2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT   このページの上へ

2008'10.05 (Sun)

Biyadoo House Reef Part1

前回までで、ボートで行ったポイントは全部書きつくしたので、次はHouse reefについて書きます。
House reefは、午後ボートで出かけなかった日に潜っていました。
潜ったコースはP3→P2、P1→P7(ここは2回潜った)、P5→P7、だけです。ラグーンの広いP3,P4あたりのポイントは結局一度も行くこともなく帰国してしまいました。
遠いところに行く時はコンプレッサーボーイに1ドル払ってタンクをリヤカーで持ってきてもらいます。
午後のお昼寝タイム後にしか潜ってないので、午前のボートから帰ってきたあとにやったシュノーケリングのときのほうが透明は良かったようなきがします。
Biyadoo House ReefのMapはこんな感じです。
blog_biyadoohousereef041008.jpg
今回行った時は風の影響のせいかカレントがこの地図とは逆に流れることもあり、上の流れを見て、コースを決めていました。最終日以外は中は激しい流れもなく、潮も Inで割と潜りやすかったと思います。
ちなみに、地図ではP2とP3にEagle rayの絵が書いてあるので潜ってみたのですが、実際にはP1からP7に行くところのほうが多いらしいです。私はシュノーケルで1回しか見ませんでしたが。
ということで、順不同で写真を紹介していきます。

モルディブアネモネフィッシュ
blog_maldiveAnemone110908.jpg
モルディブの固有種です。ピンクアネモネとも似てますが、こっちの方が色がオレンジでフィンが黒いのが特徴のようです。写真を撮ろうとするとすぐに隠れちゃうので、出てくるのを待って撮りました。
この写真はP6付近で撮ったものだと思いますが、P7付近の浅瀬のほうで、シュノーケリングのときにたくさん見ました。

ロブスターのお家
blog_lobster080908.jpg
これはP3とP2の間の20Mくらいの深度のところにいたロブスターたちです。単体では割とよく見ますが、岩の下でたくさんのロブスターがカシャカシャしているのは、なかなか面白かったです。
夜行性のようで、昼間はあんまり外に出てきてくれません。

オリエンタルスイートリップ
blog_OrientalSweetlips090908.jpg
個人的には阪神タイガースっぽいと思っている魚なので、これを見ると、いつも心の中で阪神がいたーと思っています。これもモルのハウスリーフではよく見る魚。

ブラックティップ
blog_blacktip090908.jpg
ラグーンで撮った写真なので、うっすらとですが、ブラックティップです。Exitのときのラグーンに、かなりの確率で出てきました。
こんなのに気を取られているから、ゴビーちゃんが全然見つけられないのでしょうか。

ミノカサゴ
blog_lionfish130908.jpg
後ろを向いちゃってますが、ミノカサゴです。いつも穴の名がで後ろ向きにいました。きれいなんですが、たまに邪魔くさいミノカサゴ君です。

ユニコーンフィッシュ(とアカモンガラ)
blog_unicornfish110908.jpg
ユニコーンもよく見ました。形が特徴的なので、なんとなく写真に撮りたくなる魚です。

スコーピオンフィッシュ?
blog_scorpion_fishinHouse100908.jpg
これはスコーピオンフィッシュなのかな。。動かないし、大きいので写真に撮りやすい魚です。こんな砂の上なので、私にすらもあっという間に見つかっちゃってます。

まだまだ群れの写真などもあるので、これはPart1とし、Part2に続きます。

今回初めてセルフダイビングをしたのですが、意外と難しいと思ったのが、深度管理。コースはあらかじめブリーフィングをしているので、なんとなく分かるのですが、最初深く、後半は浅くいくのが体にやさしいダイビングなのですが、どの辺で深度を上げればいいかなど、今まではすべてガイドさんにお任せだったのが、自分で考えながら潜らなきゃいけないというのは、いい経験になりました。
ハウスリーフは10mくらいの浅いあたりをずっとうろちょろしていてもいいのですが、20mくらい行ってみると、浅瀬にはあまりいない生物がいたりしますしね。
次の課題はマクロを探すことです。今回マクロはまったく見つけられませんでした。特に私は遠くで大きいのが動くと、それに気を取られてしまうので、マクロ探しって得意じゃないんですよね。。。
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

