2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT   このページの上へ

2008'09.28 (Sun)

COCOA CORNER

6日目の午後もボートスポットが面白そうなので、ボートに出かけてきました。
マジードによると、「ここもOutだとMEDU FARUみたいな感じだけど、Inだとシャークが期待できる。午後はInになる可能性はあるけど、自然のものだから約束はできないよ。」とのこと。
デニスによると、「午後は一緒に行かないからシャークはでないよ。」との呪いの言葉が(笑)。。
とにかく、なにが出るかは分かりませんが、運に任せて行ってきます。
CocoaCorner.jpg

マジードが潮を見たところ、残念ながらまだOutでした。
今日の午後もさとこさんがガイドをしてくれます。おなじグループの人は一人でいらっしゃっていた日本人男性。彼はレスキューも持っているらしく、うまそうだなぁと思っていたのですが。。なかなか潜降してきません。まあコーナーとはいえ、そんなに流れるところではなかったので、ゆっくりゆっくり潜降していきます。

入ってすぐのところのオーバーハングにハタ?がいました。
blog_SmallSpottedGrouper110908.jpg
図鑑で調べたところSmall-Spotted Grouperに見えます。でも、でも、このとき私は信じられないものを目にしてしまいました。一緒のグループの男性が思いっきりオーバーハングに着底しているのです。今までは写真を撮る時さえ、暗黙の了解のようにできるだけ指や手で軽く体を支えて撮る人しか見たことがなかったのですが、彼は思いっきり、しかも下も見ないで、ズトンという感じで落ちてきたのです。(すみません、今日のBlogはちょっと辛口になってしまうかも。。)
ありえない。さとこさんがあわてて、BCに空気を入れるように指示をしているのですが、彼はなぜそんな指示をされているかも分からずに、BCからさらに空気を抜いたり入れたりしています。あり得ない。Openの講習に付き合っているならまだしも。。彼はたしかレスキューダイバー、なはず。

なんとなく先が思いやられるなと思いながら、進んでいくと、次のオーバーハングにでっかい魚が。さとこさんはでっかい魚を指指しているのですが、そのそばにはかわいいコテンフグちゃんが。
blog_kotenfugu110908.jpg
子犬みたいな風貌に見えて、キュートです。
モンガラカワハギなどの癒し系の魚を横目に見ながら、ちょっと大きめのオーバーハングまで進んでいきます。
blog_mongarakawahagi110908.jpg
この辺からちょっとずつ流れが強くなり始め群れも出始めます。
blog_ajimure110908.jpg
写真はアジかなにかの群れでしょうか。アジ系の魚はやっぱりいまいち何の魚なのか分かりません。
穴の中には大きなハタがいました。
blog_SnoutSpotsGrouper.jpg
図鑑で調べると、Snout-spots Groupperという名前にハタに見えます。
カメやナポレオンもこの辺にはいました。で、いよいよ流れが強くなってくるので、さとこさんが例の彼に大丈夫かとかしきりに聞いているのですが、彼からは返事も来ず、まあいいやって感じで進んでいったところ、人だかりが見えてきます。なんと、なんと、見たかったレオパードシャークが居るみたいです。やったー!確かに黄色っぽい長いものがうっすらとしているっぽいものがあります。
わーい思って、もう一度見るとない。「いま、行っちゃったみたい」とスレートに。もうすぐだったのに、あとちょっとだったのに。やっぱりダイビングはタイミングですね。ちなみに同じボートの人たちは私たち以外みんな見られたそうです。。。
気を取り直して、進んでいくとスコーピオンフィッシュが。
blog_scorpion_fish110908.jpg
なかなかの隠れ上手です。こんなにいろいろくっつけちゃって大丈夫なのでしょうか。
と思っていたら、いつのまにか、例の彼がいません。あれ、と思って上を見ると、水面に居るじゃないですか。えーーーっ何で?何で?と思ってしばらく下から様子を見ていたのですが、ボートを呼ぶわけでもなく、もしかしたら私たち一緒に上がんなきゃだめ?と思っていたら、さとこさんが単独で救出に。
もう一度潜って戻ってきました。
なんとなーく微妙な空気が流れながら、コーナーの最後にアジやクマザサハナムロなどの群れているのを見て、1時間くらい経ったので上がります。
blog_cocoamure110908.jpg

