FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2010'03.17 (Wed)

DANIELA@下北沢

日曜日のポタの後、グッチーナのソムリエさんに教えてもらった下北沢の
ダニエラに行ってみました。

時間的に、ランチの時間が終了し、お茶の時間だったようです。
この時間にガッツリ食べると夕飯が食べられなくなるので、こちらとしても
ちょうどいいなという感じで、寄ってみました。

blog_ダニエラ140310
外観はおしゃれなレストランという感じですが、お店の形態は、レストランでもあり
バールでもあり、デリでもあり、と新しいスタイルのお店なのでしょうか。
結構なんでもやっているお店という感じでした。

blog_ラザーニャ140310
朝が遅かったということもあり、お昼を食べていなかったので、小腹がすいたということで、
ラザーニャをアッカ君と半分ずつ食べました。

時間的にはおやつの時間だったのでドルチェも頼みました。
blog_カンノーロ140310
私はカンノーロ(メニューにはカンノーリと書かれていましたが、1個なのにカンノーリは、
どうしても気持ちが悪いのでカンノーロと表記させてください。)を頼みました。
現地のカンノーロより甘さ控えめで洗練されているような気がしました。
私は、ここのカンノーロの方が好きです。

blog_プリン140310
アッカ君はプリン。ほろほろ鶏のたまごから作られているそうです。プリンもカラメルも
美味しかったそうです。

看板にお花見メニューというのがあるので、聞いてみたところ、今日でも普通にデリとして
お持ち帰りできるそうなので、夕飯用に買ってみることにしました。
blog_お花見セット140310
こちらが、それです。アンティパスト ミストの豪華版という感じでした。
ラスクもついているので、本当にお花見にそのまま持って行けそうですね。

夕飯には、これと自分でキャベツとアンチョビのスパゲッティを作って食べました。
美味しかったですよ。

↓ブログ村ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると大変嬉しく思います。
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

テーマ : 美味しかった♪ - ジャンル : グルメ

21:06  |   外でご飯  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2010'03.15 (Mon)

いちごジャムと蒸しパン

春真っ盛りということで、この季節になると、ちっちゃくてそのまま食べるには
物足りないけど、お値段がお得ないちごが出てきますね。

blog_イチゴジャム140310
そんないちごを見かけたら、かかさず買い、ジャムをせっせと作っています。

blog_イチゴジャム中身140310
ジャムをせっせと作ると言っても、ヘタを取って砂糖とサラダオイル1滴たらし、
レンジで加熱し、出来上がったらイチゴをつぶす、というだけなのですが、
自分で作ったジャムは、やっぱり美味しいですね。

パンにつけたり、ヨーグルトに混ぜたりしているうちに、すぐに無くなってしまいます。
私はだいたいイチゴジャムにするときは、砂糖を50%~60%くらいで作りますが、
一般的にはどれくらいで作っているのでしょう。
うちの母は100%で作らないと、日持ちがしないから100%で作ると言っていたような気がします。

せっかく手作りイチゴジャムがあるので、日曜日の朝はイチゴジャムの蒸しパンを
作ってみました。
blog_蒸しパン140310
去年の年末にティファールの蒸し器を買って以来、いろいろな蒸しパンを作りましたが、
最初はマフィン用の紙のカップ作っていました。
が、それだと、お金もかかるし、エコじゃないし、カップを買いに行くのも面倒なので、
エスプレッソ用のカップで作っています。大きさもちょうどよく、なかなかいい感じです。

blog_イチゴの蒸しパン140310
どうしても、イチゴジャムが下の方に沈みがちなので、割って上の方にジャムの面を
出してみました。見た目はこっちの方が可愛いかな。

天気がいいと、いろいろやる気が出るので、日曜日は朝からこんなことをしてました。
午後からは、ポタに出かけたので、明日はその記事を載せようと思います。

↓ブログ村ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると大変嬉しく思います。
にほんブログ村 グルメブログへ

テーマ : +おうちでごはん+ - ジャンル : グルメ

21:01  |   おやつ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2010'03.07 (Sun)

今年もグッチーナ@三軒茶屋

先週、来週こそは晴れればいいなぁと書いたのですが、またまた雨の週末でした。
天気ばっかりはどうしようもないのですが、土日休みなので、こう毎週毎週雨に
降られると、そろそろ遊びに行きたい欲求不満がたまってしまいますね。

昨日、今日は、冷たい雨が降り続いていますが、とても暖かかった金曜日に、
前倒しで誕生日ディナーをしてきました。
今年も去年と同じグッチーナに行ってきましたので、そのレポでも。

