FC2ブログ
2019年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2009'09.11 (Fri)

リーティビーチ ハウスリーフ 2 → 1

この日の3本目は、ボートに乗らず、ハウスリーフを潜ることにしました。
ハウスリーフは、時間に縛られず、好きな時にひょろっと潜れるのがいいです。

だからと言って、この日お昼寝から起きたのは、15:30。18:00までにはExitしなければ
ならないので、急いで準備をして、潜ります。

ハウスリーフのEntryをどこからにしようかなと悩んでいると、
スタッフが、「ハウスリーフ潜るの?どこからエントリーするの?」と声をかけてきたので
「実は良く分からないんだよね」と言ったら、「2→1がいいんじゃない?」というので、
お勧め通り、2→1を潜ってみることにしました。

声をかけられたスタッフにタンクを2まで運んでもらってエントリー。
実は私たちはこのスタッフさん、いつもタンクのところにいるので、
勝手にコンプレッサーボーイかと思っていたのですが、kupoさんのページをみたら
Maahirさんというガイドさんでした。
確かにシュノーケリングツアーの時は、彼が引率していましたもんね。

私たちが滞在中はIllyかみゆきさんがガイドで、あんまり他のスタッフは見かけませんでした。
朝2本ボート潜るので、あんまりダイビングセンターの前でのんびりするってことが
なかったからかな。
たぶん、他のスタッフさんは、本業のインストラクターの業務で忙しかったんだと思います。

前置きが長くなりましたが、2番入り口は、結構浅瀬からサンゴのごろごろがあるので、
タンクが水につからないかのうちに、フィンを履いて泳ぎ出しました。
Entryはいいけど、ここからExitは、ブーツなしの私たちには、結構きつそうです。

ブイ辺りから潜降すると、5とは打って変わって、とても透明度がよく、青い海でした。
blog_MoonFusilier310809.jpg
5は5で面白いのですが、こちらの西側はドロップオフが切り立つような形なので、
透明度がいいのでしょう。

写真の群れも、名前を調べてみたところ、Moon Fusilier だそうです。
モルディブではコモンと書いてありました。確かにリーティの周りでは良く見たような気がします。
特にリーティビーチの西側のハウスリーフに、たくさん居ました。

青い体に黒いポチが付いた、とても綺麗な魚です。
若い時は、尾っぽが黄色なんだそうです。

blog_CheekedPipefish310809.jpg
パイプフィッシュ系の魚はたくさんWallについていました。
これはたぶんCheeked pipefishだと思います。
Cheekedは色から来ているのでしょうか。

blog_ユカタハタ310809
ユカタハタもたくさんいました。
ユカタハタも綺麗な魚です。

blog_フィリディアアリタ310809
ウミウシも。
調べたところ、フィリディ アリタというウミウシだそうです。
伊豆にいっぱいいるタテヒダイボウミウシと激似ですが、違う種類のようです。

blog_blue-faceAngelfish310809.jpg
Blue-face Angelfishです。
これも良く見ますね。名前通り青い顔が特徴的で美しい魚です。

blog_GiantMoray310809.jpg
たぶんGiant Morayと口の中にホンソメワケベラです。
インド洋では一番大きなウツボだそうで、ハウスリーフなどで結構見かけますね。
実はこれは何気に粘って撮りました。
ホンソメワケベラがばっちり口の中にいるシーンを撮りたかったので。
ホンソメワケベラはこのウツボちゃんの歯ブラシがわりです。

blog_オシャレカクレエビ310809
私の持っている図鑑はサメエイ以外の魚だけ載っているので、
エビは残念ながら載っていません。たぶんオシャレカクレエビだと思います。
こんど、エビが載っている図鑑を買ってこようかな。。

blog_ブルーサージョンフィッシュ310809
おなじみブルーサージョンフィッシュです。
これは浅瀬にいるので、どっちかというとシュノーケリングで良く見る魚ですね。
ダイビングでは、ハウスリーフから上がるときに必ず見ます。
これを見ると、モルディブだぁーと思います。