そして、ダイビングセンターに戻り、デニスに「レオパードシャーク、みんな見られたのに私だけ見られなかったーー」と言ったら、「ほらね」と言われたのですが、これ、あながち嘘じゃないかも。
だって、例の彼、基本放置のガイドじゃ無理だから、一緒のグループになることないはずだもん。
せっかくさとこさんと潜れたのに、彼のことが気になったみたいで、魚の名前とかも教えてもらえなかったし。。なんとなく微妙な1本でした。

100本もいってない私が言うのも何なのですが、なんで彼がチェックダイブをパスしたのでしょうか。やっぱりレスキューダイバーだからでしょうか。。なんで彼はレスキューをとれたのでしょうか。。。。彼とバディでセルフしたら、むしろ私が助ける羽目になると思うんですけど。。。。。。

未熟な私から見ても下手すぎます。もう一緒に潜りたくないなと思っていたら、次の日の朝のダイビングを国籍別にわけちゃっています。。デニスは珍しく講習が入っているみたいなので、面倒見のよさそうなベースリーダーのモニカがガイドでした。彼女とは一回も潜ってないので、一緒に潜れるのはうれしいんだけど、やっぱり微妙。。。とがっくりしていたのですが。
次の日の朝、ホワイトボードを見たら、私たちだけ日本人チームからパージされて、多国籍チームに入れられていました。仲良くなったイタリア人カップルも一緒だったし、翌日はハッピーダイビングに戻ることができました。めでたしめでたし。

レオパードシャークはイタリア人のルイジに写真を見せてもらったのですが、大きい。ちゃんと大きく写っています。
この写真、メールで送ってくれたらしいのですが、なぜか届かないんですよね。大きすぎて私のメールが拒否しているのかな。

それと、例の彼、ダイビングはいまいちですが、陸上ではちゃんとしたいい人でした。彼が悪いわけではなく、彼のトレーニングをちゃんとしないでレスキューまで与えたどこかのショップが悪いのかもしれませんね。どこで取ったかはあえて聞きませんでしたが。
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

19:07  |  お知らせ  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

みゅうさん
こんばんは~。
昨日は遅くまでUPしてたんですね。
あまりムリをしないようにね。

さてさて、例のレスキュー君の話ですがきっと
OWとってすかさずAOWもとり、また勢いでレスキュー取ってしまったという感じですね。
それかショップの口車に乗せられたか、はたまた資格マニアでしょうか(笑)
レスキューって人をかかえないといけないらしいですよ。
中性浮力もろくにとれないのによくもレスキューが取れたなぁ~と感心しました。
お金と講習さえやれば取らせてくれるショップだったんでしょうかね??
次の資格をとることより、実際に海にたくさん潜って感覚を掴む方が先決だと思うんですけどね~。出来るようになったら次の段階へ進めばいいんですよね。
私なんて255本目にイヤイヤAOW取ったというのに(^^;)
あ、「彼とバディでセルフしたら、むしろ私が助ける羽目になると思うんですけど」のコメントには大笑いしました(≧▽≦)
チェックダイブはマスククリアとレギュレーターリカバリーが出来ちゃえばだいたいOKもらえますよ。
中性浮力はダイビング中にガイドさんが見てるらしいですが、サービスによって違うのかな?
フィリティヨではホバリングもやらされました。
ビヤドゥはレベル分けはしないんでしょうか?
初心者と一緒に潜るとちょっとストレスなダイビングに
なりがちですよね。でもよかったですね、レスキュー君と一緒じゃなくて・・・♪
私も今日はかなり辛口コメントですいません。
だってみゅうさんの気持ち、すごくわかるし何回も同じようなこと経験してますから、ついね(^^;)

あとレオパードシャークは残念でしたね。またもやニアミスだったんですね(T_T)
次はまた週末ぐらいにUPかな?楽しみにしてます(^^)



とよみん | 2008年09月29日(月) 22:55 | URL | コメント編集

●今晩は~!!

