FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2009'10.24 (Sat)

天気予報がすっかり変わりビンディングの練習

昨日の朝の天気予報では、たしか今日は行楽日和と言っていたような気がするのですが、
昨日の夕方以降の天気予報では、一転曇り。
そして、蓋を開けてみたら、ホントに朝から曇りがちで、夕方前から雨が降ってきてしまいました。

天気が良かろうが悪かろうが、今日はアッカ君が一日お仕事なので、ポタには
行けなかったのですが、天気が良ければ三茶の大道芸でも見にR3で一人ポタでもしようかなと
思っていたのですが、あいにくの天気なので止めときました。

午前中は用事があったのですが、午後はまだ雨が降っていなかったので、
またまたビンディングペダルの練習をすることにしました。

先週は転倒で自転車が壊れたら嫌だなと思い、アッカ君のアルミロードで練習したのですが、
シフトアップの操作方法が違うのが、どうも慣れないし、前回でなんとなくコツをつかめたので、
今日は自分のロードで練習することにしました。

自転車を外に出して、まずは止まった状態で止めたり外したりしようとしたのですが、
なぜか左足が全然はまらない。思いっきり出鼻をくじかれました。

何回やってもダメなので、走りながらの方がまだ嵌まるかなと思い、走りながら嵌めようとするも、
嵌まらない。なんで~~~、コツがつかめたつもりなのに。。。

何度やってもダメなので、試しに右足を嵌めてみると、あっさり嵌まります。
コツがつかめなくなったわけではないっぽい、これは絶対ペダルの調整がきつくなっているに
ちがいないと思い、アッカ君にペダルのバネを弱くする方法を聞いてみました。

SPDなので、どうやらマイナスの方にアーレンキーでくるくる回せばいいだけのようで、
回そうとしますが、これ以上回らない感じです。

うーん、これは既に一番弱くなっているということなのでしょうか??
でも逆にもちょっと動くけど、クルクルは回らないよなぁ、回すとこ間違えてるのかなぁと
思いつつも、もう一度チャレンジすることに。

再チャレンジするも、玉砕。何も変えてないから当たり前といえば当たり前ですが、
どうにもこうにも足が嵌まらないので、諦めてテレビを見ていたら、
アッカ君がもうやめたの?と聞きに来たので、

「弱くしようとしたけどネジが回らないっぽい。」
と言ったところ、「あれ結構固いからキツく回さないと回んないよ」とのことなので、やってもらったら、
回りました。ほんとに、固かった。。。

自転車製品って、ほんとにいろいろ固くて、整備(ってほどのことか?)はホントに大変です。
というか、積極的にはあまりやりたくない感じです。

ということで、練習開始!

今度はあっさり、嵌めたり外したりできるようになりました。
家の周りをぐるぐる回ります。この前と同じように、まずは片足ずつ嵌めて練習し、
今度はすぐにコツがつかめたので、両足を嵌めていろいろ試してみることにしました。

まずは、普通の平地をゆっくりしたスピードで嵌めたり外したり。
これは、前もって外すぞーと思えば、いつでも外せる感じになりました。

次は、もうちょっと直線のところでスピードを出した後止まる練習。
スピードが出た状態で外そうとしても、外しにくいだけのようです。

しっかり減速してからなら外れるので、止まりたい場合は、ある程度距離を考えて止まらないと
いけないみたい。今でも減速して止まっているはずなので、これは慣れながらペダルから
足を外すタイミングをつかんで行くのが一番良さそうです。

次に坂道で外す練習。下り坂は平地と同じ感覚で外れそうですが、スピードが出がちなので
注意が必要かも。車は比較的自転車が来ないかとか見ているけど、原チャリや自転車は
あまり見ていないので、坂を降り切る前にペダルから外しておかないと危ない感じでした。
とにかく、早め早めの行動が大切ですね。

そして、上り坂での練習。本にも上り坂が難しいと書いてありましたが、
ホントにこれが一番難しい。

家のすぐそばの坂道は、最初が緩く、途中急になって、また緩くなる感じなのですが、
ちょっと急になったところで外すのはホントに難しいです。
急なところでは、なぜか外れなく、緩くなってきたところでいつも外れてくれるパターンでした。