この日はこれでExit。
1は、ブーツなしでもサンド部分が深いところからあるので、出やすかったです。

ここは、モンツキカエルウオ狙いで、最終日にも潜ったのですが、
あんまり魚探せなかったなぁと思った割には、結構いろいろ見ていたので、
それはまた別に分けて書こうと思います。

↓ブログ村ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると大変嬉しく思います。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

21:52  |   リーティビーチ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2009'09.11 (Fri)

Hulamgu Nagu: リーティビーチ ボートポイント

リーティのボートは基本的に午前中ボートは2本潜って帰ってきます。
ということで、この日の午前中ボートの2本目は Hulangu Nagu という
リーティビーチから近い島のハウスリーフを潜ります。

ここのポイントは、ハウスリーフから沖へ長細く突き出ているところがあり、
それに沿って流してみました。

突き出しの手前で潜降したのですが、潜降したところにクマザサササムロが群れていて
思えばそこが一番綺麗だったような気もするのですが、写真を取る前に、あれよあれよと
流され、突き出しのところまできてしまいました。

ここで、みんな持っていた超お役立ちアイテムは、カレントフックです。
ビヤドゥの時も、みんなカレントフックを持っていて、羨ましいと思っていたのですが、
1年たっても同じことを言っていて、学習能力にかけますね。

来年までにはカレントフック買うぞ!
できれば、パラオのクルコンで貸してくれるようなカレントフックがいいんだけど。。。
あれは特注なので、市販されていない。自分で作るべきか。。
半年前も同じことを言っていたような気がしますが。。。

だからというわけでもないのですが、いまいちいい写真が無いかも&ポイントのどの部分で
撮った写真なのか、いまいち覚えていないので、適当に流します。

blog_ミゾレフグ310809
ミゾレフグ、だと思います。
魚の名前は、今回はガイドに確認していないので、間違えていたら誰か教えてプリーズ!です。
フグは、この丸っこい感じが好きで、ついつい撮ってしまう被写体です。

blog_かわいい顔の魚310809
ちょっと可愛い顔じゃないですか?
唇がなんと言ってもキュートなんですが、この魚の名前は分かりません。
ふつーにいる魚です。

ここはモルディブアネモネがところどころにいたみたいですが、写真がビミョーなので省略します。
他のポイントでもいっぱい出てくると思うので。

blog_サンゴがキラキラ310809
サンゴがキラキラ。
たまにはこういう写真もいいですよね。

blog_IndianDamsel310809.jpg
良く見る魚。
さすがにこんなに特徴的な魚の名前を調べないのもなんなので、調べてみました。
Indian Damsel だそうです。
親子と思って撮ったのですが、図鑑によると、これは若い時の色だそうなので、親子じゃないみたい。
年をとるともっと地味になるようです。

他にも、サンゴ礁のお魚がいっぱいいました。
ナポレオンも写真にあったので、いたようです。
遠かったみたいですが。。

ボートですが、よその島のハウスリーフなので、ハウスリーフに良くいるような魚がいたと思います。
ただ、潮あたりが割とよく、突き出ている部分もあるので、いい時に行けば
もうちょっといろいろ出てくるかもしれません。

私たちは、突き出している部分だけでほとんどの時間を費やし、そのまま突き出していない部分は
あまり見ていません。

ということで、2本目のボートは終了です。

↓ブログ村ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると大変嬉しく思います。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

18:27  |   リーティビーチ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2009'09.07 (Mon)

Dhigu Thila リーティビーチ ボートポイント

2日目の午前中はDhigu Thila というポイントに行ってきました。
このポイントは、今年ジンベエも出ているらしく、どうしても行きたかった
私たちは、まだチェックダイビングも終えていないうちに、申し込んでしまいました。

私たちがチェックダイビングしている間にボートは Full になったようで、
結果的には、最初に書いておいて良かったです。
もう1つのボートは、OWの講習と一緒だったみたいなので。。

