FC2ブログ
2019年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2014'02.23 (Sun)

2013 GWフランス旅行の思い出 5/3 パリで夕飯と散歩

高速道路に乗って、サービスエリアでトイレ休憩やランチを食べながらパリへ。
パリでは空港に車を返してまたパリの街に戻ったのですが、レンタカーのおじさんに
街に戻るんだったら、次からは街の営業所に返したほうが良いよと営業所一覧を
いただきました。

街に営業所があるのは知ってたんだけど、街中で迷いそうだから空港にしてたんだよね。
でもGPSがあれば、次は街中に返してもいいかもしれないな。

で、バスとタクシーを乗り継ぎ、いったんホテルにチェックイン!
いつもサンミッシェルあたりに泊まっているので、サンミッシェルに宿をとったのですが、
ここ数年のパリのホテルの値上がりはすさまじい。サンミッシェルのホテル代もどんどん
高くなってきているので、そろそろ違うところに泊まろうかなと言った感じです。。

ちなみに泊まったホテルは Hotel California Saint Germain ってとこ。
名前はサンジェルマンだけど、場所は5区です。観光には便利なんだけどね。

身軽になって、サンジェルマンの方へお散歩がてらぷらぷらします。ついでにカフェでお茶。

ショコラ

ショコラショーを頼みました。パリの狭いカフェ、なんとなく落ち着きます。
どことなく東京チックだからかもしれないけどw

たしかカフェに入ったのが、もう6時くらいだったので、モバイルを駆使して、
どこのレストランに行くか検索します。便利な世の中になったものだ!

そして、近くにおいしそうなレストランがあるっぽいので、ちょっと探してみることに。
って、ぐるぐる回った結果、カフェの目の前がそこでしたw

並んでる人たち
これは並んでいる人たち。

私たちは7時くらいに行ったので、そんなに並ばなかったけど、私たちの後くらいに
来た人たちは、1時間くらい並んでいました。大繁盛です!

結構狭かったので、全部の写真は撮ってないけど、ご飯の写真。

メイン

これはメインだったかな。前菜は1皿とって、取り分けたと思う。
1皿1皿、けっこうボリュームがありました。

グラス

ここでは、ハウスワインを飲みました。なにせ、今まで飲んできたワイン、
パリだとけっこう高級品だったので。。。

グラスにはお店の名前とお店のロゴが入っていました。かわいい。

クリームブリュレコーヒー味

デザートはクリームブリュレコーヒー味を頼みました。これもでかかったので
シェアして食べた。
これ食べてたら、隣の人に、それ何?と聞かれ、教えてあげたらそっこう頼んでましたww

やっぱりパリに来たらクリームブリュレ1回は食べないとね~♪

ご飯を食べた後、もう8時半すぎていたと思うんだけど、まだ夕暮れ時。
ちょっとお散歩することに。

サンジェルマン大通り

これ、サンジェルマン大通りだったかな。お店とかはもう閉まっているけど、
ウインドウショッピングにはぴったりな時間帯です。

サンミッシェル大通り

サンミッシェル大通り。建物の形とライティングがとても綺麗。

セーヌ川

夕暮れのセーヌ川。これぞパリって景色ですね。

そんな感じで、パリの夕暮れを満喫したあと、モノプリで軽く買い物をして
ホテルへ戻ります。
ホテルへ戻ったころには、意外と遅くなっているので、シャワーを浴びておやすみなさい。

続きます。
19:08  |  フランス  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2014'02.22 (Sat)

2013 GWフランス旅行の思い出 5/3 モエシャンドンで社会科見学

シャンパーニュは1泊だけの予定だったので、今日はもうパリへ移動します。
その前に、昨日エベルネで下見した感じだと、モエシャンドンで社会科見学できそう。
ということで、今日もエベルネに行って、そのあとパリに移動することにしました。

この日は朝から雨が降っていたので、モエシャンドンの駐車場に停め、そのまま館内へ。
受付のところに行ったら、予約はあるか?と聞かれ、予約しなくちゃダメだったのかなぁと
思いつつ、予約はしてないと言ったら、Primary languageを聞かれ、日本語なら、
30分くらい待てばガイドがあくとのことだったので、それで行くことにしました。

良かったー。やっぱりワイナリー系の見学をしたければ予約しておいた方がベターですね。
まあ、あんまりワイン詳しくないし、当初社会科見学はする予定はなかったのですが。。

てことで、ちょっと待ってたらガイドさん来ました。日本に留学したことがある女性の方です。
他の予約の方と一緒なのかと思ったら、なんと私たちだけで回れるみたい。ラッキー!