家の近くは緩くなってから一旦停止なので大丈夫ですが、もうちょっと急なところでも外せるように
ならないと、ちょっと恐怖感があります。

今日は、ずっとアウターで練習していたので、坂で急に重くなるせいもあるような気がするので、
ビンディングを使うときは、もっと上手にギアを使っていかないと、外れない恐怖に直面するかも
と思いました。

そういえば、先週のいろは坂でも、ただひたすらギアを落として、落としたら落としっぱなしに
するのではなく、自分のペースをつかみながらギアを使っていくと、割と楽なような気がしたので、
ビンディングにしたら、自然ともうちょっとギアの使い方がうまくなっていくかもしれません

後は慣れと修行かなと思います。
そろそろビンディングシューズを使ってチャレンジポタをしてみようかなと思います。
最初は平地で車の少ないサイクリングロードで。
できれば平日の多摩サイで走ってみたい。。無理だけど。

今日は練習していたら、雨がポツリポツリと降ってきちゃったので、サイコンを見ると実走時間は
20分でした。(みじかっ)
20分でも体は温まったから、まあまあ良かったかな。

↓ブログ村ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると大変嬉しく思います。
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

テーマ : 自転車 - ジャンル : 車・バイク

18:31  |   その他自転車について  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2009'10.17 (Sat)

ビンディングペダルの練習

今日は朝から雲が多く、天気予報でも夕方から雨。
夕方からとはいえ、昼も雲が多く、雨が降る可能性があるとのことで、
今日は遠出するのはやめておくことにしました。

その代りというわけではないのですが、せっかく買ったビンディングペダル用のシューズを
いつまでもタンスの肥やしにしておくのもなんなので、家の周りの道路で練習をしてみることに。

まずは、止まってはめたり外したりする練習を。

この前は、もう暗くなってからの練習だったので、なかなかうまくいきませんでしたが、
今日は昼間のうちに練習をしたせいか、あれっ、こんなに簡単だったっけ?という感じで、
あっさりはめたり外したりすることができました。

次に自転車人に書いてあったように、片方ずつ固定しながら練習します。
が、いつも止まるときに足を付く方を固定して練習してみましたが、こちらをはめていると、
怖くて漕ぎだせません。まるで自転車に乗れない人の気分です。

いつも足をついて止まるほうを外したままにし、もう片方だけ固定して走ると、
あっさり走りだすことができました。やっぱり利き足ってあるんだなぁと思いました。

走行中に外す練習をしたり、走行中にはめる練習をしてみたりしましたが、
意外や意外、止まっている時よりも、走行中の方がやりやすい。
特にはめる方は、止まっている時より、走行中の方が断然はめやすかったのが、
また意外に感じました。

次は、今度はいつも止まる時に足を付く方の足をはめて練習。
こっちが固定されるとやっぱり怖い。特に最初の方は思うように外せなくて、足が付けなくて怖いと
思いましたが、もう片方の足は外したままなので、なんとかそちらで着地します。
でも、逆で着地はやはりぎこちなく、怖い。

なんどか練習しているうちに、外す時は、足が一番下に来た時だと外しやすいということに
気が付き、だんだんコツがつかめてきました。
外そうと思ったら、思い通りに外すことができるようになり、今度は両足を固定して
練習してみることに。

いつも着地している方の外すコツがつかめたこともあり、両足固定も無事できるようになりました。
やったー、というところで今日の練習は終わりです。

家の周りは、ちょうど短い上り坂、下り坂もあることだし、時間のあるときにもう少し練習してから
長距離デビューしようと思いますが、使えそうという感触がつかめてよかったです。

今日は上り坂の最後の方で、引き足が使えるから楽というのが、なんとなく分かったような
気がしました。
しかし、今はあそこで外そうとあらかじめ思っている時は外せるようになりましたが、
とっさに自転車を止めたいときに外せるかどうかが心配です。
アッカ君には一回くらいコケてみたほうがいいよ、と言われたけど、やっぱりコケたくないし。。
とにかく練習して慣れるのが一番ですね。

↓ブログ村ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると大変嬉しく思います。
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

テーマ : 自転車 - ジャンル : 車・バイク

20:04  |   その他自転車について  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2009'08.24 (Mon)