リーティーは、ポイントがいい方のボートは、割とすぐにいっぱいになってしまうようなので、
早め早めにとりあえず名前を書いておいた方がいいみたいです。

午前中のボートに乗る場合は、タンクを前日の6時までに準備しておく必要があります。
潜る本数を準備しておかなければならないのですが、私たちは前日1本ずつしか準備せず、
朝スタッフに忘れたと言って、あわてて準備し、もう1本ずつ船に積み込んでもらいました。

も忘れてしまったら、荷物を積む8時前までなら、なんとかタンクも一緒に持って行って
もらえるようです。

リーティーのお客さんは、ドイツ人が圧倒的に多く、8:30出船なのに、8:15に船に乗り込んだら、
みんなとっくに準備ができているようで、ビックリしました。

ビヤドゥの時は、集合時間に何となく集まってきて、陸でブリーフィングをし、
その後何となく船に乗り、何となく準備ができたら出港だったので、
その感覚で行くと、おいて行かれそうです。というか、おいて行かれると思います。

船は時間ぴったりに出港します。

ブリーフィングは、ポイントの近くまできたら始まります。
ドイツ人が圧倒的ですが、ブリーフィングは英語なのでご安心を。
ドイツ語でやるときも、日本人のために英語でもブリーフィングをしてくれます。
みゆきさんが同じ船に居れば、日本語でもしてくれます。

リーティーはボートでも、基本ガイドなしダイビングなので、
少なくとも地形や流れ、コース取りの仕方はしっかり聞いておいた方がいいです。
また、ブリーフィングの最後に、必ずそのダイビングの最大深度、安全停止時間などを
言われるので、それは守るようにした方が安全かと思います。

ポイントに着いたら、なんとマンタがいるようです。
ブリーフィングでは、とてもとてもラッキーだったらマンタがいるかも、という感じだったので、
いきなりラッキーダイビングのようです。

とはいえ、初のボートでのセルフダイビングなので、なんとなく緊張気味に入ったら、
Thilaのところに、マンタがぐるぐるしているのが見えます。
blog_マンタが見えてきた310809
久しぶりのマンタ、やっぱり大きくて優雅でかっこいいです。

しばらく、みんなと同じように、根のところで見ていました。
blog_マンタと人310809

blog_マンタの後ろ姿310809

人間がたくさんきたせいか、マンタがしばらく戻ってこなくなってしまったので、
Thila沿いに、流してみることにしました。
blog_クダゴンベ310809
ヤギにクダゴンベが付いていました。なんか久しぶりに見たような気がします。

blog_小魚達310809
このちっちゃい魚が、ヤギにたくさんいました。
まるでキンギョハナダイのようでした。

blog_アカマツカサ310809
アカマツカサかな。ちょっと海が暗かったせいか、こんな感じの魚が多かったように思えます。

さっきのマンタがいたポイント辺りに戻ってきたら、下にマンタが悠々と泳いでいるのが見えました。
ちょっと追いかけて、時間も無くなってきているので、深度をちょっと上げていったら、
blog_すぐ下にマンタが310809
すぐ下にマンタがいます。
マンタの通り道に浮上しちゃったよ、逃がしちゃったらどうしようと思ったのですが、
ここはたくさんプランクトンがあつまっているらしく、マンタは捕食中のようで、
あんまり人間がいても、気になっていないようでした。

blog_マンタが集まってきた310809

マンタがくるくるいったり来たりして、上にひゅーっと口をあけてご飯を食べています。
ただ、透明度が悪すぎて、うまく写真に収めることができません。
blog_マンタ捕食中310809

blog_マンタ大接近310809
大接近してきます。

blog_マンタのおなか310809
まだまだマンタはいなくなりませんが、そろそろ時間なので、浮上することに。

安全停止を含めると60分を超えてしまいましたが、一応レコードには1時間と申請しました。
でも、次のブリーフィングでさっきみたいに70分も潜った人がいるけど、次は60分を守ってくれと
言われたので、かなり長く潜っちゃった人もいるようです。
どうりで、みんな同じような時間に入ったはずなのに、全然浮上しないと思った。。
最近マンタ出てないって言ってたしなぁ。。