ガイドさん、日本語でガイドするのが久しぶりらしく、緊張すると言っていました。
でも、私たち二人だけなので、全然問題ないです!

モエシャンドンのお部屋

まずは、お部屋を見ながらモエシャンドンの歴史などについて説明してもらいました。
お部屋はフランス人のというか、ほんとはナポレオンの好きな色、緑が主体になっていて
品のある素敵なお部屋です。

さて、カーブに入ります。カーブは敷地の地下深くの部分一体にひろがっており、
とても寒かったです。この辺の地層がシャンパーニュのカーブとしてとてもいいらしい。
だから、あちこちのシャンパーニュメゾンがここにあるみたいです。

ドンペリ出荷中

ドンペリ出荷中。行ったときはまだドンペリの出荷日や発表日がまだだったので、
当時はトップシークレット情報なのですが、ちょうどドンペリ出荷で大忙しらしかった。
2人だけだから教えてくれたけど、ぜったい2,3週間は言わないでねと言われましたw

モエシャンドンがいっぱい

カーブのいたるところもモエシャンドンとドンペリがいっぱい!

ぎっしり

ぎっしり詰まっています。発酵しすぎて割れるビンもまあまああるそうです。

ナポレオン

これはナポレオンからいただいたというお酒かな。もう中は空っぽらしいけどw

またまたぎっしり

ほんとにモエシャンとドンペリがぎっしり!

出荷

たぶん、これもドンペリの出荷中の写真。ほんと大忙しでしたよー。

試飲

てことで、最後にお楽しみの試飲。
左の女性の方が私たちのガイドさんでした。右の男性は知らない人w

ちなみにここは試飲とガイド料でいくらという形態で、試飲する銘柄によって
値段が変わってきます。

せっかくなのでヴィンテージモエの試飲にしてみました。

おいしい!けど、普通のとヴィンテージの違いがよく分からないと言ったら、
普通のも試飲させてくれました。

モエシャンドン

こっちが普通のモエシャンドン。ちなみに後ろはドンペリニオン。こっちは試飲なしですw

比べると違いがよく分かります。
普通のより、ヴィンテージのほうがきりっとしていました。

どっちがいいというわけでなく、それぞれ個性がある感じ。合わせる料理も
ヴィンテージと普通のだと変わってくるそうです。

そんなおしゃべりをしながら、ぼちぼち試飲タイムも終了し、最後にブティックへご案内。
ここのブティックは、ガイドを頼まなくてもいつでも入ることができます。

ドンペリニヨン

ドンペリニヨンも売ってたけど高かった!

モエシャンロゼ

で、私が勝ったのはロゼのヴィンテージ。これは鳥料理によく合うやつ。
もうすでに飲んでしまったけど、むっちゃうまかった!

そして、ここはヴィンテージは割と安いので、日本との価格差的にも、これが一番お得ですw
せっかく重いのを持ち帰るんだから、ここではモエシャンのヴィンテージが買いだと思う。
ほんとは、もう数本買ってきたかったくらいです。

てことで、社会科見学も終了。一路パリへ向かいます。

続きます。
19:03  |  フランス  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2014'02.21 (Fri)

2013 GWフランス旅行の思い出 5/2 夕飯

部屋に帰ってちょっと休んでから、夕飯に行きました。

レストランの入り口

次の日の朝に撮った写真なんですが、レストランの入り口です。
上のテーブルは飾り。周りはシャンパーニュだらけ♪

シャンパーニュは夕飯が早いのか、この宿が早いのか、8時くらいに行ったら、
もうメイン食べてる人やデザートの人がいっぱい居ました。びっくり!