男性の感性、女性の感性

ロードに興味を持ち、あっという間に自転車を買ってしまったのですが、
実は私的に、ちょっと驚いたことがありました。

それは、男子って自転車を見る時に、かなり重要視するのがホイール。
コルナゴの人も、「ホイールを変えただけでかなり乗り味が変わりますよ」と
試乗会のときに言っていたので、走りにかなり影響しそうなのは分かるのですが、
見た目だけの話でも、男の人って、まずホイールに目が行くようなのです。

最近、ブックオフで自転車のカタログみたいなものをアッカ君が買ってきたのですが、
それを見ていて、アッカ君がかなり気にしていたのがホイール(の見た目)。

一方私は、ホイールの見た目より最初に目に行くのは、フレームの形とか色合いとか。
もちろんホイールの見た目がどうでもいいというわけでもないのですが、
アッカ君みたいに、ホイールホイールと、まずホイール有りきというほどではない。

最初はアッカ君がただ単にホイール好きなのかと思っていたのですが、
自転車を買ったことをある男性に話したところ、インターネットで即効調べて言った一言
「この自転車のホイールかっこいい。」

そのあと、フレームとかも湾曲していて、なかなかカッコいいよね。
という感じだったのですが、私的にはホイールの見た目から入ることに衝撃を受けました。

もしかしたら、私の方がマイノリティだったのでしょうか。

ホイールといえば、自転車のカタログを見てビックリしたのは、ホイールの値段。
なんと、私のR3を2,3台買えそうなホイールまであるのには、マジでビックリです。

それを見て、高級ホイールであればあるほど良い走りをするんだろうなぁと思っていたのですが、
実はホイールとフレームの相性というのがあり、いくら良いホイールでも、フレームと合わないと、
乗り味がぎくしゃくするみたいなことを自転車屋さんが言っていました。

たぶん、それに乗る人の嗜好やスキルなんかも加味されてくるんだと思いますが、
自転車ってかなり奥が深いです。

そして、だんだんロードがこんなに人気があるのが分かるような気がしてきました。
走るだけじゃなく、こんなコンポーネントを見ているのも面白いんだろうな。。

と、珍しく平日にブログを書いてみました。
てか、結構衝撃を受けたので、書かずにはいられなかった。。。

↓ブログ村ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

テーマ : 自転車 - ジャンル : 車・バイク

23:48  |   その他自転車について  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT   このページの上へ

2009'08.22 (Sat)

やっぱり運命を感じずには居られなかった

前の日記には続きがありまして、アッカ君のクリートを一通り試した後、
じゃ、夕飯の材料でも買いに行こうか、ということで、車で出かけることに。

そして、まあついでだから環八のYsに私のサイズで希望の色のCLXがあるか
試しに見に行ってみる?どうせないと思うけど。。。

ということで、まず無いだろうな、と2人とも思いながら、環八まで行ってきました。

しかし、環八店の近くは、なぜか大渋滞しています。
この辺ってこの時間はこんなに混むの?と思っていたら、バスから普段ではあり得ないほどの
人が降りてきました。

みんな多摩川の方に向かって歩いているし、買い出しした袋を持ったママチャリのおじさん達も
みんな川の方に向かっている。たぶん花火大会でもやるんじゃない?
と言いつつも、花火より気持ちは自転車だったので、Ysの駐車場に車を停め、
完成車が置いてある2階へ直行します。

しかし、ここも私のサイズは新宿店と同じ青しかありません。
この自転車は北参道で試乗した白じゃなきゃ嫌なので、やっぱりなぁと思いつつ、
他の自転車も見て回っていました。

やっぱりここでも気になるのはFP2の2010年モデル。
値下がりしているCLX2009年モデルとほぼ同じ値段で、スペック的に似ているような気がします。
しかもはっきり言ってめちゃカッコいい。波型フォークがたまりません。

「FP2とCLXのちがいって何だろう?」と疑問がむくむくと湧いてきました。
ということで、アッカ君が店員さんにどんな違いがあるかなど尋ねに行きます。
こういうときは、人見知り~な私よりアッカ君の方が役に立ちます。