今年はアッカ君が2階の席で予約をしてくれました。
blog_2階席050310
今年は2階がなぜか空いていたので、私たち以外のお客さんが帰った後、
写真を撮りました。こんな感じで田舎のレストラン風になっています。
写真には写っていませんが、天井の梁がまたいい感じなのです。

blog_カウンター席050310
こちらは、同じく2階のカウンター席。
リストランテなので、テーブル席がいっぱいにならない限り、あまり使わないと思いますが、
私たちは当日予約で何回かここに座ったこともあります。
ここに座ると、ついグラッパなどの食後酒でのんびりしてしまいますが、そういう気分の日は
この席は落ち着いていいかもしれませんね。

blog_食前酒050310
今年も季節物のいちごのスパークリングワインと、普通のスプマンテで乾杯!
飲みながら、今日の食事のメニューを見ているところです。
コースメニューもなかなか魅力的ではあったのですが、やはりアラカルトで
頼むことにしました。
コースにしかなかったメニューを食べたいなと思って、アラカルトでも頼めるか
聞いてみたところ、頼めるとのことで、一部コースにしかないメニューも入れました。

blog_ボタンエビのカラスミ添え050310
まずは前菜のボタンエビのタルタラにカラスミ添えです。
ボタンエビももちろん美味しいのですが、カラスミもちょうどいい厚さで美味しい。
野菜も美しく、どことなく春っぽい感じが感じられました。

もう一つチーズのパングラタンも頼んだのですが、写真を撮り忘れてしまったので、
写真は去年のブログをご覧ください。
チーズがホイップされていることで、ふわっとした口当たりがとても良かったです。

blog_オレキエッテ050310
春野菜とパンチェッタのオレキエッテです。
季節の菜の花やタケノコに季節先取りのそら豆にしっかりとしたパンチェッタ。
春満載のお食事です。
私も菜の花はオレキエッテに合うと思っていたので、嬉しい一品でした。

自家製のオレキエッテは小さめのサイズでした。個人的にはオレキエッテは、
もう少し分厚くて大き目の大人の耳たぶサイズの方が好きなのですが、
上品にまとめたのかな。

blog_ジビエ肉のタリアッテッレ050310
アッカ君と全部半分ずつにして盛ってきてもらっているので、もう一品のプリモ。
ジビエ肉のラグーのタリアッテッレです。これがコース料理にしかなかったものでした。
そろそろ冬も終わりで春っぽくまとめても良かったのですが、最後の冬のあがきが
まだまだ感じられる季節なので、こんな感じのメニューも食べたかったんです。

鹿とイノシシのジビエに羊と牛も入っていると言ってたかな。。
肉がミンチではなく、ごつごつと切ったもので、ガッツリとして私好みでした。

blog_スカンピのグリル050310
スカンピのグリルにフルーツトマトとルッコラ添え
どうしても、フラッシュなしの写真のため、ちょっと暗めですみません。
これは最高でした。もともとスカンピは好きなのですが、グリル具合がちょうどよく、
エビの甘みがしっかり出ていました。

そして、写真だと暗く地味に写ってしまっていますが、フルーツトマトが最高です。
これは本当にフルーツトマトでした。その辺で売っているフルーツトマトとは別格です。
このギュッと甘いフルーツトマトに負けていないスカンピのエビの濃い甘みで
これは本当に最高の一品でした。

blog_ワイン050310
この日に一緒に飲んだワインは、ウンブリアのCimbolo 2004年でした。
ソムリエの方がテーブルに3本持ってきてくれ、その中から選んだのですが、やっぱり
サンジョヴェーゼのものが好きなんですよね。
サンジョヴェーゼと言えばトスカーナですが、お隣ウンブリアでも作ってるんですね。
食事にも合い、美味しく飲みました。

blog_ティラミス050310
デザートは私はティラミスを頼みました。
シチリアでおなじみの赤い果実のオレンジがついています。ティラミスは言うまでもなく
間違いない味です。イタリア定番のデザートですね。
ブログを見返してみたら、私はどうやら去年もティラミスを食べていたようです。

blog_チョコレートケーキ050310
アッカ君は、チョコレートのケーキを頼みました。
ちょっとだけ食べさせてもらいましたが、日本のレストランらしく甘さ控えめで、
さっぱりと美味しく食べられそうと思いました。

このあとエスプレッソコーヒーを飲み、大満足のディナーが終了です。

最後にソムリエの方に、お友達がやっているらしい下北沢のイタリア食材屋さん?
を教えていただきました。品揃えがプロから見てもマニアックらしいので、
天気がいい日にでも行ってみたいと思います。

予約を取る前は、たまには違うレストランにしようかなとも思ったのですが、来てみると
味も居心地もよく、また来たいなぁと思わせられるレストランですね。

↓ブログ村ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると大変嬉しく思います。
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

テーマ : 美味しかった♪ - ジャンル : グルメ

19:30  |   外でご飯  |  TB(1)  |  CM(4)  |  EDIT   このページの上へ

2009'12.31 (Thu)

