2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT   このページの上へ

2008'09.20 (Sat)

ビヤドゥでのチェックダイブ

初めてのモルディブでのダイビングとなると、やっぱり気になってたのはチェックダイブでした。
普通チェックダイブといっても、1本目でその人のスキルがどれくらいか見られるくらいなので気楽なもんですが、モルディブは落とされると潜れないという話を聞いたことがあるので、実は結構ドキドキしていました。
でも、でも、やってみると全然ドキドキする必要なしという感じの簡単なものでした。ラグーンでレギュレーターリカバリーとマスククリアをしたあと、ハウスリーフを潜るだけで、ハウスのいいビヤドゥでは、むしろ楽しいチェックダイビングでした。
私たちのインスペクターをしてくれたのは、モルディブ人のMajeed。彼は日本人が好みそうなマクロを知っていて、自分では絶対見つけられないカクレエビ系のエビを教えてくれました。
blog_kakureebi2200909.jpg
このとき深度をとイソギンチャクの特徴を覚えておけば、もう一度探せたはずなんですが、次にセルフで行った時は、もうどこのイソギンチャクだったのかすっかり忘れてしまっていて(汗)。
全然見つけられないので、デニスに場所を聞いたんですが、そのあと結局ここ潜ってないし、彼のシュリンプの定義は微妙にロブスターも含まれてそうだったので、ほんとに、これが最初で最後のシュリンプの写真です。

ウミウシも伊豆のウミウシよりきれいに感じたのですが、やっぱりモルディブマジックでしょうか。ウミウシは、自分でもいくつか見つけることができました。
blog_umiushi200909.jpg
ちなみに、彼らはウミウシはどんなウミウシもwormのひとことで済ませてしまうので、これが何ウミウシなのかよく分かりません。

私たちのチェックダイブは7のラグーンでマスククリアなどをし、5と6の間のオーバーハングまで行ったあと、7に戻ってくるという道順でした。オーバーハングのところはアゲインストで、Majeedがしょっちゅう後ろを振り向いていたので、アゲインストを泳ぎ切れるかもチェック項目だったのかもしれません。
オーバーハングから出てきたところの写真。やっぱりきれい。私が撮った写真とは思えない。
blog_overhang200909.jpg
被写体がいいと、なにをとってもきれいに撮れますね。ちなみに一切加工なしですよぉ。

出口のブイのところで安全停止中にはクマザサハナムロ(だよね。だぶん。)の群れが。すごくきれいです。
blog_deguchi200908.jpg

そして最後のだめ押しは、最後の最後にラグーンでスティングレイが横のほうを泳いでいきます。
最後まで気が抜けません。
blog_stingray200908.jpg
さすがに普通に人が歩いている深度での写真なので、ノイジーですが(汗)。

陸上に上がった瞬間、「明日はKANDOOMA THIRAという自分がモルディブで一番だと思っているところに行くから、ぜひおいで」と言われました。次の日のボートダイビングのお誘いがパスした合図なのでしょうか。「もちろん行きます!」と答え、そっこうホワイトボードにエントリーしたのは言うまでもありません。

こんな感じであんなに心配だったチェックダイブは無事終了。今思えば、ガイドとハウスを潜る機会はチェックダイビングのときくらいなので、このときにマクロ系の生物はいた深度と大体の場所を覚えておくと、もう一度写真を撮りに行けるかもですね。でも、あんなにわたわたと撮った写真でも十分きれいですね。やっぱりモルディブってすごいっ。
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

01:20  |   ビヤドゥ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://buonfinesettimana.blog82.fc2.com/tb.php/59-5d9b41e2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。