私は他の自転車を見ながら、聞き耳を立てていると、この前の日記に書いた通り、
「FP2はCLXよりレーシーな走りをする」
とおっしゃっていました。

店員さんは最初アッカ君が欲しい自転車を聞いてきたと思っていたらしいのですが、
アッカ君が、自分のじゃなく私の自転車で見てるんですが。。。と言ったら、

「FP2は実物を見てもらえると分かると思うのですが、ハンドルとかも大きいから、
CLXと同じ感覚でいると、大きいと感じるかもしれません」

とのこと。確かにCLXは、ハンドルも小さいし、乗った感じもトップチューブが
長すぎることもなく、その辺も乗り心地のアップにつながっていました。

やっぱり、一見スペックが似ていても、コンセプトが全然違う自転車のようです。
店員さんが、私がかなり本気で欲しがっているのを見て、
「違う店舗に無いかどうか、探してみましょうか?」
と違う店舗の在庫状況を見て、電話で売れていないか確認してくれました。

確認したところ、船橋に1台だけ残っているそうです。
もうここで私の気持ちは、うーん欲しい。でも30%引きとはいえ高い。
けどこんなにサイズもフィーリングも合う自転車は二度と出てこないかもしれない。。。
と相当迷います。

二度と出ないは今思えば大袈裟なような気がするのですが、その時は気持ちがすっかり
高ぶっていたので。
でも、安くはない自転車。同じサイズの青はあるので、もう一度またがらせてもらおうと
自転車の目の前にに行ったら、大きな大輪の花火が目の前に花咲きます。

ますます気分が盛り上がってしまい、もうこれは、神様がCLXを買えと言っているようにしか
思えません。(すみません。発想が自己中なので。。。)

とりあえず、おおーーきれいーーと言いながらも、自転車にまたがってみます。
確かに試乗したときの感覚と同じ。このサイズで間違いありません。
店員さんも安い自転車を売るわけではないので、体のサイズとあっているか、
入念にチェックしてくれます。

ポイントは、
高さに関しては、ペダルを一番下に持って行った状態で、サドルにまたがって
かかとがペダルと同じ高さになるか、というのはチェックしていました。
これは、ちょうどピッタリくらいで、高さ的には問題ないとのこと。

長さに関しては、サドルにまたがって、腕を軽く曲げた状態で、ちゃんとハンドルを握れるか?
アッカ君いわく、腰が立った状態で腕を曲げてブラケットを握れているので
ぴったりそうに見えると言っていました。
店員さんから見ても、問題ないように見えるらしい。

コルナゴの自転車は、海外メーカーの割にはコンパクトサイズもあるので、
日本人でも比較的あわせやすいそうです。

私は身長が164センチと、女性ではちょっと大きいくらいなのですが、
男性と比べると小柄なはずなので、コンパクトなサイズ展開があるのは助かります。

うーん、またがってみると、ますます欲しくなってしまいました。
この期に及んで何を悩むんだという感じで、窓の外ではどかどかと花火が上がります。
まあ花火は関係ないけど、やっぱり運命を感じずには居られなかったので、
結局決めちゃいました。

正直、こんなに高い自転車を買うのは、かなり予算外だったのですが、
エリート意識とプライドがやたら高く、正直ちょっとやりにくい男性社員だらけの中で
働いているんだし、趣味でも持っていないとやってられねーよ、ということもしばしばあるので、
これくらいのご褒美があってもいいのかな、なんて自分に散々言い訳をして買っちゃいました。

付属品を今のうち買っておけば、納車の前にあらかじめ付けておくので、
もしいれば選んでくださいとのことなので、1階でサイコンだけは買っておくことにしました。

というのも、私は感覚的にどのギアが一番いいのかが分からなく、
漕いだ感じ一番快適なところで、一番スピードが出ているところに合わせるようにしているのですが、
これがサイコンのスピードメーターを見ないと分からないんですよね。

ヘタすると、単に向かい風になったから、ギアが重くなっているのに、
一生懸命漕いでいるから一番最適なギアでめっちゃ早く走れていると勘違いすることもあるので、
サイコンは私の走りだと無くてはならないアイテムなのです。

ということで、サイコンだけは選んだのですが、ライトなどは既に閉店時間もとっくに過ぎている
プレッシャーの中、探す自信もなければ、取り付けが面倒というアイテムでもないので、
サイコン以外は後回しにすることにしました。