ということで、最後にマンタ三昧をできて、最高の1本でした。
今思えば、これがリーティーで一番大物三昧のダイビングだったかも。。

↓ブログ村ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると、とてもうれしいです。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

21:11  |   リーティビーチ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2009'09.06 (Sun)

リーティーハウスリーフ 5

モルでのダイビングは法律で必ずチェックダイブをしなければならないと
義務付けられています。

ということで、リーティービーチの初日はハウスリーフ5でチェックダイビングをしました。
初日の午前中はCheck inで、ログブックやCカードを見せたり、
ダイビングセンターの使い方を教えてもらったりしました。

ほとんどは、ビヤドゥのときと同じような勝手でしたが、今回は正月に取ったナイトロックスを
使うということで、ナイトロックスタンクの使い方だけは、しっかり聞いておきました。
クルコンのナイトロックス測定機よりも使いやすく、使い勝手は良かったです。

そして午後はいよいよチェックダイビングです。
インストラクターはみゆきさんで、当日着いた日本人6人一気に行います。

ビヤドゥでは簡単なマスククリアとレギュレーターリカバリーしかしてないのですが、
今回は、マスク脱着、レギュレーターリカバリー、オクトパスブリージングをしました。

オクトパスブリージングはオープンの講習以来だったので、オクトパスを上下逆に渡してしまいました。
オクトパスに上下があるなんて、すっかり忘れてました。チェックダイブのときで良かった。。

ハウスリーフ5は、砂地の地形で、実は今回ものすごく濁っていました。
伊豆の春濁りくらいの透明度の悪さです。
乾期に来ると、とっても透明度がいいらしいのですが。。。

砂地には2つ漁礁がありました。
1つ目の漁礁には、サラサエビがいっぱいいて、手を出すとエビがクリーニングしてくれます。
blog_サラサエビ300809
1つ目の漁礁も2つ目の漁礁も、小魚がいっぱいついていて、どことなく伊豆っぽい感じでした。

2つ目の漁礁から南西の方に向かったリーフに、フリソデエビが住んでいます。
blog_フリソデエビ300809
フリソデエビは初めてみたのですが、ホントに綺麗なエビさんですね。
ヒトデが好物のようで、ヒトデを持っていかないと出てきてくれません。

帰り道、一生懸命餌を食べているカメが居ました。
blog_カメ300809
タイマイでしょうか。このカメ、餌を食べるのに夢中になっていて、人間が来ても
逃げる気配がありませんでした。

カメの隣にはでっかいマダラエイが。
blog_マダラエイ300809
夕方のフィーディングタイムを待っているエイのようですが、このときはまだ
フィッシュフィーディングを見ていなかったので、おおっでっかいエイが居ると思いました。

チェックダイブの日は、これくらいでExitしたのですが、ここはドラキュラシュリンプゴビーも
居るとのことなので、9/1の午後にもう一回潜りました。

相変わらず浅場は透明度が悪いですが、桟橋の下にはたくさんのギンガメアジが
渦を巻いていました。
blog_ギンガメアジ010909

と思って中層を見たら、子供のマダラトビエイが飛んでいきます。
肉眼ではばっちり見えたのですが、写真だと残念ながらちょっとうっすら。。。

そして、一路みゆきさんに教えてもらったドラキュラシュリンプゴビーの場所に急ぎます。
blog_ドラキュラシュリンプゴビー010909
居たっ。場所が割と分かりやすかったので、すぐに見つかりました。
引っ込めないようにフラッシュを焚かなかったので、色が出ていませんが、
この日のゴビーちゃんはご機嫌よく、巣穴から出てホバーをしたり、サービス精神旺盛でした。