前菜

アミューズ。ここのレストラン、味はちょっといまいちだったかなぁ。
激マズというわけでは無いんだけど、なんというか、美味しいとも言えない。

ポールグール

今日はワインじゃなく、最後までシャンパーニュで食べることにしました。
ポール・グールのブランドブラン、2004年のヴィンテージのものを飲みました。
ブランドブラン頼んでおきながらなんなんですが、やっぱり私、ブランドブランより
アッサンブラージュしたやつのほうが好きだなー。
とはいえ、あまりブランドブランを飲む機会が無いので、やっぱり頼んじゃいましたw

ブランドブランなので、ちょっと硬い感じにも感じたけど、いろんな邪魔をしないので、
ご飯のお供にはいいかもと思いました。

前菜

前菜はこの辺の名物と聞いていたホワイトアスパラ。
なんだけど、ここのやつ、生のホワイトアスパラじゃなく、瓶の味だった。。
ちょっと残念。

メイン

これは何だったか忘れたけど、メイン。まー、うーん。。。

チーズ

チーズは盛り合わせを頼みました。ここ、チーズが一番おいしいかも。
ワゴンでたっぷり持ってきてくれました。チーズとハムとパンでいいな。

デザート

デザートも普通に美味しかった。マカロンとイチゴでした。

そんな感じで夕飯は終わり。せっかくのシャンパーニュの町だったので、
もうちょっとご飯にこだわりがあるところに泊まったほうが良かったかな。

まー、宿自体は、使いやすくて快適でほんとに良かったです。
次の日のパッキングも、めっちゃはかどりましたww

シャンパーニュのランプ

おまけに、レセプションのところにあったシャンパーニュのランプ。
こういうのは、ほんとにお洒落だった。
ここ、ほんとにもうちょっとご飯がおいしければ、また再訪したいんだけどな。。

でことで、次の日は社会科見学をしたので、その様子を書きたいと思います。
続きます。
19:09  |  フランス  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2014'02.20 (Thu)

2013 GWフランス旅行の思い出 5/2 シャンパーニュへそしてエペルネー

ショコラの町を出たら、一気にシャンパーニュへ移動します。
その前に、シャティヨン・シュル・セーヌという、そこどこ?的な町のケバブ屋さんで
ケバブを食べました。それが安くてめちゃうまだった!
そこはお昼を食べただけで、ほかはあまり寄り道せず、シャンパーニュへ急ぎます。

風力発電

そして、まずは今日の宿へ。

お宿はシャロン・アン・シャンパーニュの郊外にある Auberge des Moissons ってとこです。
なぜか写真が全然ないのですが、ここは駐車場から客室にはいる入り口があったり、
客室もグランドフロアだったりと、パリに行く直前に荷物整理するには、めっちゃ便利な部屋。

レセプションの人も、今までと比べ物にならないくらい英語が達者で、WiFiもばっちり。
ビジネスで使うにも便利なんだろうなーというホテル。実際出張っぽい人、いっぱいいました。
シャンパーニュ北部を回るには便利だもんねー。

写真も撮らずに何を急いでいたかというと、エペルネーに観光に行くためです。
エペルネーへ行ってきまーす。

シャンパーニュの景色

エペルネーまでの道のりは、こんな感じの道を通ります。ブルゴーニュともアルザスとも
また違った感じのぶどう畑。この辺のぶどう畑は、とにかくだだっと広いイメージがありました。
これらがあのシャンパーニュになるんですねー。

畑自体は、残念ながらブルゴーニュのように萌えない。あの土の香りが漂ってくる感じとか
土が綺麗とか、ああいう感動はあんまりないかも。

それはさておき、エペルネーに着き、まずは車を止めなきゃということで、
駅の駐車場に停めることに。

エペルネ駅

駅の駐車場は時間制だったかな。そんなに長い時間停めるわけじゃないので、
むっちゃ高いということは無かったような。。

シャンパーニュ街道

そしてウキウキとアヴェニュー・ド・シャンパーニュへ!
ここの大通りは、とても華やかで、みんな浮かれています。シャンパーニュって
やっぱりそういう飲み物だよねー。私はけっこうこの町の雰囲気気に入りました。

なんか、道行く人もとっても華やかでオシャレでした。

プチトラン

ここもしっかりプチトラン走っていましたよ。プチトランもなんとなくゴージャス!