久しぶりにお邪魔したら、どんどんupされててビックリ!
さかのぼって写真見せていただきました。

ポイントのイラスト、すごく可愛いですね。v-398
モブレンジャーのショットには、本当にうっとり♪
逃げてる(ように見える)ゴマモン君には大受けでした。
マンタもじっくり楽しめたみたいですし、イーグルレイや
ホワイトチップ・ナポレオン・GT・カメ・ムレハタタテダイなどなど
モルディブのお魚勢ぞろいってカンジで、豪華な海中でしたね。

ダイビングはスキルもマチマチだから、中に一人トホホ君がいると
せっかくのダイビングの楽しさが半減してしまうのでしょうね。
相方が言うには、15~6本程度アドバンスと続けてレスキューを
取ってた人もいたそうだから、ショップとかの責任もあるのかも?e-263
kupo | 2008年09月30日(火) 21:03 | URL | コメント編集

例のレスキュー君、勢いで取っちゃったのか。。
レスキューって本気で受けると結構大変そうですね。レスキュー君はせっかくレスキュー受けても、きっと大変だったくらいの印象しか残ってないような気が。。もったいない。

ビヤドゥのチェックダイブの見てるポイントってよく分からないんですよね。チェックダイブに女性2人で来ていて、その後1人しかファンダイブに来ない方もいらっしゃったので、落ちている人もいるみたいだし。さすがにマスククリアとレギュレーターリカバリできない人は居ないと思うので、なんとなくカードのランクが考慮されているような気もするんですよね。そうだとすると、あのカード出したインストラクターには苦情を言いたくなるなぁ。

ビヤドゥは残念ながら午後のダイビングはレベル分けできるほど人が集まらないんです。たいてい3人くらいでアドバンス講習とかでした。NAPOLEON REEFやCOCOA CORNERは比較的人気があったけど、それでもイギリス人2人、イタリア人2人、日本人3人くらいだったので、日本人とそれ以外みたいな分け方になるのかなぁ。
でも、私たちが帰る前日に10人以上日本からゲストがいらっしゃって、午後のダイビングも急に人気になっていました。私は結局彼らと一緒に潜ることは無かったのですが。
「今日の午後のポイントは大人気だね」と言ったら、さとこさんによると、「ポイントが人気なんじゃなくて日本人が多いから人気なんだよ。」と言っていました。意外と短期集中型で潜る人が多いみたいですね。
午前中は、いつも一緒だったガイドがレベル表らしきものを見ながら分けていたのですが、国籍別に分けてた時は、彼がやってくれないから適当にささっと分けてあとから調整したのかな。。

>だってみゅうさんの気持ち、すごくわかるし何回も同じようなこと経験してますから、ついね(^^;)
えーーっ、レスキュー君みたいな人ってそんなに居るんですか。軽くショックです。。
本当に10本とかなら、それなりのところにしか来ないし、自分もそうだったので温かい目で見られるけど、やっぱりカードのランクが高くて、そうしょっちゅう行けないところで潜るとなると、それなりのスキルは期待しちゃいますよね。

レオパードのニアミスはまた来いと言ってくれてるんだとポジティブに取ることにします。
はいはい。次のアップはまた週末になりま~す。楽しみにしててくださいね。
みゅう | 2008年09月30日(火) 21:11 | URL | コメント編集

kupoさん
モブレンジャー、かわいいでしょ。
あの時だけはかわいいと思えたゴマモン君でした。
地味だと思っていたのですが、豪華な海中と言っていただけてうれしいです。
ところでGTっていうのは、どの魚のことでしょうか。自分が見た魚のはずなんですが、魚の名前が全然分からないんですよね。困ったもんだ。

はは、レスキューも心意気を持ってとればきっと役に立つと思うんですよね。
ビヤドゥで一緒になって、同じくらいの本数だった元イントラHさんの彼氏は
「ゆくゆくはレスキューをとって、Hさんに何かあったら助けるんだ~」とうれしそうに言っていて、そんな心意気で取るなんて、かっこいいっと思いました。
カードの後ろに取ったショップ名とかインストラクター名が書かれるはずなので、そんな身の無いカードを発行してたら、さすがに恥ずかしくないのかなぁと思いました。
プロならプライドをかけてでも、恥ずかしくないレベルにしてあげたいとか思わないのかなぁ。。
みゅう | 2008年09月30日(火) 21:23 | URL | コメント編集