豚のソテー マルサラ風味

これは、ちょっと前に母が来たときに作った料理です。
作り方を教えてと言われて、口頭で教えたのですが、ブログにもレシピを載せときます。

材料:
豚ロース:ソテー用に切ったもの2枚
岩塩:適量 岩塩が無い場合は粗塩でも良い。
黒コショウ:適量
小麦粉:適量 私はカリッとさせるために強力粉を使っています。薄力粉でもOK
バター:適量
マルサラワイン:適量

作り方:
1. 豚ロースを食べる1時間くらい前に冷蔵庫から出し、包丁で切れ目を入れ、
塩、コショウを振っておく。

これ以外に塩気のある調味料は使わないので、塩はちょっと多いんじゃないかと思うくらい、
降っておくほうがいい。

夏は塩コショウを振った後、室温が高過ぎるようであれば、冷蔵庫に入れておいてもいいが、
焼く直前には、肉の内部まで室温になるようにした方が、生焼けを防げる。

2. 肉をしばらく放っておき、焼く直前に小麦粉を肉に降り、余計な粉は落としておく。

3. フライパンにバターを入れ、焦げないように熱し、バターがある程度溶けたら、
肉をフライパンに入れ、強めの火で焼く。

4. 両面カリッと焦げ目がつくまで焼けたら、マルサラを入れ、火をさらに強め、
アルコールを飛ばし、出来上がり!

blog_豚肉のマルサラ焼き231209
マルサラワインは、どうやらどこにでも売っているわけではないので、
変わりに白ワインを使ったり、バルサミコ酢を使ったりしてもいいと思います。

パンじゃなく、ご飯に合わせるんだったら、試したこと無いけど、黒酢や梅酒なんかでも
いいのではないかと思います。いろいろ試してみるのも面白いと思います。

これで、今年のブログは最後となります。来年もよろしく!良いお年を~!
Grazie, e Felice anno nuovo!

↓ブログ村ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると大変嬉しく思います。
にほんブログ村 グルメブログへ

テーマ : +おうちでごはん+ - ジャンル : グルメ

17:15  |   レシピ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2009'12.30 (Wed)

骨付き鶏の黒糖もろみ酢煮

クリスマスの時に、自分でローストチキンを作ろうと、骨付き鶏肉を買っていたのですが、
ちょっと面倒になり、お店で買ったチキンを食べてしまいました。

ということで、骨付き鶏肉が余ってしまっていて、切れちゃう冷凍(2週間くらいの日持ち)
期間中には消費したいということで、和風に鶏を煮てみました。
夏ならさっぱり煮でもいいのですが、冬なのでちょっとこってり煮で。

★骨付き鶏の黒糖もろみ酢煮★
材料:
骨付き鶏のもも肉:2本
黒糖もろみ酢:50cc
日本酒:50cc
醤油:50cc
水:50cc
黒砂糖:大さじ1弱くらい
白ネギ:1/3本くらい

作り方:
1. フライパンに油をひかず、鶏を皮の方から、しっかり焼く。
上からフライパンより一回り小さい蓋で押さえつけながら、
両面しっかり焦げ目がつくくらい焼く。

2. もう一度皮を下側にして、もろみ酢、日本酒、醤油、水、黒糖を入れ、
20分くらい弱火で煮る。このときも焼くときに押さえつけた蓋はしたままで煮ます。

3. 鶏をひっくり返し、蓋をしたまま10分くらい弱火で煮る。

4. 鶏を煮ている間に白髪ねぎを作っておき、鶏を皿に盛りつけたら、
上に載せて出来上がり!

blog_骨付き鶏の黒糖もろみ酢煮291209
白いホカホカのご飯によく合いました。

たまたま家にあった酢が、バルサミコと米酢ともろみ酢だったので、もろみ酢で作りましたが、
黒酢でも全然問題ないと思います。
米酢を使うんだったら砂糖も白いのを使ってさっぱり煮で。

それと、このブログにクリスマスの翌日、ローストチキンの余りで作るレシピを検索している人が
多かったので、今更かもしれませんが、余ったローストチキンは、美味しいバゲットとルッコラでも
買ってきて、パンにはさんで食べるのが一番お手軽な使いまわし方法じゃないでしょうか。

パサパサしちゃってる場合は、余っているワインでも降って、マスタードを付けたり、
ジェノベーゼソースなどで焼き直すると、たぶん美味しくできるんじゃないかと思います。
パンも前日の余り物を使うなら、バターを塗ったほうがいいかも。

ちなみに、このもろみ酢煮だったら、煮てあるのでパサパサはしないと思います。
もし余っちゃったら、煮汁ごと温めてホカホカご飯にのっけて食べるのが
一番美味しいんじゃないかと思います。

↓ブログ村ランキングに参加しています。ポチッとしていただけると大変嬉しく思います。
にほんブログ村 グルメブログへ

テーマ : +おうちでごはん+ - ジャンル : グルメ

20:32  |   レシピ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ
PREV  | HOME |  NEXT