2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT   このページの上へ

2014'02.20 (Thu)

2013 GWフランス旅行の思い出 5/2 シャンパーニュへそしてエペルネー

ショコラの町を出たら、一気にシャンパーニュへ移動します。
その前に、シャティヨン・シュル・セーヌという、そこどこ?的な町のケバブ屋さんで
ケバブを食べました。それが安くてめちゃうまだった!
そこはお昼を食べただけで、ほかはあまり寄り道せず、シャンパーニュへ急ぎます。

風力発電

そして、まずは今日の宿へ。

お宿はシャロン・アン・シャンパーニュの郊外にある Auberge des Moissons ってとこです。
なぜか写真が全然ないのですが、ここは駐車場から客室にはいる入り口があったり、
客室もグランドフロアだったりと、パリに行く直前に荷物整理するには、めっちゃ便利な部屋。

レセプションの人も、今までと比べ物にならないくらい英語が達者で、WiFiもばっちり。
ビジネスで使うにも便利なんだろうなーというホテル。実際出張っぽい人、いっぱいいました。
シャンパーニュ北部を回るには便利だもんねー。

写真も撮らずに何を急いでいたかというと、エペルネーに観光に行くためです。
エペルネーへ行ってきまーす。

シャンパーニュの景色

エペルネーまでの道のりは、こんな感じの道を通ります。ブルゴーニュともアルザスとも
また違った感じのぶどう畑。この辺のぶどう畑は、とにかくだだっと広いイメージがありました。
これらがあのシャンパーニュになるんですねー。

畑自体は、残念ながらブルゴーニュのように萌えない。あの土の香りが漂ってくる感じとか
土が綺麗とか、ああいう感動はあんまりないかも。

それはさておき、エペルネーに着き、まずは車を止めなきゃということで、
駅の駐車場に停めることに。

エペルネ駅

駅の駐車場は時間制だったかな。そんなに長い時間停めるわけじゃないので、
むっちゃ高いということは無かったような。。

シャンパーニュ街道

そしてウキウキとアヴェニュー・ド・シャンパーニュへ!
ここの大通りは、とても華やかで、みんな浮かれています。シャンパーニュって
やっぱりそういう飲み物だよねー。私はけっこうこの町の雰囲気気に入りました。

なんか、道行く人もとっても華やかでオシャレでした。

プチトラン

ここもしっかりプチトラン走っていましたよ。プチトランもなんとなくゴージャス!

モエシャンドン

シャンパン大通りには、メゾンがたくさん立ち並んでいるのですが、一番最初に目につくのは
モエシャンドン。ここ、すごくきれいだし、ブティックがあるし、トイレもきれいだし、
めっちゃいいよ。
社会科見学もできるみたいだけど、その日はもう終わりの時間でした。

ドンペリさん

ドンペリニヨンの銅像もありました。

ペリエジュエ

ペリエ・ジュエのメゾン。期待を裏切らず、とても華やかです。

コラールピカール

コラール・ピカール。お城みたいなメゾン。

ミシェルゴネ

ミシェル・ゴネ。高貴な雰囲気が漂ってます。

ポルロジェ

ポル・ロジェ。質実剛健な雰囲気。

ドゥモアゼル

ドゥモアゼル。どこかのお屋敷のようでした。

こんな感じで、シャンパーニュのメゾンってとても華やかだし、ブルゴーニュのドメーヌと
違って、割と町中にあるのが多いみたい。
こんなメゾンだらけの大通り、散歩するだけでもとても楽しかったです。

今度はエペルネーに泊まりたいなーと思って、帰りにホテルの値段を見てみたら、
ビックリするほど高かった。。また郊外に泊まって遊びにこようっと。

そんな感じで、割と夕方だったので、さくっと観光をしてホテルへ戻ります。

次はホテルでの夕飯。続きます。
スポンサーサイト
19:01  |  フランス  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。