22:21  |   ビヤドゥ  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

みゅうさん
こんばんは。
おぉっ!いよいよハウスリーフ編突入ですね。

ムスジコショウダイを見かけると私の中で
六甲おろしのBGMが流れます(笑)

セルフで潜るときは深度には気をつけないといけませんね。
我家も撮影に夢中になっていると残り2分とかになってるときがありますよ~。
その時はあせります。
我家はみゅうさんとこと逆でマクロばかり探してて
大物を見逃します。
今年のリーティもシャコとか、ちっちゃい物ばかりに
撮影に夢中になってボートの上に上がったら
みんなニコニコ。何と!マンタ出たのーっっ?!
?( ̄□ ̄;)我家だけ見てな~い!!
な~んてことがありました(笑)
たまには上も見なくちゃね(^^;)

スコーピオンフィッシュ、砂地で擬態してますね。
探せばハゼがいそう!


とよみん | 2008年10月06日(月) 22:19 | URL | コメント編集

とよみんさん、こんばんは~。
いよいよ突入です。

やっぱり?やっぱりあれ阪神に見えますよね。

進度管理は、深度が30Mくらいだと割と意識してるんですが、20Mくらいで夢中になってる時が一番危険ですよね。
私の初DECOはレンベで20M付近でずーっとマクロ探していたら出てしまいました。
そのときは、私ですらもマクロ見つけられるほどザックザック出てくるもんで、あまりに面白すぎてベテランさんも含めて一緒に潜った人全員で出たんですが。。焦りますよね。
30MくらいのところでDECOが出ちゃった場合は、10Mくらいのところでうろちょろすれば割とすぐにDECOも消えるような気がするけど、あのときはなかなか消えなくて焦りました。
しかも消えないのは私のダイコンだけで他の人はみんな上がっていってしまい。。しかもなぜかバディまで他の人と一緒に上がって行っちゃって。。一人さみしく減圧停止をしました。
あとでバディには文句言ったけど。

マンタに気がつかないほどマクロに熱中ですか。マクロアイを持ってる人ってそうみたいですね。モブラが出たときもマクロアイな人はガイドに言われるまで気づいていなかったみたいなので。

やっぱりハゼ居そうですよね。なんで見つからないんだろ。。
とよみんさんはライト使ってマクロ探してますか?イタリア人カップルとハウス潜ったとき、彼らは結構いいライトを持っていて、ライトで照らしてくれると見つけやすいと思ったのですが、やっぱりいいライトは持つべきと思います??
みゅう | 2008年10月07日(火) 18:58 | URL | コメント編集

みゅうさん
はい、どっからどう見ても阪神タイガースです(笑)

えーっっ!?バディがみゅうさん置いてさっさと
エグジットしちゃったんですか?ダメですよー!
モルだと怒られますよー。しかし一人で減圧停止なんて寂しすぎる(T_T)

ライトは透明度が悪いときとかオーバーハングの暗いとことかナイトダイビングのときと
撮影するときに使います。探すときはつけてないことが多いかな~。
私はDarkbuster HID LIGHT 21W/24Wというライトを使用してます。
しかし去年バンドスで流れが強いとこでビデオに取り付けてたライトが外れて海のもくずとなりました(T_T)今は2代目です。
生物を探すぐらいなら安いライトでもいいかと思います。うちのダンナちゃんはカメラ撮影するのですがFIX LIGHT LED48DXというライトを使用してます。
よかったら下記のURLをご覧になってください。我家が使用してるライトが載ってますので・・・。
最近気になってるライトはDarkbuster Junior 12Wと
Darkbuster ecoです。

http://www.fisheye-jp.com/lineup/light/index.html

ダークバスターは明るすぎてたまに魚が逃げてしまいます。
ハゼは急にライトを当てるとすぐひっこんでしまいますから見つけた時は遠くからじりじりゆっくりライトを当てていきます。
そういえば去年バンドスのハウスリーフで3cmぐらいのトールフィンゴビーという小さいハゼを見つけて1日4本トールフィンの撮影をずっとしてました。
ハゼ撮影は燃えます(笑)


