2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT   このページの上へ

2008'09.28 (Sun)

NAPOLEON REEF

5日目の午後は珍しくボートダイビングに行ってきました。午後はポイントの説明を読むと、まったりした感じでハウスでいいや、という気になってしまうのですが、NAPOLEON REEFの説明はなんとなく楽しそう。昔ビヤドゥでイントラをしていたHさんも、NAPOLEON REEFはなかなかいいよと言っていたので、行ってみることに。
NapoleonReef.jpg
絵を見る限りでも、楽しそうですよね。この日はNAPOLEON REEFからLOSFUSHI KUDA KANDOにハナヒゲとアケボノハゼがいるとのことでそこまで泳いでいくことに。
LosfushiKudaKando.jpg

午後のガイドはさとこさん。さとこさんのガイドは日本人らしく、スレートに魚の名前を書いて教えてくれたり、いろいろ気にかけてくれて(主に窒素のことなんですが(汗))とても丁寧なガイディングをしてくれます。
入った瞬間イエローバンドフュージラーの群れが出てきますが、なにせ午後は透明度が悪く、写真がいまいちです。
ここは流れがあまりないので、REEF沿いを13Mくらいの深度を保ちながらがんばって泳いでいきます。ちょっとすると、REEFのところに名前通りナポレオンが何匹も出てきました。
blog_Napoleon100908.jpg
逆光だったのでシルエットになっちゃいましたが、このシルエットは間違いなくナポレオンです。
この辺のポイントでよく見る魚を見ながら、どんどんどんどん進んでいくと、かわいいウツボちゃんが。
blog_whitemouthmoray100908.jpg
ハナビラウツボです。まっ白い口を開いて威嚇しています。がんばってるぞーって感じがかわいいですね。
この日は長い移動なので、そのままどんどん泳いでいきます。泳いでいると、今までのポイントではあまり見かけなかった魚が。目を奪われていると、さとこさんがスレートに魚の名前を書いてくれました。
でも日本語名、すっかり忘れてしまいました。
blog_ScribbledLeatherjacket100908.jpg
手持ちの図鑑で調べたところScribbled Leatherkacketだそうです。なんだかかわいい名前ですね。
そして、ロブスターなどを見ながら、どんどん泳いでいくと、例のオーバーハングにたどり着きました。
ここのオーバーハングは30Mオーバーなので、真っ暗です。
blog_Riddon eel100908
ハナヒゲウツボのほうは、真っ暗な中に真っ青な体でひらひらしているので、すぐに見つかりました。
アケボノハゼのほうは、実はアケボノハゼってよく分からなかったのですが、さとこさんがスレートに書いてまたまた教えてくれます。ゆっくりゆっくり近づいて写真を撮っていたのですが、フラッシュを焚いたら逃げてしまいました。
blog_purplefiregoby100908.jpg
逃げちゃったのですが、さとこさん、また見つけます。私はこの時点で窒素がやばくなってきたので、上の方でホバーして見ていたら、さとこさんが、私同様アケボノハゼがよく分からなかったHさんの彼氏のRに一生懸命説明していました。やっぱりGobyは分かったけど・・みたいな反応でした。
図鑑で見ると、40Mオーバーのところにいるシャイな魚と書いてあるので、確かにダイビングで見るのはなかなか難しい魚のようですね。
で、このゴビーとハナヒゲちゃんを見ている後ろではホワイトチップが2匹一生懸命こっちをうかがっていました。こっちが後ろを見ると、こちらを向き、私たちがホワイトチップを見ると微妙に逃げ腰だったのが可愛かったです。
深度を上げていきます。オーバーハングの上に出たら、向こうからマンタが。
blog_mantaatnapoleonreef100908.jpg
あっという間に過ぎ去っていきましたが、マンタにばったりは予想外だったので、テンションが高くなります。
その後いろんな群れを見ながら進んでいきます。すると、でっかいウツボが穴からでて泳いでいます。これがさとこさんが手なずけたと言ってたウツボでしょうか。と思っていたら、今度はカメさんが。
blog_kame100908.jpg
海のアイドル勢ぞろいだなぁと思っているうちに1時間経っちゃいそうなので、上がります。
長い行程でしたが、とっても満足のいくNAPOLEON REEF & LOSFUSHI KUDA KANDOでした。

そういや、さとこさんがボート待ちのときにマジードに「私たちの後ろでサメがうろちょろしているところで、ゴビー見れて超ハッピーだったー」と報告していたら、マジードが一言、「Goby・・・」とつぶやいていたのが印象的でした。
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

01:36  |   ビヤドゥ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

みゅうさん
こんばんは。
着々とUPしてますね。
ビヤドゥのポイントの説明のボード、カラーでしかも
絵本みたいでかわいいですね。
ハナヒゲウツボ、モルディブでは見たことないです。
いるんですね~。
アケボノ姫はかわいいですよね~。
私もサメよりアケボノ派です(笑)
シパダンだと水深15~20Mぐらいで会えます。
しかもたくさんいるので写真の撮影しがいがあります。
みゅうさんが会ったアケボノ姫はわりと水深が深かったのかな?
ここでもマンタに会えたなんてラッキーでしたね♪
思いがけない出会いはホント嬉しいですね~。

とよみん | 2008年09月28日(日) 23:30 | URL | コメント編集

とよみんさん、またまたコメントありがとうございます。ポイントの絵はサメやエイが書いてあると、それだけで行きたい気分にさせてくれます。
ハナヒゲってモルにはあまりいないんですか。確かに図鑑を見たら、モルディブではUncommonと書いてありました。貴重なものを見せてもらったんですね。
アケボノはたぶん初めて見たと思います。あ、確かに姫って感じ。紫色がきれいですよね。私が会ったアケボノは、モルでは微妙に禁止されている深度でした。ビヤドゥではここだけは行ってもいいことになっているらしいです。シパダンだとそんなに浅い所にいるんですか。それなら撮影しがいがありますね。
マンタもラッキーでした。
この日の午後編をアップして、行ったボートポイントはすべて書き終わりました。でも午後編はちょっとネガティブな記事だったかもなので、不快にさせてしまったらごめんなさいです。
次はハウスリーフでも書こうかな。そっちはポジティブに書けるので期待してください(笑)。
みゅう | 2008年09月29日(月) 00:11 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://buonfinesettimana.blog82.fc2.com/tb.php/66-fc7e7cd8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。