないマダラタルミ」には大爆笑でした。
とにかく魚影がハンパじゃなくて魅力的♪
kupo | 2010年01月16日(土) 17:55 | URL | コメント編集

●Re: ヘルフリッチちゃん♪

kupoさん

ヘルフリッチ、可愛いですよねぇ。
マクロの穴は32Mくらいなので、深すぎるというほどではないのですが、
3本目とかになっちゃうと、DECOが出ちゃうかもですよね。

1本目&ナイトロックスでいけば全然大丈夫だと思いますよ。
絶対楽しいので次回はぜひ行ってみてください!

潮によると思いますが、ちょうどDeep stopの10Mくらいでバラクーダが出ることも
多いような気がするので、Deep stopも安全停止もそれなりに楽しめると思います。

ギンガメ、ほんとすごいですよね。
ははは。マダラタルミにはいつも空気読めよと言いたくなるんですよね。

マクロ→ギンガメ→グレイリーフ→バラクーダのフルコースが楽しめるので、
個人的にはやっぱりブルーコーナーi-175なのです。
みゅう | 2010年01月16日(土) 21:19 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://buonfinesettimana.blog82.fc2.com/tb.php/279-a1359fbd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。