みゅうさん
ダイバー友達にこのこと話したら「すごい!その人何考えてるのー?!」とびっくりしてました(笑)
でも潜って数本で何でも取るオタクみたいな人いるから珍しくないかもですって。あ、ちなみにこのダイバー友達、レスキューです(笑)
私の場合、以前沖縄行った時に一緒に潜ったカップルが
AOWで「お、あたし達よりうまそう」と勝手に思ってたのですがいざ一緒に潜ったら砂地のポイントで中性浮力が取れなくてフィンをバタバタさせ、たちまち
煙幕のようにモクモク状態・・・。ログ付けのときこっそり本数を見たらまだ20本も潜ってないカップルでした。OW取ってすぐAOWも取る人ってたくさんいるから
やっぱレスキューまで取る人も珍しくないんでしょうね~。
ビヤドゥって厳しいって聞いたことあるけどチェックダイブで落ちる人いるんだぁ~!
あと日本人ダイバーがやはりかなり減ってきてるんですね。私が行ったときは日本人だらけでしたが・・・。
でそのときはレベル分けされてました。もっともその時はまだ初心者だったので私もガイドさんにレスキュー君みたいに迷惑かけたと思います(^^;)
モルディブでは日本のダイビングみたくガイドが常についてて面倒をみてくれる訳ではないので自立したダイバーになるにはもってこいだと思います。
特にドイツ人がベースリーダーのサービスは厳しいですね。バディ同士離れるなとか体は水平にしなきゃダメだとか・・・。私達はよく怒られてました(笑)
そんな昔があってからかおかげで今では怒られることはないで(^^)v


とよみん | 2008年09月30日(火) 23:41 | URL | コメント編集

みゅうさん、今晩は~

GTは、Giant trevallyでロウニンアジのことなんです。
いつも略して呼んでるもので。。。失礼しました。
群れない姿が一匹狼みたいでカッコイイですよね♪

相方がレスキュー取った時にも、ほんの20本にも
満たないくらいでスキルも全然…な人たちが
講習を受けててかなり驚いたようでした。
資格ばかり先走っても、何にもならないのになぁ。
kupo | 2008年10月01日(水) 18:33 | URL | コメント編集

とよみんさん

潜って数本でレスキューかぁ。レスキュー君が珍しい部類ではなさそうってことですね。うーん。。。

実は私も10本くらいでAOW取りました。OW取って伊豆で2回くらいファンダイブやって、それからタオで取ったんですが、初心者がAOWを取るんだったら南国がスプリングで潜るってのが良かったです。うっかり変なところに着底しようものなら、足が傷だらけになるので、着底しなきゃいけない時は下を確認してからという癖がつきました。中性浮力もスプリングだとスーツの浮力が少ない分ダイレクトに呼吸とのシンクロが分かりやすくて良かったです。
思えば10本ダイバーだったころはスプリングでも寒くなかったんですよね。今は絶対無理だと思う。

沖縄のカップルさん、砂地でばたばたって、BCに給気するの忘れてたんじゃないですか??いっぱいいっぱいだったのかな。
砂地でばたばたする人って伊豆の砂地で結構多いような気が(汗)。でも伊豆はしょうがないという割り切りがあります。自分もそうだった時があるし。

ビヤドゥに日本人ダイバーは多いときと少ないときが極端なのかも。私たちが帰るころにすっごくたくさんの日本人ダイバーさんがいらっしゃったので。

ひゃー、ドイツ人がベースリーダーのところって厳しいですね。私はセルフですらもバディは視界に入っていればいいくらいに離れてる時が結構あったし、流れがないところだったら、立った状態でぽけーっと魚見てる時もあったし。ビヤドゥのガイドは超ゆるいかも。これでも全然怒られなかった。
ちなみにビヤドゥーのベースリーダーはスイス人でした。
みゅう | 2008年10月01日(水) 21:20 | URL | コメント編集

kupoさん

GTはロウニンアジだったんですね。教えてくれてありがとうございます。
確かに。いつも一匹狼ですね。アジなのに。
顔もしぶーい感じですよね。

おお、ほんとにレスキュー君って珍しくない部類なんですね。
レスキューは、細かいけどダイビングを続けていくなら知っておいたほうがいいことをやるよ、と元イントラさんに聞いたのですが、ある程度自分のことは自分でできるくらいになってからじゃないと、身に付かない気がします。
michyさんのレスキューは価値がありそうです。
みゅう | 2008年10月01日(水) 21:47 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://buonfinesettimana.blog82.fc2.com/tb.php/68-f57ebf10

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。