ということで、納車は9月になります。
散々自分の中では悩んだのですが、買ってしまえば楽しみしかありません。
納車したら、どんな感じだったかインプレッションを書いてみようと思います。

今日の記事はやたら長い割には写真なしでちょっとさみしいけど、これで終わりです。

↓ブログ村ランキングに参加しています。ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

テーマ : 自転車 - ジャンル : 車・バイク

00:27  |   その他自転車について  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2009'08.10 (Mon)

コルナゴの自転車

日曜日はサイクルスクエア北参道で、コルナゴの自転車の試乗イベントに
参加してきました。

どうしてもコルナゴは乗ってみたかったので、朝9時に電話して、
1:30からの予約を取りました。

そうと決まれば、朝ごはんを急いで食べて、掃除洗濯をし、12:00には家を出ます。
北参道は、下町方面に行くときはいつも通る道なので、いつも通り、代々木公園を回って
お店に行きました。

お昼まっさかりということもあり、うだるような暑さです。
が、コルナゴに乗れると思うと、ウキウキと出かけられるんです。

お店に着いたら、試乗車らしきコルナゴがずらりと並んでいました。
ちょうどスタッフの方のお昼ご飯を食べる時間だそうで、試乗イベントも昼休み中だそうです。
イベントスタッフの方が、せっかくなので試乗しませんか?と声をかけてくださったので、
実は予約してるんです。といったら、手続きの仕方を教えてくださいました。

手続きの前に、カフェでお昼を注文しておきました。
たまたまそうしたのですが、これは大正解でした。

この日は、席がほぼ満席になるほど混雑していたせいか、
注文してから出てくるまで、30分くらい時間がかかったからです。

手続きは、身分証明書とクレジットカードが必要なのですが、私はすっかり忘れてしまい、
どうしようと思っていたら、二人で来ているので、アッカ君の身分証だけでOKと言ってもらえました。

私は美術館などでレシーバーとかを借りる時と同じで、身分証やクレジットカードは、
最後に返してもらえると思って、そのままカフェの席に戻ったのですが、
あわててコンシェルジュの方が返しにきてくれました。
どうやら、物質にされるわけではないようです。

さすがに1時近くになっても注文したご飯が来ないので、ちょっと焦ったのですが、
まずアッカ君のつくね卵丼が来て、ちょっとしたら私のプロッシュートとトマトのスパゲッティーが
やってきました。

ここでご飯を食べてから、試乗車に乗ろうとしている方は、注文してから1時間後くらいに
時間を設定しておいたほうが、安心だと思います。

ちなみに、お店の雰囲気はこんな感じでした。
blog_お店の雰囲気090809
カフェスペースは結構広く、上の方に自転車がディスプレイされています。
テレビは、おそらくツールドフランスや、去年の東京でやったサイクリングイベントなどが
流れていました。

カフェのお客さんは、必ずしも自転車目的ではないようですが、むしろその方が、
自転車のすそ野を広めるという目的に合っていて、がっつり自転車といった場所ではないところを
選んだのは、正解かもしれませんね。

blog_パソコンエリア090809
パソコンがたくさん並べてある情報エリアの上の照明は、さりげなく自転車のステムが
使われており、内装もなかなか凝った作りになっているようです。

1時半ちょっと前に集まってくださいと言われたので、5分前に外に出て行ったのですが、
1時からの試乗車が帰ってこないと始められないので、前の回の試乗車が帰って来てから
外に出るのでも、十分だったようです。

試乗車が帰ってきたところで、写真を撮りました。
blog_試乗車達090809
予約の時に、希望車種をプリマヴェラと伝えていたのですが、
プリマヴェッラは写真真ん中の緑の奴。なんか大きいぞ。。。

52Sのようで、どうやら、もともと予定していたサイズより
大きいサイズが試乗車になっているようでした。
やはりサイズ優先でということで、45SのCLXという自転車に乗ってみることにしました。