モエシャンドン

シャンパン大通りには、メゾンがたくさん立ち並んでいるのですが、一番最初に目につくのは
モエシャンドン。ここ、すごくきれいだし、ブティックがあるし、トイレもきれいだし、
めっちゃいいよ。
社会科見学もできるみたいだけど、その日はもう終わりの時間でした。

ドンペリさん

ドンペリニヨンの銅像もありました。

ペリエジュエ

ペリエ・ジュエのメゾン。期待を裏切らず、とても華やかです。

コラールピカール

コラール・ピカール。お城みたいなメゾン。

ミシェルゴネ

ミシェル・ゴネ。高貴な雰囲気が漂ってます。

ポルロジェ

ポル・ロジェ。質実剛健な雰囲気。

ドゥモアゼル

ドゥモアゼル。どこかのお屋敷のようでした。

こんな感じで、シャンパーニュのメゾンってとても華やかだし、ブルゴーニュのドメーヌと
違って、割と町中にあるのが多いみたい。
こんなメゾンだらけの大通り、散歩するだけでもとても楽しかったです。

今度はエペルネーに泊まりたいなーと思って、帰りにホテルの値段を見てみたら、
ビックリするほど高かった。。また郊外に泊まって遊びにこようっと。

そんな感じで、割と夕方だったので、さくっと観光をしてホテルへ戻ります。

次はホテルでの夕飯。続きます。
19:01  |  フランス  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2014'02.19 (Wed)

2013 GWフランス旅行の思い出 5/2 フラヴィニー・シュル・オズラン

フラヴィニー・シュル・オズラン、ここは映画「ショコラ」のロケ地になったとこ。
ショコラは前に見たことがあり、私は割とあの手の映画が好きなので、ブルゴーニュに
行ったら、絶対来てみたいと思っていたところです。

猫の看板

町に入って目についたのは、この猫の看板。この写真はとても気に入ってるので、
わたしのiPhoneの壁紙になっています♪

教会

ショコラのロケ地とはいえ、もうあの映画もずいぶん昔の映画だし、もとは普通の町なので、
特に見どころがあるというわけではありません、ということで、まずは教会へ。

お花がきれい

お花が綺麗に咲いていました。春のうららかな日という感じ。

ピンクのおうち

こんなピンクのお家も普通の民家なんだけど、オシャレですね。

穴から出てきた猫

猫が穴から出てきたところを激写ww
のーんびりしていてかわいい猫だった。

猫

かわいい!

渡り廊下

渡り廊下のあるおうち。やっぱり町全体が絵になります。

お菓子屋さん

そして、もともとこの町で一番有名なのは、このお菓子屋さん。

お菓子

アニス・ドゥ・フラヴィニーというお菓子です。
アニスが一番有名なのですが、実はアニス以外にもいろんなフレーバーがあります。
ここで、試食ができたので、いろいろ試食してみましたが、やっぱりアニスが一番
美味しかった。

ここで有名なのですが、このお菓子、モノプリでも売ってるので、ここであわてて
買う必要もないなということで、ここでは購入しませんでした。

でも、缶がかわいいので、こういう缶が好きな人へのお土産にはちょうどいいかも。

本当は、この町でお昼食べてもいいかなと思っていたのですが、
ものすごく小さい村なので、カフェもない。
一応お昼食べるところはあったのですが、始まる時間までまだちょっとあったし、
待つほどのレストランというわけでもないので、とりあえず先を急ぐことに。

続きます。
19:02  |  フランス  |  CM(1)  |  EDIT   このページの上へ
PREV  | HOME |  NEXT