満足して、最初に見たフリソデエビをもう一度見ようとしたのですが、ヒトデを拾い忘れてしまい、
さらに、どの穴に居たかもすっかり忘れてしまい、この日は見れずじまい。

しょうがないので、帰りはシャコガイの上で手をひらひらさせて遊んだり、
メイドインチャイナの鮫の上にいる
blog_モルディブアネモネ010909
モルディブアネモネフィッシュを見たり、

いつも同じところにいる
blog_ツバメウオ010908
ツバメウオを見たりして、帰ってきました。

橋の下には餌待ちのアカエイがたくさん待っていて、
blog_アカエイがあわてて010909
私たちが行ったら、あわてて逃げて行きました。

リーティーのハウスリーフ5は、モルディブのキラキラした海を思い浮かべると若干地味かもしれませんが、
いろいろ探しがいのあるポイントで、なかなか面白いと思いました。
透明度がもうちょっと良ければ最高なんですけどね。

↓ブログ村ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

19:11  |   リーティビーチ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2009'09.05 (Sat)

リーティービーチから帰ってきちゃった

先週末から夏休みをとりまして、リーティービーチに行ってました。
リーティービーチ、名前通りホントに美しいビーチがある島でした。
blog_グラデーション040909
真っ白な砂に水色と群青色の海のコントラストがとても綺麗でした。
部屋のソファーからも、この美しいビーチが見えて、とても気持ちが良かったです。

また、最初の数日は、雨期にもかかわらず、
ビーチバーから海(というかフォーシーズンズあたり…)に沈む夕日を見ることもできました。
blog_海に沈む夕日310809
海に溶けるように沈んでいく夕日は何度見ても感動的です。
本当にリーティー(美しい)ビーチでした。

ちょうど夕焼けが始まる時間帯にハッピーアワーで飲み物が20%オフとなるので、
毎日カクテルを飲みながら夕方を楽しむというなんとも贅沢な時間を過ごしてきました。
blog_ピナコラーダ300809
ただ、夕日が美しいビーチバーのカクテルはお酒が温かくなってしまっているようで、
あまり冷たくないのが難点でしたが、これぞリゾート!という日々を過ごしてきました。

ちなみにメインバーのカクテルは、ちゃんと冷たかくて美味しかったですよ。

部屋は、今まで行ったリゾートで一番立派だったような気がします。
blog_部屋300809
カテゴリーはリーティービラですが、来年のリノベーションに先駆けて改装した部屋だそうで、
広くて立派でした。
奥に見えるソファーに寝そべりながら林の奥に海が見えました。

そして、フィッシュフィーディングでは、大きなサカタザメを見ることができました。
blog_サカタザメ0209009
サカタザメは伊豆ではダイビングで見ることができるのですが、
伊豆で見るサカタザメとはちょっと違う種類のような感じでした。
なにせ、こっちのほうが断然大きいような気がします。

噂のマネージメント主催のカクテルパーティーも参加してきました。
blog_カクテルパーティ030909
夕方レセプション隣のリヤバーのビーチで開催されました。
サングリアなどの飲み物と、軽いおつまみが出て、スタッフの紹介があります。
写真はちょうどスタッフの紹介をしているところ。

これ、なかなかいい催しですね。
実は今回の旅ではそれまであんまり仲良く話すゲストさんがいなく、
何となくさびしいなと思っていたのですが、
ここでスイス人カップルと最後のゲストになるまで盛り上がることができました。

文化の違いや気候などの違い、言語の違いで、いろいろビックリすることが違っていたり、
なかなか楽しい時間を過ごすことができました。

肝心な海の中の方は、やっぱりちょっと期待しすぎてしまったようで、
行っていたときはマンタ数匹しか出なかったねと言ってたのですが、
今思えばマンタ数匹も出れば全然いいですよね。
blog_マンタ数枚310809
海の中の方は、後でもっと詳しく書いていこうと思います。

部屋やリゾートのもっと詳しいインプレッションは、きっとアッカ君が大好きなダイビングと旅行
もっと詳しく書いてくれると思うので、そちらをお楽しみに!

↓ブログ村ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

18:35  |   リーティビーチ  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT   このページの上へ
PREV  | HOME |