私はフロントバッグなので、荷物はコンシェルジュに預けてもらい、ヘルメットはカスクなので、
ちゃんとしたヘルメットも貸してもらいました。

さすが自転車のすそ野を広めるためのイベントということで、その辺もちゃんとしているので
助かります。

サドルの高さを合わせてもらい、(このとき普段ロードに乗ってないと言うと、ギリ足がつくくらいの
ちょっと低めの位置にあわせるようです。フランスのおっちゃんに合わせてもらうと
慣れてなくても容赦なく高い位置に合わせられますが、さすが安全重視の日本ということで。
もちろん普段乗り慣れている人は、普段通りに合わせてもらえます。)

試乗車は全部で10台くらい。すべての人のサドル調整が終わったら、ブリーフィングです。
blog_出発します090809

コースやハンドシグナルについて、軽く説明があり、その後ドロップハンドルの自転車に
乗ったことがある人と乗ったことのない人に分けて出発です。

乗ったことがない人グループは、ドロップハンドルの使い方を慣らしながら、
コースを回るそうなので、初めての方でも安心なイベントのようです。

私とアッカ君は、もちろんドロップハンドル経験者組に入りました。
コースは外苑で日曜日に解放されている自転車道を回ります。

名前だけは自転車道、実態は歩行者がうじゃうじゃな道が多い中、
ここは「歩行者は歩道を歩きましょう」と明記されており、ホントに自転車天国。
なかなかいいコースでした。個人的にもまた来たい道路です。

ちょっと走って思ったのですが、この自転車、めちゃめちゃ乗りやすいです。
軽くて、乗り心地が柔らかく、ギアの入りもブレーキの効きも良く、ギア比の密度も濃いので、
ガクンと重くなったり軽くなったりしません。

先導者がいるし、サイコンもないので、どれくらい出るかは分かりませんが、
今乗っている自転車よりは、はるかに乗りやすい。
ものすごく欲しくなってしまいました。

と思って、コルナゴのサイトを見に行ってみたら、なんと
CLXのページ
40万オーバーの自転車。。。さすがに高い自転車だけあって乗りやすかったんですね。。。
でも、とても買えない。。。

プリマヴェッラに乗れなくて残念でしたが、こんな高い自転車、こんな機会でもなければ
乗れないと思うので、一生の記念に乗れてよかったです。
こんな高い自転車がぴったりサイズの合う試乗車になっていて、良かった~。

外苑の自転車道を2周して戻るだけなので、実走時間は20分弱くらいと思いますが、
なかなか楽しいイベントでした。

スタッフの方にどうでしたか?と聞かれたので、めっちゃいい自転車でした。
と張り切って答えてしまいました。

ちなみにアッカ君が借りたはArteです。
blog_Arte090809.jpg
これはアルミとカーボンの組み合わせでできているらしく、
乗り心地はアルミが使われているにもかかわらず、柔らかく感じたそうです。
サドルもとても良かったそうです。

これもとっても高級自転車なのですが、CLXの価格を知った後だと、
お手軽価格に見えてしまうのが、It's a 自転車マジック。恐ろしい。。。

荷物をピックアップし、アンケートに答えて、雨が降る前にと急いで帰ることにします。

アッカ君と2人で、コルナゴの自転車って超いいねぇ~~と言いながら帰ってきたのですが、
コルナゴってデザインも乗り心地もホントにいいのですが、お値段だけは可愛くないんですよねぇ。
それが難点なんですよねぇ。
でも、ホントにとてもいい自転車でした。

次の試乗会はいつなんでしょう。
自転車って高級な割に、試乗できないので、その良さを体験できる機会がなかなかないので、
また何かの試乗会があれば、ぜひ参加してみたいと思いました。

でもほんと、あこがれのコルナゴに乗ることができて、良かったです。

家に帰ってシャワーを浴びたあと、近所のスーパーに行って買い物をしていたら、
大雨が降ってきました。ほんとに早く帰ってきて良かった。。
家は普段買い物に行けないので、1週間分まとめ買いすることもあり、幸いにも
買い物は車で行っていたので、大雨の影響は受けずに済みました。

↓ブログ村ランキングに参加しています。よろしければクリックよろしくお願いします。
クリックしてもらえると、自己満ながら、とっても嬉しいのです。
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

テーマ : 自転車 - ジャンル : 車・バイク

21:00  |   その他自転車について  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT   このページの上へ
PREV  | HOME |  NEXT