2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT   このページの上へ

2010'06.03 (Thu)

セルフダイビングのProCon

今週は毎日天気がよく、聞こえてくるダイビング便りも
「べたなぎ」「水温上昇」「透明度良し」とか、ポジティブな便りが多く、
伊豆ダイビング熱が高まります。

基本サメ好き、トビエイ系が好きで、割と大物好きな感じがしなくも
ない私ですが、マクロも好きなので、そろそろマイクロサイズの生物を探す
ダイビングがしたいなぁと思い、次のダイビングどうしよう?とマイバディ
でもあるアッカ君と相談。

そこでどうしよう?と悩んだのが、ガイドをつけるかつけない(セルフダイビング)か。
ということで、ちょっと強引気味な引っ張り方ですが(笑)、セルフダイビングについて、
つらつら思うことを書いてみようと思います。

私が初めてガイドなしで潜ったのは、たしか70本くらいの時でした。
場所はモルディブ、ビヤドゥのハウスリーフ。
モルのハウスリーフは、基本ガイドが付かないということで、行く前から結構ドキドキ
していたことを思い出し、セルフダイビングについて色々調べていたことは、自分の
ブログを読み返しても分かります。

今となっちゃ、なんでこんなことでドキドキしていたんだろうなんて思うのですが、
その時は結構真剣だったんですよね。要は慣れの問題って気もするのですが(汗)。

そんな自分も、わりとセルフダイビングが気に入っていたりしますが、ガイド付きにも
いい点もあるし、ということで、セルフダイビングのProConを書いてみようと思います。

良い点(Pros)
☆ガイド代がかからないので、お財布にやさしい。
☆自分の好きな被写体で好きなだけ粘れる。
☆砂を巻き上げられちゃって、あぁあ…という気分にならずに済む。
☆ビーチなら自分で潜水計画を立てられるので、ポイントのルールの範囲内で好きな
 ようにダイビング計画を立てることができる。
☆回るコースも自分の都合で決められるので、好きなダイビングができる。
☆海の中を自分達で回るので、ある程度探検心がくすぐられる。
☆ポイントマップを見ると、人にただついて行っていった時より楽しめる。
 この目印があれなのねぇとか。。地図フェチにはたまらない。
☆ガイド付きでは潜れないところ(たとえばモルのハウスリーフはほとんどがガイド付き
 ダイビングはやっていないと思う。)でも潜れる。

良くない点(Cons)
★ガイドさんのように、マクロ生物を見つけることができない。
 私が一緒に潜ったことのある日本のガイドさんは、よくこんな生物見つけるよなぁと
 いつも感心させられます。
★神子元やカンドゥーマ・ティラのような、難しいポイントでは、とても不安だ。
 (というか無理。危ないのでポイントがセルフを認めてないと思う)
★特に伊豆は規則が厳しいポイントが多く、ダイマスやレスキューを持ってないと潜れない
 ポイントも多い。
 ダイマスはともかくレスキューくらいの知識を持っているに越したことはないのですが、
 私は持っていないので、残念なポイントが多いのです。
 じゃあレスキューとれよという突っ込みはなしの方向で(汗)。
★プロならではの知識やスキルを盗むことができない。
 プロと潜ると、やっぱりダイビングスキルや生物の知識が全然違うことに驚きます。
 まあ、もちろん人にもよりますが(汗)。

と、つらつらと上げてみましたが、こんな感じで、ガイドをつけるにもつけないにも、
一長一短があることが分かります。

このProConと、自分が次のダイビングはどういうダイビングをしたいかを照らし合わせると、
自然とガイドをつけるかつけないかが決まってくるということです。

まあ、かなり自分目線なProConですが、もしガイド付きで行くか、なしで行くか迷っている方が
いらっしゃいましたら、参考にしてください。
(ってそんな人いるか分からないけど。。)

写真がまったくなく、長々となってしまいました。
本当は、セルフダイビングの極意?というか、そんなことも書いておきたいのですが、
長くなりそうなので、それは次回の記事で書こうと思います。

↓ポチッとよろしくお願いします。コメントもWelcomeです!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

21:23  |   その他のダイビングや海関係  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

●セルフダイビング

こんばんは!
信頼出来るバディーとセルフって良いですよね。
ご夫婦で楽しんでいらっしゃるのうらやまし~です。

私もセルフに憧れがあるのですが、夫がノンダイバー
のため、ショップツアーのガイド付き、しかもサザナミマリンさん
以外の参加はNGと、かなり厳しい規制でしかダイビングが
出来ないんです~。
とはいえやったことないので最初はガイドロープの貼ってある
場所でないと怖いかもですv-40

70本でセルフデビューは確かに不安だったことでしょうね。
でも勉強になることも沢山ありそうで、みゅう様のブログ読んで
セルフも良さそうだな~と思ってます。

今回の記事とても参考になりましたv-254



きょん | 2010年06月03日(木) 22:53 | URL | コメント編集

●Re: セルフダイビング

確かに。バディが違う人だと、私もちょっとセルフには
抵抗あります。

きょんさんなら、初島とかならばっちり分かりそうですよね。
きょんさんしかお客さんが居ないときにでも、サザナミマリンさんと
疑似セルフやってみれば面白いかもですよ。

モルディブのハウスリーフみたいなところだと簡単なんですけどね。
伊豆は透明度が悪かったりすると、目印が見にくいですよね。
でも意外と目印は多いので、自分で行った道は帰れるもんですよ。

明日の記事に書いたのですが、私、本当に本数が少ない時はダメダメ
だったのですが、50本でなんとか普通に潜れるようになり、
あの時はハウスリーフを潜りたい一心でがんばりましたe-68

まあそうはいっても、きょんさんのように、ほぼマンツーでガイドと
潜れるのは、一番いい環境だと思いますよ。
夏の土日はどうしても混むので、なかなか好き勝手には潜れないのです。
みゅう | 2010年06月03日(木) 23:35 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://buonfinesettimana.blog82.fc2.com/tb.php/344-5fe0ed67

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。