とよみん | 2008年10月07日(火) 23:11 | URL | コメント編集

とよみんさん
はは、バディは言い訳しつつも一応反省しているようでした。

ナイトは講習のときに1回潜ったきりだわ~。
やっぱりビデオやると本当にいいライトですね。
バンドスで流されちゃったのは切ないですね。。。
そっか、明るすぎても魚が引っ込んじゃうんですね。ウミウシならともかく、ハゼだとすぐ引っ込んじゃいそうですね。そういえばこの前ストロボでアケボノ逃がしちゃったしな。
やっぱりハゼは奥が深いです。
トールゴビーって3cmなんですか。そんなちっちゃいの、どうやったら見つけられるのでしょうか。
ほんと、すごいです。尊敬です。

はっていただいたリンクを開いたら私のライトもありました。
FIX Mini LED BuBライト です。
これ、安くてちっちゃいのはいいんですが、本当に暗いところじゃないと、付けてるんだか消してるんだか分からないくらいのパワーなので、生物探すのにはいまいち役に立ちません。

これ↓
http://www.opticsplanet.net/uk-sunlight-sl6.html
が欲しいんですが、これも結構強烈なんですよね。魚逃げちゃいそうかもですね。。
バッテリーもちが悪いのもちょっとなあ。。
てか、私のいいライトってこの程度かよっって感じですが(汗)。
みゅう | 2008年10月08日(水) 20:00 | URL | コメント編集

みゅうさん
ヴィルへ行ったときにナイトダイビングしたのですが
私のダークバスターにプランクトンがすごく集まってきてこれが気持ち悪いったらありゃしない!!
なのでときどき消しました。消したらほとんど真っ暗でこれはこれで怖かった(泣)
タオのハゼだとわりと逃げないんですけどね~。
トールフィンはバンドスのハウスリーフにいると聞いて
是非見たい!!と思って行ったのですが現地ガイドさんに聞いても「いるけどどの辺りかわからないんだよね~」とのこと。水深は20M前後と聞いてたので
毎日探しにハウスリーフを20M前後潜りました。
で、帰る2日前にライオンフィッシュを食べてた巨大シャコを見つけ、それを撮影し終わって「さ、帰ろうか」と言う時に何か黒い棒きれのようなものがあるなぁ~と
思ったらそれが探し求めてたトールフィンでした。
もう夫婦で大興奮!!しかしもう時間がなかったので近くに目印を置いて翌日1日4本ずっとトールフィン撮影しました。トールフィンはすごく臆病なので1回引っ込むと
なかなか出てきません。
引っ込んだら違うハゼを撮影して出てきたらトールフィンを撮影するという作業を繰り返しました。

みゅうさんの欲しいライト、見事な横文字で
私にはさっぱりわかりませんでした(^^;)
ごめんなさい(汗)バッテリーの持ち、悪いんですね。
ライトもピンキリで迷いますよね~。
思ってたのと実際使ってみるのと違ってたりとかもするし・・・。
私も以前ライトは安いのを買ったのですがすぐ切れてしまって・・・。あ
まり安くても安物買いの銭失いになってしまいますよね(^^;)



とよみん | 2008年10月08日(水) 22:03 | URL | コメント編集

とよみんさん
ヴィルでナイトやったんですか。いいなぁ。
ナイトも久しぶりにやってみたいけど、シャワーが温かいホテルに泊まってる時じゃないとちょっと。。ビヤドゥのシャワーはぬるくてチョロチョロなので、日の照っているうちに浴びなきゃって勢いでした(笑)。
真っ暗な中にプランクトンって、確かに嫌かも。

タオのハゼ、確かに逃げなかった記憶が。ギンガハゼでしたっけ?たくさん居て写真に撮りやすそうでした。タオに行ったときはカメラを持ってなかったので、撮影してないけど、次に行ったらタオならハゼ撮れそうです。
トールフィン、そんなに探したんですか。3cmで深度しか分からないんじゃ、なかなか難しいですよね。粘り勝ちですね!
個人的にはライオンフィッシュを食べる巨大シャコが見たいですが。。

