2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT   このページの上へ

2008'09.21 (Sun)

KUDA GIRI WRECK

4日目の朝は沈船ダイビングでした。沈船ダイブは深くなりがちだし、どうしようかなとも思ったのですが、そうそう行くこともないので、滞在中1度くらいは行ってみようかなと思い、行ってきました。
blog_KudaGiriWreck210908.jpg
このポイントは私がよく行ったCocoa resortのほうのポイントとは逆のほうにあり、行った中では一番遠いポイントでした。といっても30分もしないうちに着いたと思います。遠くても30分以内というのが、モルディブダイビングの楽なところですね。
図のように、船は上の方は20Mくらい、下の部分は30M位のところにあります。

潜ってちょっとすると、見えてきました。沈船です。
blog_shipwreck210908.jpg
思ったより透明度も悪くなく、くっきり見えます。おおーと思っていると、目の前にツナが。
みんな船よりツナを見始めます。写真に撮れているのですが、やっぱり透明度がほかのポイントに比べると悪いせいか、うっすらしか映っていませんでした。残念。

ツナはあっさりどこかに行ってしまったので、またまた深度を下げていき、船のデッキ部分へ。
blog_deck210908.jpg
なんとなく、動いていた時の面影がありますね。この階には和式トイレがあるとブリーフィングのときに聞いていたので、探してみることに。ドアを片っ端からのぞいてみると、グラスフィッシュで埋め尽くされていましたが、あったー。
blog_toilet210908.jpg
分かります?グラスフィッシュがびっしりなので分かりにくいですが、ちゃんとトイレが写っています。
和式トイレだったせいか、ガイドのデニスは思いっきりスルーしていましたが、日本人にはトイレだとちゃんと分かるんです。
他にもいろいろ穴を覗いたりしながら、今度は下のほうへ。
blog_kaidan210908.jpg
写真の階段を下りていきます。いや、イメージでは階段を降りていくつもりでも、ちろん泳いでおります。
暗い部屋の中に入っていく時は、軽くお化け屋敷気分だったので、ついついぴったりガイドについて行ってしまいます。中に入ると、魚がびっしり。
blog_room210908.jpg
でも暗くてやっぱりちょっとだけ怖いよ~~。なので、一通り回って出てきました。
出てきたところ、また窒素がきになる時間になってきたのですが、一緒のグループだったカップルがなかなか出てきません。デニスが穴から穴へとイルカのように泳いでいるのを見て真似したいなとおもいつつも、窒素が気になり、ちょっとづつ深度を上げていたら、出てきました。
深度を上げながら、沈船よ、さらばじゃ。
沈船から離れると、たくさんのオーバーハングのあるところを泳いでいきます。地形がとってもきれい。
blog_chikeikudagiri210908.jpg
10Mくらいのところで、イソギンチャク畑とクマノミなんかを見ながら、1回目の安全停止。
イソギンチャクがたくさんなので、シュリンプいないかなと探したのですが、残念ながら見つけることはできませんでした。
マクロがいまいち探せないということもあって、そのまま普通の安全停止をして終了です。
最初は沈船、どうしようかなという感じでしたが、こうやって思い返してみると、写真も多かったし、以外に楽しんでいた自分を発覚できました。たまには沈船ダイビングもいいですね。
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

19:38  |   ビヤドゥ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://buonfinesettimana.blog82.fc2.com/tb.php/62-4163812b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。