私が欲しいライトは6本の単2のアルカリで4~5時間しかもたないみたいなんですよね。
明るさはMICに置いてあったのを試してみたことがあるのですが、めっちゃ明るかったです。
Webの評価が5点中4点になっているので、気になるんですが、まさに
>あまり安くても安物買いの銭失いになってしまいますよね(^^;)
になりそうな気も。電池代がかさむのとゴミが増えるのが嫌なんですよね。。
重器材もいつまでレンタル生活続けるんだ~って感じですし。今年に入ってからのレンタル代だけで2万円超してるしなぁ。。レンタルだと後片付けが楽なんですけどね。

そういえば、週末の連休は串本でしたっけ?
私は近場の初島に日帰りで行くことにしました。
みゅう | 2008年10月09日(木) 20:29 | URL | コメント編集

みゅうさん
確かにビヤドゥのシャワーだとナイト、やる気になりませんよね(笑)
ヴィルは浴槽もあってモルディブでは珍しくお湯の出が
よくて冷えた体を温めることが出来ました♪

そうそう!ギンガハゼです。
次回タオへ行った際には是非撮影してみて下さい。
メタリックとかオイランハゼもあまり逃げませんでしたよ。

みゅうさん、これだけたくさん潜られて、これからもたくさん潜りそうですよね。
だったら重器材、買った方がいいかも・・・。
確かにレンタルだと洗わなくていいのでラクでいいですよね~。荷物も軽いし♪タオは重器材がレンタル無料なのでタオへ行くときはいつもレンタルします。

はい、明日会社から帰ってきてから串本へ向かいます。
みゅうさんは初島なんですね。
初島は○クシブに泊まったことがありますがダイビングはしなかったなぁ~。
初島のブログも楽しみにしてます♪
お互い楽しい週末ダイビングぅ~をしましょ~(^^)



とよみん | 2008年10月09日(木) 21:59 | URL | コメント編集

とよみんさん
ヴィルって浴槽もあるんですか?すごい!
お湯の出がいいってところはナイトやる上では大事ですよね。

オイランハゼといえばビッグブルーですね。
次はオイランハゼ、ねらいたいです。
やっぱ次のGWはタオかな。

お、もう今日から行くんですか。
串本、サンゴがきれいそうでいいなぁ。
初島、良ければいいけど、なにせ1年ぶりだからなぁ。水が緑だったらどうしよ(汗)。
初島はダイビングより食堂の昼ごはんの方が楽しみだったりします(笑)。
では、よい週末ダイビングぅ~を!!
みゅう | 2008年10月10日(金) 18:12 | URL | コメント編集

みゅうさん
月曜日まで潜るはずだったのに昨日(土曜日)帰ってきてしまいました。
何故なら・・・ダンナちゃんのデジ一が水没してしまったからー!(T_T)
水没ショックで結局朝1本潜って午後からのボートも月曜日までのダイビングもホテルもみんなキャンセルして帰ってきてしまいました。
ダンナちゃんは最新のキャノンの50Dを買うと張り切りつつも凹んでおります(^^;)
ハウジングは今使用している30Dのを改造すれば使えるそうです。
なので月末の柏島もカメラとハウジングが間に合わなければキャンセルです。
我家が言うのもなんですが水没にはお気をつけ下さい~。

1本だけ潜りましたが串本は透明度が20Mぐらいあり
水温も25度ぐらいあって3mmウエットにインナーでも十分でした。こんなにコンディションがいい海だったのに残念でした~。
みゅうさんは昼ごはんたくさん食べてダイビングもたくさんして楽しんできてください~!
とよみん | 2008年10月12日(日) 16:46 | URL | コメント編集

とよみんさん
えーーっ、カメラ水没しちゃったんですか。
それは確かにショックですね。
あんまり慰めになってないかもしれないけど、比較的近場で水没だったというのが救いですね。
最新のカメラ、柏島まで間に合えばいいですね。
間に合えば最新のカメラ使えるからテンション一気にUpじゃないですか。
ほんとに、間に合えばいいですね。

串本はまだ3mmで大丈夫なんですか。透明度も20Mなんていいなぁ。
初島は5mmウェットにフードベストでも、そこそこ冷えました。冷えちゃって足がつってしまいました。
これから初島の記事Upするので、ぜひ見てください。
みゅう | 2008年10月13日(月) 19:57 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://buonfinesettimana.blog82.fc2.com/tb.php/69-a08ce284

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。